カッコいい!!! これ欲しい!! 北米セダンの星アルティマはニッサンを救うのか

カッコいい!!! これ欲しい!! 北米セダンの星アルティマはニッサンを救うのか

 日産が北米と中国で販売しているエントリーラージセダン「アルティマ」。先代モデルまで、日本の「ティアナ」と姉妹車だったアルティマは、セダン市場が縮小している日本ではピンと来ないかもしれないが、現地日産の中核モデルとして、重要な役割を果たしているモデルだ。
 
 そんなアルティマの魅力をお伝えしていくとともに、北米や中国、そして日本におけるセダンの今後について、考えていく。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】かっこよすぎ!! ぜひ日本にも導入を!! 海外で人気の日産セダン「アルティマ」 「シルフィ」(37枚)画像ギャラリー

日本車が人気の北米 SUVが主流だが、セダンも売れている

 「セダンの市場規模が縮小し、SUVが人気の中心」という傾向は、日本だけでなく北米も同じで、北米で圧倒的な販売台数を誇るフルサイズピックアップ3台(フォード・Fシリーズ、ラム・ピックアップ、シボレー・シルバラード)を除いては、やはりSUVが主流となっている。2020年の販売ランキングを見ても、30位までのうち20台はSUVかピックアップだ。

 また、上記3車種の下、4位以降のランキングを見て分かるのは「日本車が多い」ということ。30台中日本メーカーはなんと16台。これは、年間約1700万台という巨大な自動車市場を持つ北米に対して、日本のメーカーが力を注いできた結果だ。

 セダンに絞れば、カムリ、シビック、カローラ、アコード、アルティマとほとんど日本車で、それ以外のメーカーはテスラ・モデル3だけ、という状況となっているが、セダンに人気が集中しているわけではなく、「日本車が人気」というベースがあって、セダンの販売数も確保されている、と考えるのが妥当かと思う。

 アルティマは、2020年に北米で13万7988台も売れている。ちなみに、いま日本でもっとも勢いのあるコンパクトカー、トヨタ「ヤリス」の2020年の販売台数が、15万1766台。北米市場がどれだけ巨大なのか、お分かりいただけるだろう。

 さらにいうと、カムリやアコードはもっと売れているので、セダン市場が縮小しているとはいえ、アルティマにも、まだまだ伸びしろはある。アルティマは、北米日産にとって非常に重要なモデルであり、アルティマで頑張ることは、北米日産の大きな原動力になるのは間違いない。

日産アルティマ。セダンが人気の中国でも販売されている

最新装備満載の力作ながら、買いやすい価格

 アルティマは、9代目ブルーバードセダン(U13型)の北米版としてスタートした。2代目からは北米専用モデルとしてボディサイズを大きくしながら成長し、現行型は2018年にニューヨークモーターショーで発表された6代目となる。

 日産のアイデンティティであるVモーショングリルをダーククローム仕上げにし、鋭い表情のLEDヘッドライトと組み合わせることで表現力豊かなフロントセクションを構成している。スリムなピラーと流れるようなプレスラインを組み合わせ、スタンスの良さと引き締まったプロポーションを備え、素直にカッコいいデザインだ。

 ボディサイズは全長4900mm×全幅1852mm×全高1440mmで、ホイールベースは2824mm(インチからのミリ換算のため、およその数値)。トヨタ「カムリ」と近しいサイズ感だ。

 搭載されるエンジンは世界初の量産型2.0L 直4可変圧縮比ターボ「VCターボ」を設定。V6エンジン並の動力性能でありながら、4気筒エンジンならではの低燃費性能、環境性能を実現している。この他に2.5L 直4DOHC直噴ガソリンエンジンも用意した。トランスミッションはエクストロニックCVTだ。

 また、米国北部のユーザーニーズに応え、現行モデルでは、アルティマ初の四輪駆動モデルを用意。「インテリジェント4×4」システムを搭載し、道路や走行条件に合わせて前後トルクを自動的に配分する。もちろん、最新のインフォテインメントシステムや安全運転支援システムも搭載し、自動運転技術「プロパイロット」も用意した。

 このように、現行アルティマは、かなり力の入った最新のモデルとなっているが、価格は24,550ドル〜(日本円で約279万円〜)と、意外と買いやすい価格。SUV人気に押され気味とはいえ、しっかり売れているのも頷ける。

アルティマのインテリア。シンプルな造形が好まれる北米の嗜好に合わせているが、上質で開放的な空間に仕上がっている

次ページは : 「国内ではセダンが売れない」と決めつけるべきではない