空前の株価高騰はじゃぶじゃぶ 金余り現象? 資産価値の高い中古車は今後暴騰する!!!

空前の株価高騰はじゃぶじゃぶ 金余り現象? 資産価値の高い中古車は今後暴騰する!!!

 日本ではコロナの影響で景気が悪い話を聞く機会が多いが、そんななかでも日経平均株価は30年半ぶりに3万円台の大台を一時回復。2020年のコロナショックの最安値から7割以上上昇している。

 また昨年の首都圏のマンション一戸当たりの販売平均価格もバブル期以来初の6000万円超え。ビットコインも年初から2倍以上に値上がりしている。

 もしかすると中古車市場にもバブルが到来して価格が暴騰する!? その可能性について検証してみた。

 需要が増え、おカネの量が増えてもモノの供給が増えなければモノの値段は上がらざるを得ない。資産価値の高い中古車の値段が今後暴騰する可能性が高まってきているのだ。「ああ、あの時買っていれば」と後悔する日が来てもおかしくない!

文/柳澤隆志、写真/メルセデス・ベンツ、フェラーリ、ポルシェ、トヨタ

柳澤隆志 PROFILE:外資系証券会社に25年勤務、米系証券会社東京オフィスにて史上最年少で最上級の職位であるマネージングディレクターに昇格し市場・投資銀行業務に精通、現在経営アナリストとして独立。

 車遍歴としては社会人2年目で初代Z3、2000年に993C4Sを購入し21年間乗った後、フェラーリ458イタリアの新車同様の出物に入れ替えを決意、現在納車を待つ。セカンドカーとしてアルファ147、ジャガーX350 XJ-8を経て現在メルセデス・ベンツW212型E350ステーションワゴンも保有

【画像ギャラリー】価格高騰前にゲットしておきたい中古車を見る!


■コロナバブルが来ている!?

 世界的に資産価格が上昇している背景の一つには、各国政府がコロナ対策で市中におカネをじゃぶじゃぶにしているため。下のチャートが日米のマネーサプライ、つまり世の中に出回っているおカネの量だが2020年3月を境に急増しているのが分かる。

マネーサプライ(M2)。中央銀行を含む金融機関から経済全体に対して供給される通貨の総量

 大企業ですら資金繰りに行き詰まりバタバタと倒産しかねないとの懸念から、公的金融機関から実質無利子のおカネが借りられるコロナ経済対策が採られたのは記憶に新しい。

 だが実際には経済は予想よりも悪化せず、多くの経営者が念のために借りられるだけ借りたおカネが遊んでしまっている状況になっている。その一部が金融市場に流れ込み、株価の高騰に一役買っているといわれている。

 500兆円を超える大規模なコロナ対策を行ったアメリカは、ワクチン接種が順調に進捗しているため景気回復が予想以上に早まるのではとの観測から、株価は史上最高値を更新中。

 旅行や外食もままならず、使いたくても使うことが出来なかったおカネと給付金が動き出し、金融市場だけではなく消費にも向かっている。

 たとえばコロナ禍でも楽しめるゴルフが大人気となり、日本でも有名なゴルフ用品メーカーキャラウェイのゴルフクラブの2020年第四四半期売上は前の年の同じ時期に比べてなんと48.5%増。

 またその他の高額商品では同時期のアメリカでのフェラーリの出荷台数も690台と14%の増加に転じているし、数十億円もするクルーザーも売れ行きが急増しているのだ。この流れは日本には来ないと考えるのはナイーブすぎるだろう。

■節税需要の高まりが値段を押し上げる

フェラーリのような高級スポーツカーにも需要が集まり、価格が高騰している(写真はフェラーリ458イタリア)

 ではどのようなメカニズムで日本でも中古車の値段が暴騰するのだろうか。まず一つ目は「中小企業の節税需要の高まり」である。

 あなたが仮に中小企業の経営者だったとしよう。今年は様々な給付金などもあって予想よりもコロナの影響は少なく、2000万円の利益が出て400万円の法人税を払う予定。だが来年は赤字になるかもしれない。その時のために備えがあるといいのだが…。そう思うのは人情だろう。

 そういう場合、気の利いた税理士だったらこうアドバイスする。

 「3年10か月落ちもしくはそれより古い、値段の下がらなさそうな2000万円の中古車を買いましょう。そうすると今年400万円の法人税を納めなくて済みますし、来年赤字になったときの備えとしてクルマを売却して資金繰りを楽にすることもできます。」

 これはいったい、どういうことか?

 企業が保有する通常の資産は時間の経過とともに価値が目減りする。その資産の価値の減少を税務会計上認識することを減価償却という。資産の種類ごとに目減りの早さ(=耐用年数)が税務上定められていて、6年経ったらどんな新車も価値は1円になるとされている(軽自動車は4年)。

 そして中古車の場合は3年10カ月落ち、もしくはそれより古いとどんなに高くクルマを買っても最短1年で価値が1円になるとみなされる。

 上記の例では、中古車を買うだけで約2000万円をその年の費用として計上でき、今年の2000万円の利益がゼロになり、儲かっているのに400万円の税金を納めなくて済むことになるのだ。

 仮に2000万円で買ったクルマに1年乗って1800万円で売れたとしよう。価値が1円で認識されているので売ると利益が約1800万円出てしまうが、再び4年落ちのクルマに入れ替えることにより売却益が次のクルマの減価償却費用でまた相殺されて1円も税金を払わないでよい、ということになる。

 また仮に懸念した通り翌年赤字になってしまった場合は1800万円のクルマの売却益と赤字が相殺出来て利益が圧縮されるため、支払うべき法人税が節税できる。

 何もしないと400万円の税金を払い、カッコいい中古車を買うと買値と売値の差の200万円しか払わずに済む。これが儲かっている中小企業の経営者が値落ちのしにくい中古車を頻繁に買い替える理由なのだ。

 このような力学が働くことから、今は儲かっているけれど先行きに不安が広がるような現在の状況では値落ちしにくい中古車への需要が高まり、価格がさらに上昇しやすくなる。

次ページは : ■海外からの需要と円安による値上がり