王者ハイエース18年目で大進化 燃費向上ってマジか!! 新型はまだお預け!?

王者ハイエース18年目で大進化 燃費向上ってマジか!! 新型はまだお預け!?

 2004年に登場したH200系ハイエース。商用1BOXとして不動の人気を誇るハイエースは、多くの職人が愛用しており、七つ道具の一つといっても過言ではない。

 現行型の登場か17年が経過し、そろそろフルモデルチェンジかと期待も高まるなか、2022年に行われる一部改良の内容が入ってきた。改良の具体的な内容に触れながら、進化を続けるハイエースを解説していく。

文:佐々木 亘

【画像ギャラリー】これぞニーズに応え続ける現場の王者よ!! ハイエースの歴史大解剖(10枚)画像ギャラリー

■17年戦士の燃費向上改良!ハイエースの底力は計り知れない

 今回の一部改良は、2022年3月30日に発表され、生産が4月1日よりスタートする。

 改良の目玉は燃費向上等の商品強化だ。ディーゼルエンジンで0.3~0.7km/Lの向上(仮値)となる。現行値がWLTCモード燃費で11.3km/L(2.8Lディーゼル、スーパーGL・DXグレード)であるから、0.7km/L向上となると、12.0km/Lだ。

 今回の燃費向上は小型貨物燃費規制(CAFÉ規制)対応が主だが、ここにきての燃費向上には驚くばかりだ。2017年の改良で置換された、1GD-FTVエンジンの底力は計り知れない。

 また、同時に機能面でも充実が図られる。

左 : バン スーパーGL 中 : ワゴン グランドキャビン 右 : コミューター GL
左 : バン スーパーGL 中 : ワゴン グランドキャビン 右 : コミューター GL

 予防安全技術では、インテリジェントクリアランスソナー全車標準化、さらにフロントフォグランプはLED化されユニットが小型化する。寒冷地仕様にはフロントウィンドウシールドデアイサーを追加された。

 燃費向上に伴い尿素タンクが7.4L→10.4Lに容量アップ、ディーゼルモデルのマルチインフォメーションディスプレイには尿素水残量表示を追加する。また、時代の流れか灰皿照明が廃止された。

 細かな部分では、キャンパーベース車にトヨタセーフティセンス標準設定し、専用車いす(自走式22インチ)のディーラーオプションが廃止される。また、ベース車のハイルーフ・ジャストロー・GLパッケージ仕様(TRH200K-FMTDK-G・GDH201K-FMTDY-G)と、TECS車のリフト付きバン・ディーゼル・2WD・4ドア仕様(GDH201V-VTASTR・GDH201K-VTASTF)を廃止する。

 ボディカラーでは、ダークブルーマイカメタリック・ラグジュアリーパールトーニングの2色を廃止した。なお、ラグジュアリーパールトーニングはワゴンで継続設定される。

次ページは : ■法規対応が多数、現行型では新規登録できなくなるクルマも

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ