登録済み未使用車いわゆる「新古車」はなぜなくならないのか?

登録済み未使用車いわゆる「新古車」はなぜなくならないのか?

 クルマを購入する場合、新車または中古車を買うのが一般的だが、その中間といえる存在が登録済み未使用車、俗にいう“新古車”だ。

 文字通り新車ディーラーが登録だけ済ませた車両で、走行距離はわずか数十km~数百km程度。それでいて価格は新車と比べて100万円以上安いということもある。

 2021年3月上旬、インポーターであるBMWに対し、公正取引委員会による、独占禁止法違反疑い(優越的地位の乱用)の立ち入り調査があったことが話題になった。

 BMWから販売店に対し、過剰な販売ノルマを課し、販売店側が達成のために登録済み未使用車(新古車)を抱える事態になっていた。

 公正取引委員会によると、同社は60あまりのBMW販売店に対して、新規登録台数の目標台数を設けている。その目標台数を2015~2019年にはこれまでの実績から考えてみても到底達成できないような目標台数を販売ディーラーと充分な協議をせずに設定。

 当然、販売目標台数に達成できない事態となるが、それに満たないぶんは、ディーラーが買取ることで(これが登録済み未使用車となる)、目標台数を達成するように求めていた。

 公正取引委員会にBMWが提出した自主改善計画は、独占禁止法の「確約手続き」制度に基づくもの。公正取引委員会は、この自主改善計画の提出を受け、その実効性を認定したが違反認定はしなかったという。

 自主改善計画の中身は1/合理的目標を定めるためのガイドラインを作り、ディーラーと充分協議する。2/目標達成のために新規登録を求めないように従業員を教育する。3/販売店向けに外部の通報窓口を設ける、といった再発防止策が盛り込まれた。

 そこで、新古車が生まれる仕組みはどうなっているのか? 新古車はまだ存在しているのか? モータージャーナリストの大音安弘氏が徹底レポート!

文/大音安弘
写真/Adobe Stock ベストカー編集部 フォルクスワーゲン BMW メルセデス・ベンツ アバルト プジョー ボルボ ジープ

【画像ギャラリー】輸入新古車選びのポイントとモデルの一例を画像で確認!


■新古車が生まれる仕組みはこうなっている!

新車の販売台数を増やすために顧客への販売の他に、ディーラーが自社登録した登録済みの未使用車が存在する(写真/AdobeStock DragonImage)
新車の販売台数を増やすために顧客への販売の他に、ディーラーが自社登録した登録済みの未使用車が存在する(写真/AdobeStock DragonImage)

 中古車店の店頭に並ぶ中古車のなかには、新車同様のピカピカのクルマも含まれる。そのなかで「登録済み未使用車」という表示を掲げたものを目にしたことはないだろうか。これは新車及び中古車販売店の名義でナンバーを取得しているものの、一度も使用されていないクルマのことを指す。

 ただ法律的には、一度、所有者がいた車両なので中古車の扱いになってしまうのだ。なぜ新車をわざわざ登録して中古車にしてしまうのか? その理由をひと言でいえば、新車の販売台数を稼ぐためだ。

 その辺の事情に詳しい人物に話を聞くことができた。A氏は、かつて輸入新車販売店でセールスマンをしていた。そのA氏によれば、

 「ディーラー在籍当時、年間の新車販売計画には、顧客への販売ぶんに加え、自社登録することで登録済み未使用車にするぶんも含まれていました。そのため、登録済み未使用車の存在は必然でした。

 しかし、新車ディーラーには、販売台数に対してインポーターからのインセンティブが支払われるため、自社登録しても販売店が損することはありません。

 WIN-WINの関係だったのです。ところが、ある時期を境に販売店のキャパを大きく超える自社登録を求められるようになり、それが販売店の経営を悪化させる原因となったのです」と話してくれた。

 これが近年、登録済み未使用車が問題視されてしまった理由のひとつだ。また過剰となった登録済み未使用車が大量に中古車市場に流れたことで、下取り価格の下落という悲劇も招いてしまった。

次ページは : ■ユーザー側からすると必ずしも悪とはいえない!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

マジか!! 次期スカイラインはファストバックになる! 「ベストカー12月26日号」

 寒くなってきましたが、発売中の「ベストカー」12月26日号はアツいです。なにせ、次期型スカイラインのスクープ企画、ジャパンモビリティショーのコンセプトカーの市販型検証特集。さらにはクラウンスポーツの速攻公道試乗ルポ、ホンダWR-V紹介企画などテンコ盛り~!

カタログ