【C-HR、エクストレイル、ハリアー…】SUV販売順位&人気車の事情 6選


今、人気を集めるSUVだが、もちろんすべてのモデルが売れているわけではない。競争が激しいカテゴリーで、支持を受ける“売れているSUV”と“売れていないSUV”は、それぞれどのモデルなのか? 販売台数を見ると、意外な部分も見えてきた。

文:渡辺陽一郎、ベストカーWeb編集部
写真:編集部
ベストカー2018年5月10日号


2018年2月のSUV販売ランキング

今、「売れているSUV」と「売れていないSUV」は、それぞれどのモデルなのか? 【図】は2018年2月の国産SUV販売台数をまとめたもの。トップはトヨタ C-HRの7620台で最下位の26位はレクサス LX570の93台となっている。

【図】2018年2月販売台数ランキング(国産SUV)
【図】2018年2月販売台数ランキング(国産SUV)。自販連発表データ、各メーカー公表値をもとに作成

最も人気が高いのはC-HR、ヴェゼルと比較的コンパクトなSUVだが、それに続く形で車格が上がるエクストレイル、ハリアーも好調。特にハリアーは2013年末登場で、すでに5年目を迎えるなか人気をキープしている。

また、フォレスターも新型登場間近ながらトップ10入りと健闘。さらに、ライトなSUVが人気を集めるなか、本格派のランドクルーザープラドが2000台以上を売り上げ、7位にランクインしている点もトピックだ。

では、こうした“売れているSUV”の人気の理由は何なのか? その「売れ方」にもスポットを当て、6つの焦点の背景に迫る。

【編集部】

C-HRが販売1位を続ける理由

プリウスと同様の新世代プラットフォームを採用するC-HR
プリウスと同様の新世代プラットフォームを採用するC-HR。価格帯もバッティングする

トヨタ C-HRは、2018年1年間を通してのSUV販売台数ナンバーワン車。その人気の理由はどこにあるのか。

◆  ◆  ◆

 トヨタ全店扱いで店舗数が多いのがまずひとつ。それと4代目プリウスが好き嫌いの分かれるデザインになったことや、コンセプトが同じで飽きられてきて、既存ユーザーがC-HRに流れているという面もあります。

営業マンもうまく薦めていますが、受け皿になるクルマを用意したトヨタの戦略も鋭いですよね。

また、2018年11月に前後ランプをLEDにして、流れるウィンカーを付けた特別仕様車を出したのも効いています。

これまでは上級グレードにオプションで、ベーシックグレードには設定がなかったのですが、割安で付けられるということで、かなり人気を呼んでいます。

次ページは : C-HRのターボ比率が低い理由