BMW、クラウンらセダンを買うならこの三択!! あの人の人生の三択も紹介


セダンがほしい。けれどないようでいろいろ種類があるのがセダンだったりします。そこで輸入車Cセグ(ベンツCクラスとかBMW3シリーズとか)の三択と、国産車でこれらか出るモデルたちの三択を決めます。さらに今回はレーシングドライバー山野哲也選手と、ベストカーでもおなじみの水野和敏さんの「人生の三択」も聞きました。クルマの三択と人生の三択、非常に大きな関連性があるような気がします。

文:鈴木直也、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部


■まだ出てないけど選んでおく!? 新型クラウン/新型ES/新型スカイライン(ベストカー編集部)

 この三択、なにしろ今日現在現物に乗れないため、なかなか判断が難しい。とはいえレクサスESの中身はカムリのレクサス版なので、おおよその見当は付く。

 TNGAプラットフォームのFF、2.5Lハイブリッドで気持ちのいい操縦性と広い室内空間を望むのならオススメだ。だが大型サルーンらしい貫禄というか、佇まいとなればやっぱりFRのクラウンかスカイラインかということになる。

 クラウンのプラットフォームは新開発TNGA。ショーモデルを見たかぎり低重心でフロントはダブルジョイントアームのダブルウィッシュボーンで、レクサスLS/LCと同等。

ニュルブルクリンクまで走りこんでいるという新型クラウン。どうなっていくのか楽しみであるとともに期待が広がる
ニュルブルクリンクまで走りこんでいるという新型クラウン。どうなっていくのか楽しみであるとともに期待が広がる

 直4の2.5Lハイブリッドでは動力性能に物足りなさを感じるのなら、3.5LツインターボのGRを待てばいい。それならば2020年にデビューが期待される次期型スカイラインの400ps/48.4kgm 3Lツインターボに引けを取らない。

 ということで、イチオシは新型クラウンだ。

■輸入車セダンの三択 Cクラスか3シリーズか、はたまたジュリアか?(鈴木直也)

僕の好みでいえば一番食指が動くのはやっぱり3シリーズ。別にカッ飛ばしていなくても、まるで身体の一部のようにピタっとなじむドライビング感覚は、まさに「駆け抜ける歓び」そのものだ。

ただ、3シリーズはすでに次期型が9月に登場予定で、自動車ジャーナリスト的には新型に乗ってからでないと「旧型最終モデルでも3シリーズがいいのだ!」とは言いづらい。時期的に大多数の人におすすめできるのはCクラスのほうということになる。

もはや"定番"として一番間違いのないのが3シリーズ。安全性のCクラス、官能性のジュリア、それぞれのよさがある
もはや”定番”として一番間違いのないのが3シリーズ。安全性のCクラス、官能性のジュリア、それぞれのよさがある

ひと世代前のCクラスは、3シリーズに影響されるあまり、走りのキビキビ感を過度に強調、これが個人的に好きになれなかった。が、現行モデルはベンツらしい落ち着きが復活。

プレミアムカーとしての品格はこのセグメントではベスト。その安心感がベンツらしくていい。アルファ・ジュリアはイタリア人が作った3シリーズという感じ。エモーショナルな走りを求めるならコレです。

次ページは : ■山野哲也と水野和敏の三択 「私の人生はあの時が転換点だった」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ