【フィット、エクストレイル…】大流行のHVより純ガソリン仕様がお得なクルマたち


■原則として価格が高いクルマほどHV仕様が有利

ハイブリッド車には、トヨタのプリウスやアクアのようなノーマルエンジン(純ガソリン仕様)を用意しない車種もあるが、両方を選べる場合も多い。日産ノート、トヨタC-HR、ホンダヴェゼルなどは、いずれもノーマルエンジンとハイブリッドの両方を採用する。

この選択(ハイブリッド仕様を買うか、ノーマルエンジン仕様を買うか)は、基本的には用途に応じて行う。ハイブリッド仕様グレードの価格は、ノーマルエンジンに比べて少なくとも25万円は高い。車種によっては50万円前後も上乗せされる。この価格差を、燃料代の差額で取り戻せるか否かで、購入の判断が分かれる。走る距離が長いユーザーは、価格差を燃料代の差額で取り戻しやすいが、そうでない場合はノーマルエンジンが推奨される。

この損得勘定はエコカー減税も含めて計算する。

価格が500万円前後に達する車種では、エコカー減税率の違いにより、購入時に納める自動車取得税と同重量税に最大で約17万円の差が生じるからだ。しかも大排気量車では、燃料代にも2倍の差が付くことがある。したがって価格の高い大排気量車は、全般的にハイブリッドが有利だ。

逆に価格の安い小さな車種は、エコカー減税で差がつきにくい。ノーマルエンジン車も燃費を重視するから、燃料消費量も2倍まで開くことはない。さらにハイブリッドでは、駆動用モーター+駆動用電池+制御機能が不可欠だから、ノーマルエンジンとの価格差を25万円以下には縮められない。そうなると税額や燃料代の差はつきにくく、価格に占めるハイブリッドのコスト比率は高まるから、ノーマルエンジンが有利だ。

■年間どれくらい乗るかで判断する

ハイブリッドとノーマルエンジンを選ぶ時の大雑把な目安は、1年間の走行距離が1万5000km(1か月当たりなら1200km)を超えるかどうかだろう。1年間に1万5000km以上を走ると、ハイブリッドを選ぶ経済的なメリットが強まる。

このほか車種の性格やコンセプトとの整合性もある。ユーザーの考え方でも異なるが、例えば「スポーツカーなら、ハイブリッドよりも動力性能が高く運転感覚の楽しいノーマルエンジン」という選択も成り立つだろう。

逆にハイブリッドシステムに特徴のある車種は、走行距離が少なくても、ハイブリッドを選ぶユーザーが多い。魅力が環境性能や経済性にとどまらず、運転感覚やメカニズムの先進性にも置かれるからだ。

ここからは、「あえてノーマルエンジンを選びたい5車種」を取り上げてみたい。
文:渡辺陽一郎


次ページは : ■ホンダフィット

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ