本日「フルロードWeb」正式ローンチ! どうぞ宜しくお願いいたします!

 最近よく聞く「ローンチ」(launch)という言葉は、新しい商品やサービスを世に送り出すことを指すそうですが、では、早速使わせていただきましょう、ハイ、お待たせいたしました。予定より遅れてしまいましたが、本日「フルロードWeb」正式にローンチでございます! 「フルロ―ドWeb」、どうぞ宜しくお願いいたします!

 なんで正式ローンチなのかと言いますと、Webサイトのシステムの構築から記事のアップに至るまで、これまで「ベストカーWeb」のスタッフの皆さんに「おんぶに抱っこ」状態だったからで、本日から私どももいよいよ独り立ちするというわけ。せっかくの機会なので、あらためて「フルロード」のご紹介をさせていただこうと思います。 

文/トラックマガジン「フルロード」編集長 大石克己

【画像ギャラリー】世界各国の最新鋭トラックが続々登場します!(7枚)画像ギャラリー

あらためてトラックマガジン「フルロード」とは?

 これまでも「ベストカーWeb」にちょくちょくお邪魔していたのでご存知の方も多いと思うのですが、「フルロードWeb」の母体となる「フルロード」は2010年5月29日に創刊したベストカー別冊のトラックマガジンになります。制作は、私ども 好文舎が担当しています。

 「フルロード」という誌名は、満載を意味する「FULL LOAD」に由来しているのですが、満載は、トラック業界にとっては運ぶ荷物がたくさんあって商売繁盛に繋がるおめでたい言葉ですし、雑誌にとっても「情報満載」「話題満載」「面白さ満載」を象徴する誌名ということで命名させていただきました。

2010年5月29日に発行した「フルロード」創刊号

 「フルロード」は、ドライバーをはじめトラック関連の仕事に就いている人たちが読んでも、あるいは一般の人たちや子供たちが読んでも、いつも誌面からは新鮮な話題が溢れ、見て楽しく読んでためになるトラックマガジンを目指しています。

 これまで、トラックドライバーは社会的に発言する機会がほとんどなく、トラックやトラック業界に対する誤解や偏見も少なからずありました。「フルロード」は、縁の下の力持ち的存在のトラック業界の活性化や社会的な地位の向上に力を尽くしています。

 トラック業界の明日を拓く新たな指針として、トラックの「現場」で働くすべての人のコミュニケーションの場として、この11年間、「フルロード」は着実に歩み続けてきました。

惹句は「働くクルマはカッコいい!」(第41号ゴールドホファーの見開き)

「フルロードWeb」は圧倒的な訴求力の新しいトラックメディアを目指します!

 その「フルロード」を母体に新たにスタートした「フルロードWeb」では、「フルロード」の理念はそのままに、Webサイトならではの媒体ポテンシャル、速報性、情報量を存分に活かし、今までにない圧倒的な訴求力の新しいトラックメディアの確立を目指します。

 日本車をはじめ世界各国の最新鋭トラックの情報を網羅するのは言うまでもありませんが、シャシーのみならず、ボディ架装やトレーラ、新技術、部品・用品、トピックスに至るまでつぶさにフォローします。

現役ドライバーが綴る好評「トラックドライバー通信」をWebサイトでも……

 もちろんハードばかりではありません。現場の人たちの生の声をお届けするのも「フルロードWeb」の大事な役割。トラックドライバーをはじめトラックの現場で働くたくさんの人たちに協力をいただいているので、実情に即した厚みのあるレポートをお届けいたします。

 そのほかトラックに関わることなら、ジャンルや前例にこだわらず、ジャンジャン取り上げるつもり。

 まじめだけど楽しく、むずかしいことはよりわかりやすく、毎日の更新が待ち遠しくなるような、そんなWebサイトを目指します。もちろん訴求力のある広告媒体としてのご活用も是非ご検討ください。

 なお、これまでの「フルロードブログ」は閉鎖しましたが、過去の掲載記事は「フルロードWeb」で読むことができます。併せてご笑覧ください。

 「ベストカーWeb」「バスマガジンWeb」の先輩方ともども、「フルロードWeb」をどうぞ宜しくお願いいたします!

フルロードWebはこちらです!

「フルロード」Web、本日ローンチ!
【画像ギャラリー】世界各国の最新鋭トラックが続々登場します!(7枚)画像ギャラリー