青空駐車と屋根付き車庫でどれだけ違う? 劇的なボディの「差」と美しさを保つ鍵


 この時期、梅雨による長雨で大切な愛車のボディコンディションを気にする人は多い。さらに、その後には強烈な紫外線を浴びる夏も待っていて、クルマ好きにとって心配のタネは尽きない。

 そこで今回は、愛車を保有する人にとって永遠のテーマでもある、「(屋根なしの)青空保管」と「屋根付き保管」の違いについて紹介する。

 解説するのは、これまで13台ものフェラーリを所有し、屋根付き保管の偉大さを知る一方、セカンドカーとして軽自動車から大型セダンまでさまざまなモデルを青空保管してきた経験を持つ、自動車ライターの清水草一氏。両者の条件や劣化具合の違い、そしてボディカバーの重要性とは?

文/清水草一 写真/フォッケウルフ

【画像ギャラリー】青空保管と屋根付き車庫保管で、クルマのボディコンディションはどれだけ違ってくるのか?


■ボディにダメージを与える4つの要素とは?

写真は94年式の初代インプレッサ。青空保管を続けて16年後の2010年くらいから白っぽくなった

 梅雨シーズンだ。雨の中には小さなチリなどが多数含まれているから、雨が降ればクルマが汚れるのは当たり前。クルマ好きなら誰しも、「屋根付き駐車場が欲しいなぁ」と思う季節である。青空保管と屋根付き保管では、クルマの汚れ方も違うが、ボディのコンディションも違ってくるはず。では実際のところ、どれくらい違うのか? まずは塗装の専門家に話を聞いてみた。

「20年くらいの長期で見た場合、塗装にダメージを与えるのは、1に紫外線、2に温度変化、3にホコリなどの汚れと、雨や湿気でしょう。湿気は塗装されていないエンジンルーム内をサビさせますが、日射で熱くなったボディに雨が降って急冷されれば、温度変化によるダメージも強く出ますし、水滴に含まれた不純物が固まって雨ジミにもなる。とにかくこの4つが問題ですね」

上記1994年式インプレッサは、購入後約20年が経過した2015年くらいになると、クリア下の塗装もはがれ始めたという

 紫外線が塗装に悪いのはよくわかる。ヘッドライトのポリカーボネイト表面は、10年も日光にさらされると黄ばんでくるが、あれは紫外線によるダメージによって、表面がボロボロになるからだ。

 ボディの塗装も同じで、保管状況にもよるが、15年くらいで表面のクリアが剥がれ、その下の塗装面にもダメージが及び、少しづつ剥がれて、白っぽくなってくる。温度変化も、その幅が大きく急激なほど、塗装へのダメージは大きくなる。

 一方、チリ・ホコリなどのゴミは、鳥のフンなど強い酸を出すものは別にして、付着しているだけならそれほどダメージを与えない。チリ・ホコリがボディにダメージを与えるのは、付着した状態で力が加わった時。

 ホコリがついたまま乾拭きしたりすると、ボディ表面に無数のひっかき傷が付く。青空駐車の場合、手抜き掃除をするよりも、放置したほうがダメージが少ないとも言われるのはこのためだ。

■フェラーリに多い赤の塗装は劣化が早いはずだが……

 屋根付き駐車場に保管されていたクルマでは、表面が痛むなどの症状が出るのははるかに遅くなる。私は現在、生産から32年を経たフェラーリ328を所有しているが、屋根付き保管しており、ボディは新車同様……は言い過ぎでも、新車並みに輝いている。

清水草一氏の愛車・フェラーリ328。屋根付き車庫のうえ、ボディカバーもかけてある

 最も劣化の進行が速い塗装色は「赤」である。そして市場に出回っているフェラーリの多くが赤だ。しかし実際のところ、ほとんどのフェラーリは、新車時に近いコンディションを保っている。これは屋根付き車庫に保管されていたからで、フェラーリの塗装が優れているからでは決してない。

 塗装の耐久性が高いのは日本車とドイツ車で、イタリア車やフランス車はそれより落ちる。青空保管で塗装のハゲが生じるまで、日本車やドイツ車が20年弱だとしたら、イタリア車やフランス車はそれより数年早い。いま現在、この差は縮まっているかもしれないが、結果がわかるのはずっと後なので、今のところはそういうことになる。

 屋根付き車庫での保管が、ボディの美しさを保つカギであることは間違いない。かといって、コストをはじめさまざまな条件が必要となる屋根付きの駐車場は、おいそれと確保できるものではない。

次ページは : ■ボディカバーで重要なのは防水性なのか?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ