VW新型ゴルフと国産ライバル車との実力差は? 価格を考慮するとどうなのか?

価格を考慮するとどうなのか? 新型ゴルフと国産ライバルHBとの実力差

 本国から遅れること1年半、新型ゴルフがついに日本に上陸した。ゴルフといえば世界のベンチマークと言われてきたCセグハッチバックで、これまで同クラスの日本車にも大きな影響を与えてきた存在。

 そのゴルフが新型へと生まれ変わったとなると、国産同クラスのCセグバックであるカローラスポーツやマツダ3ファストバック、インプレッサスポーツと比べてどうなのか? が気になるところ。

 そこで、新型ゴルフと国産Cセグハッチバックの3モデルとの差をチェック。新型ゴルフは価格が291万6000~375万5000円と、国産の同クラスよりもけっこうお高いわけだが、この価格も考慮すると最高のCセグハッチバックはどれか?

文/松田秀士   写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型ゴルフ8と国産スポーツハッチバック3車種の魅力を写真でチェック!!


■4車種のうち3車種は実際に乗り比べることができた!

 世界中がCセグハッチバックの王様と認めるVWゴルフ。そのフルモデルチェンジした新型ゴルフVIIIが6月15日に日本上陸した。

 そこで国産Cセグハッチバックの代表としてマツダ3ファストバック、インプレッサスポーツ、カローラスポーツの3台を比較してみようというのが今回のお題。

 王様の新型ゴルフに対して日本勢はどのレベルにあるのか? 新型ゴルフはやはり買いなのか? 日本勢が凌いでいる部分はあるのか? さっそく検証してみたい。

 実はこの企画、ベストカー本誌でも同時進行で行われ、カローラスポーツを除く2車(マツダ3ファストバック、インプレッサスポーツSTI Sport)は実際に試乗済みだ。悲しいことにカローラスポーツの広報車がすでにトヨタになく、こちらは筆者の試乗体験から解説することをお許しいただきたい。

ゴルフとマツダ3、インプレッサの3車はベストカー本誌の取材で乗り比べたばかりだった

 とはいえカローラスポーツはサーキット試乗(FSWショートコース)を含め、個人的に広報車をハイブリット&ガソリンターボ含めトータル2週間以上試乗している。車載動画も撮影しているのでもう一度見直しながら比較してみたいと思う。

 その前に比較4車のグレードを決定しておこう。主役のゴルフは初の3気筒エンジン1.0Lターボに48Vマイルドハイブリッドを搭載したeTSI Active(312.5万円)。

 インプレッサスポーツはSTI Sport(278.3万円)。マツダ3ファストバックは1.8XD Lパッケージ(297.3055万円)で、こちらはディーゼル搭載車とした。そしてカローラスポーツは1.8ハイブリッドG(266.0万円)だ。

■まずは内装を比較してみる

 まず新型ゴルフをじっくり見てみよう。ライト周りを含めより直線的なラインを感じるエクステリアはスッキリ感が強い。Cd値は0.725へと進化している。

新型ゴルフ8は直線的でスッキリしたキープコンセプトのデザイン。いちばん目につく変更されたヘッドライトはLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」を採用

 AmazonのアレクサやAppleのSiriのような音声認識+操作システムが進化。デジタルコクピットと呼ばれる10+8.25インチのタッチ&スライド式ディスプレー。一気に世界観を変えるようなインテリアのデザインは素晴らしく、欧州車の先進性に思わず嫉妬してしまう。

新型ゴルフ8のデジタルコックピット。10インチナビ、デジタルメータクラスタ、オンラインサービス「WeConnect」の先進デジタル技術で未来感満載

 使い勝手という部分では慣れは必要だがステアリングスイッチからの操作でもわかりやすい使用感。上級モデルではスイッチ類を撫でるようにタッチするだけでも操作できる。

 プラットフォームは継承なのでインテリアやラゲッジのスペース感に大きな差はないが、後席のシートはリッチ感が増している。

 コクピットに関してはマツダ3とインプレッサスポーツの国産2車はこの点とてもアナログ。ただし使い勝手は直感的で中高齢者向け。この点カローラスポーツは近代的で、ディスプレーオーディオ(オプション2万8600円)を装着すれば9インチ6スピーカーとなりゴルフに準じるが、標準だと7インチ4スピーカーだ。

 後席シートでは国産3社ともしっかりした仕様で、特にマツダ3のリアシートは背もたれとクッション性でゴルフよりもリッチに感じた。

 ラゲッジスペースはゴルフも国産3車もこれなら充分と納得できるもの。マツダ3が狭いのでは? との予想があったがまったく問題ないレベルだ。

次ページは : ■4車それぞれの個性が光る動力性能