新型WRXに採用!! 機能? 価格?? デザイン??? 樹脂フェンダーに見るスバルの主張

新型WRXに採用!! 機能? 価格?? デザイン??? 樹脂フェンダーに見るスバルの主張

 2021年9月10日、北米で公開された「新型WRX」。WRXは、スバルこだわりの「シンメトリカルAWD」が生み出す個性的なパフォーマンスカーであり、ラリーをはじめとするモータースポーツファンからの熱烈な支持を得てきたモデルだ。

 それだけに、新型への期待は高かったのだが、公開された新型WRXのデザインは評価が分かれるところとなった。特に注目されたのは樹脂のフェンダーアーチモール。セダンなのにSUVっぽい雰囲気となっているのだ。

 今はSUV全盛の時代だ。この新型WRXの樹脂フェンダーアーチモールは、「SUV人気にあやかった」ものなのだろうか。スバルの狙いを探ってみよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:SUBARU、Audi

【画像ギャラリー】日本仕様の新型WRX S4はどうなる!? いつ発売!? 米国で公開された新型WRXのすべて(26枚)画像ギャラリー

低コストパーツ代表から機能美の象徴へ

 樹脂むきだしの無塗装バンパーやドアミラーは、商用車ではよく見られる仕様だ。乗用車では最近見られなくなったが、かつては低グレードモデルのスタンダードな仕様だった。

 しかし、乗用モデルをベースとした「クロスオーバーSUV」が登場すると、乗用モデルとの差別化を表現するのに、樹脂パーツが用いられるようになった。たとえば1999年に登場したアウディオールロードクワトロは、ベースモデルのアバント(ワゴン)より高くなった車高と大径タイヤを収めるためにフェンダーアーチモールが取り付けれたが、ボディカラー同色とはせず、樹脂そのままのデザインで登場した。

1999年に登場したアウディオールロードクワトロ。ベースモデルのアバント(ワゴン)とはイメージが異なり、タフさが強調されている

 この流れは、他メーカーのクロスオーバーモデルにも波及し、現在ではデザインの一つとしてすっかり定着している。もちろん樹脂だからといってチープな印象というわけではなく、オフロードを走ったときにタイヤが跳ね上げた砂や石からボディを守る、といった、機能美としての意味合いが強い。

 しかし、WRXはスポーツセダンだ。今クロスオーバーSUVが流行していることと、AWDメカニズムがウリのスバルであることを差し引いても、WRXの樹脂フェンダーアーチモールはなかなかの衝撃だ。しかし、この新型WRXについて調べていくと、これは単にデザイン上の理由だけではないということが分かってくる。

スペックには表れない進化を果たした新型WRX

 新型WRXのコンセプトについて、スバルは「初代以来4世代に渡って受け継いできたWRXらしさを継承しつつ、さらなる高みを目指し、パフォーマンスカーとしての価値、そして実用的なセダンとしての価値を進化させたモデル」と、している。

 そのコンセプトを実現させるため、WRXとして初めてスバルグローバルプラットフォームを採用したほか、フルインナーフレーム構造や構造用接着剤を使用することで、高剛性化を実現。ハンドリング性能や乗り心地、走りを向上させている。また、エンジンは2.4L直噴ガソリンターボで、最高出力は271ps。トランスミッションは6速MTと8速マニュアルモード付きCVT「スバルパフォーマンストランスミッション」が搭載される。

 と、新型WRXは、スペック面ではかなり控えめな印象ではあるが、メカニズムは確実に進化している。実は、今回の樹脂フェンダーアーチモールも、このメカニズムの進化のように、「スペックには表れない進化」のひとつなのだ。

エンジンパワーは控えめながら、スバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造でシャシー剛性を大きく向上させており、パフォーマスが期待できる

次ページは : 樹脂パーツにこそWRXのこだわりが