アストンマーチン・ヴァルキリー登場!空力の鬼才エイドリアン・ニューエイが作り上げた【レースカーデザイナーが手掛けたスーパーカー】


 常に時代の最先端に立つ技術で競われるモータースポーツの世界。その世界において高い評価を得たレーシングカーデザイナーは、ロードカーの開発においても有能なのか? 高名なレーシングカーデザイナーが手掛けた市販車を紹介していく本シリーズの第2回は、F1界に数々のイノベーションを起こしたエイドリアン・ニューエイが開発に加わったアストンマーチンのハイパーカー「ヴァルキリー」を紹介!

文/長谷川 敦、写真/Newspress UK

【画像ギャラリー】約3億3000万円超、世界限定150台! 空力の鬼才エイドリアン・ニューエイが作り上げた、「アストンマーチン・ヴァルキリー」【レースカーデザイナーが手掛けたスーパーカー】


レース参戦も見据えたエアロフォルムのロードゴーイングモデル

 F1に興味のある人なら、エイドリアン・ニューエイという名前に聞き覚えがあるだろう。1988年、日本の企業がオーナーだったレイトンハウス マーチ881のデザイナーとして脚光を浴び、その後はウィリアムズ、マクラーレンで数多くのタイトル獲得マシンの開発に貢献。2004年にレッドブルレーシングに移籍すると、設立間もないチームをたった数年でトップクラスへと引き上げる原動力となった。

 今でもレッドブルF1チームでは重要なポストに就いており、30年以上もF1デザインのトップに君臨している。F1のデザイン作業が細分化された現在、最後のチーフデザイナーと呼べる人物だ。

 そのエイドリアン・ニューエイが、レッドブルF1チームと提携関係にあったアストンマーチンのニューモデル開発プロジェクトに加わることになり、2016年にその全貌が公開された。

 当初は「AM-RB 001」というコードネームで呼ばれていたニューモデルだったが、やがて北欧神話の女神にちなんだ「ヴァルキリー」の名称が与えられた。公道用車両として販売されるだけでなく、ル・マン24時間レースに代表される世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスへの参戦も発表されたが、2021年のアストンマーチンF1チームの誕生に伴い、WECへの参戦は延期となっている。  

 そして2021年後半に、ついにヴァルキリーの納車が開始される。空力デザインに長けたニューエイが関与した、公道を走れるレースカーともいうべきアストンマーチン・ヴァルキリーとはどのようなマシンなのだろうか?

約3億3000万円超、世界限定150台! 空力の鬼才エイドリアン・ニューエイが作り上げた、「アストンマーティン・ヴァルキリー」【レースカーデザイナーが手掛けたスーパーカー】
現在はF1の設計から一歩退き、レッドブル・アドバンスト・テクノロジーのチーフテクニカルオフィサー(CTO)を務めるエイドリアン・ニューエイ

ポイントは床下のエアロ。ヴァルキリーの空力性能に迫る

 ヴァルキリーを前方から目にした際に、最初に注意が行くのがノーズの下に大きな空間が設けられていること。近年では規定により禁止されたが、90~10年代のF1では、ノーズを大きく持ち上げてその下に大量の空気を流し込み、後方のディフューザーから引き抜くことによって、床下に負圧を作り出して車体を路面に押し付けていた。これがいわゆるハイノーズデザインだが、ヴァルキリーでもこのハイノーズ思想がとり入れられている。

一般的な公道車両ではラジエターが装着される位置には何もなく、ノーズ下部から入った空気はスムーズに後方に導かれる。そしてノーズからウイングが吊り下げられるのもF1流だ。

 ノーズ下から流れる空気は、フロントタイヤ後方側面と車体後部の大型ディフューザーから引き抜かれる。この造形もロードカーというよりレーシングカーそのものであり、並外れたダウンフォースが生成されることが容易に想像できる。

 実際にアストンマーチンでは、ヴァルキリーが発生するダウンフォースを「公道で走行可能なクルマとしては前例のないレベル」と発表している。

約3億3000万円超、世界限定150台! 空力の鬼才エイドリアン・ニューエイが作り上げた、「アストンマーティン・ヴァルキリー」【レースカーデザイナーが手掛けたスーパーカー】
フロントタイヤの後方に大きな空間が設けられ、エアを効率的に排出する。テールエンドのディフューザーも、ロードカーとしては例外的に大きい
約3億3000万円超、世界限定150台! 空力の鬼才エイドリアン・ニューエイが作り上げた、「アストンマーティン・ヴァルキリー」【レースカーデザイナーが手掛けたスーパーカー】
ヴァルキリーのコクピット。ノーズ下を持ち上げている関係により、ドライバーは足を若干上げた姿勢で座ることになるが、無理な体勢にはならないという

次ページは : エンジン単体でも1000ps超え! モーターのアシストでさらなるハイパワーに

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ