あのテスラのライバル!? ニコラがスキャンダルを克服して電動トラック発売!!

二コラ・トレ・BEV

 アメリカのスタートアップで燃料電池大型トラックを開発している二コラは、かつて「トラック界のテスラ」とか「テスラのライバル」ともてはやされた。

 しかし、創業者による投資家を誤認させるような行為が問題となり、証券取引委員会(SEC)が調査に乗り出し、報道の度に株価が乱高下する事態となっていた。

 いっぽうで、イタリアのイヴェコ「Sウェイ」のプラットフォームをベースとするBEV大型トラック「二コラ・トレ」を発売し、このほど初めて顧客に引き渡したほか、SECとも和解金の支払いで合意、二コラはスキャンダルを抜け出したように見える。

 果たして二コラは再び成長軌道に戻ったのか? 大型トラック界の風雲児の「今をレポートする。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部
写真/Nikola Corporation

【画像ギャラリー】テスラのライバル、ニコラが疑惑の底から這い上がった!?(15枚)画像ギャラリー

「テスラのライバル」と言われた二コラという会社

 アメリカ、アリゾナ州フェニックスのFCEV/BEV大型トラックメーカー・二コラは12月21日、米国の証券取引委員会(SEC)との和解で合意した。二コラが1億2500万ドル(約143億円)を支払い、SECの調査はすべて終結する。

 2016年に、ゼロエミッションの大型FCEVトラックを発表した二コラは、乗用車で先行するテスラと比較され、両社とも発明家の二コラ・テスラを社名の由来としていることもあって、テスラのライバルと目されて来た。

 しかし2020年の株式上場後に疑惑が持ち上がった。大型FCEVとされた「二コラ・ワン」は実際にはドライブトレーンを持たず、坂道を転がして動いているように見せかけただけだったというのだ。

 創業者のトレバー・ミルトン氏は虚偽の説明で技術を誤認させ、株価を吊り上げた疑いがもたれ、辞任。SECが調査に乗り出していた。

 スキャンダルにまみれた2020年を経て、二コラはトラック以外の事業の大部分を廃止、ワン後継のFCEV「二コラ・ツー」および、イタリアの商用車メーカー・イヴェコ社の大型トラック「Sウェイ」をベースとする「二コラ・トレ」の開発に専念していた。

二コラが初めて市場に投入した二コラ・トレ・BEV
二コラが初めて市場に投入した大型EVトラック「二コラ・トレ・BEV」

 こうした巻き返しが奏功して、12月17日には初の市販トラックとして「トレBEV」を顧客に納入したのに続き、21日にSECとも和解した。……というのが二コラの現状である。

 なお、「トレ」はもともとは欧州向けの大型トラックとして発表されたものだ。スキャンダル前の2019年にイヴェコとの提携が発表され、同社の新世代大型トラック「Sウェイ」プラットフォームをベースに開発することが明かされた。

 開発はドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州ウルムにあるイヴェコのシャシーエンジニアリングの拠点で行なわれ、FCEVとBEVの両方を開発するが、BEVの生産が先行し、2021年前半中に製造開始、同年中に納入というロードマップであった。

 予定としては、「IAA2020国際商用車ショー」でプロトタイプのお披露目となるはずだったが、新型コロナウイルスのパンデミックがあり、ショー自体が中止に……。さらに前述の疑惑なども重なった。

 ただ、そんな中でも当初のロードマップ通りにトレBEVを顧客に引き渡しているので、「いろいろ」あった中、二コラは復活を果たしたと言えそうだ。

二コラ・トレ・BEVの後ろ側
二コラ・トレ・BEVの後ろ姿

 ちなみに”Tre”には「3」という意味もあるが、二コラ・ツーのリリースが2024年の予定なので、「2」より先に「3」が発売された形だ。

二コラ・トレはどんなトラックか?

 カリフォルニア州のドレージ会社に引き渡されたトレBEVは、量産化前のパイロットモデルという位置づけ。この会社は二コラのトラック100台の購入を検討しており、パイロットトラック(BEV2台、FCEV2台)が実運用で良好な結果を残せば正式に追加発注するという。

 もともと欧州向けとされたトレは、二コラとイヴェコが共同開発するトラックで、アメリカで販売されたトレもドイツのウルムで製造したものだ。両社はハンブルク港への25台の供給契約を明らかにするなど、欧州市場でも展開している。

二コラ・トレ・BEVの運転席
二コラ・トレ・BEVの運転席はこんな感じ

 トレはBEVとFCEVがモジュラー設計となる大型トラック(車型はセミトラクタのみ)で、FCEVは同じくウルムで2023年の生産開始を予定する。
(ここまで断りなく使っているが、「BEV」はバッテリー式EV、「FCEV」は燃料電池式EVのこと。水素燃焼エンジンなども登場しているので、最近はこのような略語が一般的になってきた)

 なお二コラはアリゾナ州に製造拠点を整備しており、2023年中に年産2万台規模の生産キャパシティを目指しているので、北米市場の量産モデルはここで生産されることになりそうだ。

 BEVとFCEVで大きく違うのは(ドライブトレーンの違いは除いて)航続距離で、BEVの350マイル(563km)に対してFCEVでは500マイル(805km)となっている。

 充電/充填時間は、BEVが120分(CCS1/CCS2方式・DC240kWの10-80%充電)、FCEVは20分。馬力はどちらも645hp(continuous)で同等。そのほかFCEVの細かなスペックはまだ公表されていない。

二コラ・トレ・FCEVのコンセプトトラック
こちらは燃料電池大型トラックの「二コラ・トレ・FCEV」。詳細はまだ公表されていないが、BEVより長距離の輸送を想定する

 トレBEVのアクスル構成は6×2、ホイールベースは186インチ(4724mm)。アメリカの長距離輸送は6×4トラクタが主流なので、リージョナル(短・中距離)を想定したモデルだ。

 GCWは8万2000ポンド(37.2t)、バッテリー容量は753kWhだ。今のところ車両重量を明らかにしていないので積載量も不明だが、カタログのアプリケーション例に”Lighter Payload”とあり、それなりに自重は嵩むものと思われる。

キャブはイヴェコのフラッグシップ・Sウェイをモディファイしたものなので、ドライバーの安全性や快適性に関しては折り紙付き。ただキャブ展開はFCEVも含めてデイキャブのみのようだ。

 スリーパーキャブを擁する長距離輸送用トラックの本命は、2024年に発売を予定している「二コラ・ツー」となる。同車は、出力や水素の充填時間はトレと同等を維持しつつ、900マイル(1450km)という長大な航続距離の実現を目指す。

 アメリカントラックの代名詞であるボンネットこそ持たないが、空力性能を求めて傾斜させたキャブはいわゆるセミボンネット型に相当する形状で、キャブオーバータイプとは異なる。

二コラ・ツー・FCEV
二コラ・ツー・FCEVは2024年の発売予定。トレはイヴェコ・Sウェイのキャブを利用しており欧州市場を意識したものだが、ツーは北米市場向けのトラックとなる

 疑惑を乗り越えて復活を果たした二コラは、変革の時代にあってアメリカントラックの新潮流を作り出すのか。今後ますます目が離せなくなりそうだ。

【画像ギャラリー】テスラのライバル、ニコラが疑惑の底から這い上がった!?(15枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ