米レクサスもその危険性をテストで実証! ながら運転の“4.6秒”があなたの人生を壊す


 米国レクサスが、公式サイトでスマートフォンなどを操作するために注意力が散漫になる「ながら運転」がいかに危険であるかの啓蒙動画を発表した。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)によると、注意散漫な運転によって2019年の1年間に、米国で3142人の命が奪われたという。

●米国レクサスは公開した「ながら運転」の危険性を知ってもらうための啓蒙動画

 約90km/hで走行している場合、前方の道路から4.6秒(メールの送受信にかかる平均時間)も視線をそらすのは、目を閉じてサッカー場を運転するようなものだそうだ。

 日本でも、2019年12月から走行中スマートフォンなどを使用する「ながら運転」に対する厳罰化が始まったが、のど元過ぎれば……というやつで、忘れている人もいるのではないだろうか? レクサスの試みはどういったものだったのかの解説から、ながら運転がいかに危険であるかを解説していきたい。

文/高根英幸
写真/LEXUS、Adobe Stock(Andrey Popov@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】レクサス公開の 4.6秒の「ながら運転」体験動画を写真でチェック!!


■米国では走行中のスマホ操作で平均4.6秒もわき見運転!

 ながら運転の危険性は、頭では理解しているけれど、と思っているドライバーは多いハズだ。客観的に見れば、どれだけ危険なことだかわかっているハズなのに、気が付けばついつい運転中にスマホ画面をチェックしている、そんなドライバーは少なくないのではないだろうか。

 運転に慣れるほど、走行中に気持ちに余裕が生じて、油断や気の緩みから危険を呼ぶケースが珍しくない。「一瞬のチラ見なら大丈夫」そう思っている人も、これから紹介する情報を知れば、考え方が変わるだろう。

 米国レクサスは、前を見ていない状態で運転していることの危険性を実感してもらう実験を行なった動画をHPで公開している。すべてのウインドウに特殊なフィルムを貼り、一瞬で無色透明な状態から乳白のスクリーンへと化す仕掛けが施されたレクサス『NX』を用意して、広い敷地にパイロンで曲がりくねったコースを設定したものが実験の舞台だ。

ながら運転の危険性を体験するために用意されたレクサス『NX』。ドライバーに知らせずにすべての窓が白くなり、4.6秒間視界を遮断する特殊なフィルムが施されている

 レクサス『NX』に施された仕掛けは聞かされずに、何組かの一般ドライバーが参加したようだ。事前のインタビューでは、運転中にスマホのテキストメールを読むことがあっても、それは1秒か2秒くらいと思っていると答えている。

 だが、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の調査によると、運転中のドライバーがスマートフォンを操作してメッセージを送受信するのに、平均4.6秒かかるとされている。そこでレクサスはドライバーがコースを走行中にいきなり前方視界を乳白のスクリーンで遮ってしまったのだ。時間はきっかり4.6秒、当然のことながら突然視界が真っ白になってしまったドライバーは驚きの声を上げながらステアリングやブレーキを操作して、危険を回避しようとするのだった。

米国の調査では走行中のメール操作に平均4.6秒かかるとなった。約90km/hだとサッカー場の距離を移動する時間になる。これを体験したドライバーはパニックになった

 しかし案の定、コースを飛び出してパイロンを潰したり跳ね飛ばしているだけでなく、自転車やオートバイを模した発泡スチロールを跳ね飛ばしたり、ブロック状の発泡スチロールの壁に突っ込んでしまう。NHTSAによると、米国では注意散漫な運転によって2019年の1年間に3142人の命が奪われたそうだ。

視界を遮られたドライバーは危険を回避しようとするが、パイロンをつぶしたり、障害物に突っ込んだりと危険を痛感した

 わき見運転をするのはそんな複雑な形状の道路ではなく、大抵は直進状態で巡航している時だからレクサスの動画はちょっと条件が厳しすぎる、という意見もあるだろう。しかし、日本で交通事故が起きている状況を知れば、そんな考えは甘いことであることがわかるハズだ。

■日本の交通事故も6割がわき見や不注意で起こっている?

 日本で起こっている交通事故を分析してみると、すべての走行状態のうち4割は直進状態で起こっている。年間およそ43万件の交通事故のうち、ざっくり20万件はいわゆる「見通しのよい直線道路」で起こっているのである。つまり見通しのよい直線道路を走っていると、ここなら安全だという意識になり、運転以外の別のコトをついついしてしまいがちになり、結果として事故が起きやすくなっているのだ。

事故を起こせば「つい、うっかり」ではすまされない!! ドライバーは運転について重い責任が課せられていることを今一度思い出して、常にそれを意識して運転することを心がけよう(Kadmy@Adobe Stock)

 実際、ほぼ直線が続く幹線道路を走っていると、時々トンでもないながら運転をしているドライバーに遭遇することもある。漫画雑誌をステアリングに立て掛け、両手でステアリングと漫画を一緒に握り、漫画を読みながら運転しているドライバーを見たのは1度や2度ではない。

 時々、外を見て修正舵を当てるのでクルマの動きがギクシャクしていたから、おかしいと思ってドライバーを見て見ると、そんな不届きな行為を行なっているのに気付いたのである。これは4.6秒どころではなく、合計すれば相当な時間、わき見運転をしていることになる。そのほかにもタブレットやスマホを見たり、耳に当てて通話しているドライバーも、未だに見かける。

 これらはパトカーや白バイが見つけたら、たちまち検挙されるだろう。しかも以前なら、警察官と遭遇しなければ取り締まりに遭わなかったかもしれないが、ドライブレコーダーが普及した今は、「危険なドライバー」としてSNSなどで動画をアップされれば、それが証拠となって交通違反で検挙される可能性も高くなった。

 ながら運転の罰則は令和元年の12月より3点、反則金は1万8000円へと引き上げられており、2回検挙されればそれだけで免許停止の行政処分を受けることになってしまう。だがそんな罰則よりも、わき見運転が危険であることを本当に理解すれば、停止中以外はスマホを利用しようとは思わないのではないだろうか。

 何しろ時速55マイル(およそ85km/h)のスピードで走行している時に4.6秒間に進む距離は約108m。これはサッカーコートの長さとほぼ同じなのだから、わき見をしながらこれだけの距離を走り切ってしまっていることにゾッとしないだろうか。

 日本の一般道に置き換えて考えても、60km/hで4.6秒走行する距離は約76m。これは新幹線3両分に相当するから、相当な距離だと言える。商店街であれば7軒から10軒くらいの店舗を通過してしまっているだろう。

 ちなみに、ながら運転で事故を起こした場合は、それだけで6点となって免停となるだけでなく、1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられることになる。ITARDA(交通事故総合分析センター)の分析によれば、平成30年度の交通事故43万件のうち、わき見運転が原因とされているのは6.1万件ほどだが、それ以外にも前方視界をキチンと見ていなかった漫然運転、動静不注意、安全不確認を合わせると26万件を超える。運転以外のことをしていたり、キチンと運転していないドライバーはこれだけ多い、ということになるのだ。

 事故を起こす前に危険性に気付くためにも、ながら運転やシートベルト非着用、チャイルドシート非装着の取り締まりは、もっと厳しく行なってもいいのではないだろうか。自分は直接事故のきっかけを作らなかったとしても、わき見運転をしていなければ瞬時に気付いて事故を避けられた、というケースは決して少なくないハズだ。

 Apple CarPlayやAndroidAutoなどの車載アプリは、走行中にも音声操作でメールを読み上げてくれるし、電話をかけたりメッセージを送ることもできる。こうした便利な機能は、快適性だけでなく安全性も高めてくれるものだから、走行中にもスマホに届くメッセージが気になるドライバーは利用するべきだ。

 そうでなければ走行中にスマホを見たり、カーナビを凝視するのは止めたほうがいい。完全自動運転が実現するまでは、ドライバーは運転について重い責任が課せられていることを今一度思い出して、常にそれを意識して運転することを心がけよう。

【画像ギャラリー】レクサス公開の 4.6秒の「ながら運転」体験動画を写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ