日産次期e-POWER、5車種全部わかったほか新車情報続々入荷!!


 毎日新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる、流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回は日産の経営計画にある「2022年までにe-POWER車を5車種発売する」という発言に注目し、日産に取材。そこで「5車種」すべてを聞いてきた。

 また、大注目ホンダの軽商用車N-VAN情報、三菱デリカD:5マイチェン、そしてトヨタのあのクルマが生産終了とのニュースが入ってきました。
文:遠藤徹
ベストカー2018年7/10号『遠藤徹の地獄耳スクープ』より


■2022年までの日産e-POWER5車種が判明!!

2019年登場と言われている、次期ジュークの予想イラスト
2019年登場と言われている、次期ジュークの予想イラスト

 日産は2022年までの国内事業における5カ年計画で、e-POWERを採用する5車種を投入することを明らかにしました。この5車種とは、ノートとセレナのほか、エクストレイル、ジューク、キューブの後継モデルです。

 現行型ノート&セレナ用のパワーユニットは1.2Lエンジンを発電用に使ってモーターで駆動させる仕組みですが、今後投入する新型5車種のe-POWER車は専用に開発したエンジンを採用する方向で、これによって大幅な燃費性能や走行性能、静粛性の向上を図るといいます。

 残念ながらそれぞれの登場時期までは分かっていませんが、2019年から順次発売してゆく計画のようです。

 また、エンジンは1.2Lのほか、上級車用は排気量を拡大する可能性もあります。当面は2WD車のみとなるため、4WDでも対応できる従来の1モーター2クラッチ方式のハイブリッド車も併用することにしています。

 ただし、今後e-POWER車に4WDを設定することになれば、1モーター2クラッチ方式のハイブリッドは廃止となる可能性もあります。

■日産EVは軽自動車ベース用のみ2022年までに追加

 日産の2022年までの国内事業における新型電気自動車の投入は、軽自動車ベースのスモールモデルのみとなりそうです。現在は小型車のリーフ、商用車ベースのe─NV200がありますが、これに軽自動車ベース1車種を加え合わせて3車種となります。

 将来的にはスポーツプレミアムモデルを加えて4車種体制になりますが、これらを合わせても当分は国内全体の10%強程度の販売構成比にとどまりそうです。

次ページは : ■N-VANは7~8月に3万5000台もの受注目標

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ