少年時代の夢がかなった!! ラリーに勝つために生まれたルノーのモンスターマシンを買う!!

タダモンじゃねえ!! 半端ないオーラを放つラリーマシン(のベース車)を楽しむ!

 数あるモータースポーツカテゴリーの中で、市販車をベースにしたものは、そのオーナーになれるという意味でも人気が高い。

 かつてのラリーマシンは、ハイパフォーマンスな少量生産のモデルをベースとしていたが、その中でも異彩を放っていたのが、ルノー5ターボ2だろう。

 今回はそのベースマシンを徹底取材した!

文・写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】少年の日の憧れだったマシンがウン十年後に目の前に!! ラリーのオーラを纏ったルノー5ターボ2を見る!!(34枚)画像ギャラリー

■ラリーのウンチクなんか全部ふっとばす存在感

ルノー5(サンク)ターボ2 1983年モデル

 公道を普通に走れる市販車のランエボやインプレッサWRXがなぜ特別だったのか? 「ラリーの出場権を得るためのホモロゲ(公認)モデルだから」というウンチクを聞いたことがある方は多いだろう。

 WRC(世界ラリー選手権)で勝つためにはベースとなる市販車のデキが大きくモノをいう。

 そのために市販車も毎年のように改良を重ねて発売されていたし、ラリー競技の現場からフィードバックされたチューンも市販車に生かされるという相乗効果で市販モデルの魅力が増す、という好循環だった。そして時代によっては市販車と競技車両との関係が近く濃密だったころもあるのだ。

 取材当日このルノー5(サンク)ターボ2の前に立ってみると驚いた。

 永らく続いたFIA(世界自動車連盟)の「グループ4」規定末期のホモロゲモデルであること、「連続する24ヶ月間に400台以上製造された車両」という規定を満たすためのものであること、といったマニアックなラリーウンチクなんかは吹っ飛ぶのだ。

 モンテカルロ、コルシカ等々のWRC取材経験があり、本物の競技車両をさんざん見てきた筆者ですら、このマシンのオーラに圧倒された。雑誌や映像では伝わりにくい「存在感」みたいなモノにやられたのだ。このマシンのオーナー栗原篤さん(49歳)にそう話すとニヤリと笑った。

 「道の駅みたいなとこに行くと、人だかりができますからねー。老若男女、なんせバイク乗りの人まで話しかけてきますよ」

 確かに腰を抜かしそうな外見なのだが、爆音もしないし、かわいさというか、フランス車の気品もある佇まい。ギラギラしてないのに、凄さはビンビン伝わってくる。見たこともないマシンだし、そりゃみんな気になって寄ってくるのも当然だろう。

■少年の日の夢が現実に

オーナーの栗原篤さん(右)とメカニックの尾上忠則さん(左)

 栗原さんと5ターボの出会いは古い。

 「小学6年の時の床屋さんの待合席で見たカーグラフィック誌の記事に衝撃を受けたんですよ。それからずっと5ターボのことが頭から離れませんでした。

 30才を過ぎたころ、一念発起して起業して、寝る間も惜しんで働きまくってフェラーリ! とかも買ったんですが、どうにも5ターボのことが忘れられず、資料集めから始めました。

 売り出し情報があると日本各地に見に行き、10台くらいはみましたかね。あまり程度が良くないクルマばかりでしたが、この個体(83年型)に出会えたのが4年ほど前。

 新車から日本にいて、ガレージに8年ほど眠っていたらしいです。おかげで程度極上。約900万円!でしたが、即決しました。夢が叶ったんです」

 そう語る栗原さんの眼は確かに少年のように輝いている。だがそれで終わりではないところがただモノではない。

 「メンテナンスを頼んでいる尾上さん(メカニック)のおかげもあって、何の問題もなく完調です。ただ、どうしても、サンク愛が止まらなくて。

 スペアホイール(2セット)やデカール(各種)、前後バンパー、ヘッドランプ(10個)、テールランプ(10個)、マフラー(2本)、シート、ミニカー(各色)…E-BAYとかの通販サイトで見つけるとすぐ買っちゃうんですよね」

 メンテをしているメカニックはその愛情をどう受け止めているのだろうか? 整備性も含め冷静中立な判断のできる敏腕メカにハナシを聞いた。

 「まあ、それはもう好きなんだから仕方ないでしょう! いろんなスーパーカーも診てきたけど、これは市販車であって市販車じゃないね。無理やり? ミッドシップにしてるクルマだけあって、やっつけ感があちこちにあるし。

 けどまあそれがホモロゲマシンの魅力でもあるのかな。ラリー競技車両そのものはまた違う造りになってるんだと思うよ。オイルフィルターひとつ外すのもたいへん。よって整備性は極悪かな、ハハハ」

次ページは : ■周囲の人々を幸せな気分にさせる武闘派

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ