「同志よ、頼む!!」新型シビックタイプR降臨!! 実力予想とホンダスポーツの行方


 2022年1月14より開催されている東京オートサロン2022。ホンダブース内では、FL1型シビックをベースとした、次期型「シビックタイプR」のプロトタイプカーに、ひときわ注目が集まっていた。

 歴代タイプRのシルエットを模した専用デカールが施されてはいたが、やはりFFスポーツ最高峰の存在感は圧倒的だ。シビックタイプR最新型の実力は!? そしてこの先はどうなるのか!? シビックタイプR開発担当者に伺った話を元に、考察していこう。

文:吉川賢一
写真:エムスリープロダクション

【画像ギャラリー】新型シビックタイプRプロトタイプも!! 東京オートサロン2022ホンダブース展示車両(35枚)画像ギャラリー

ホンダファンに向けて公開されたプロトタイプ

 なぜ、このタイミングで次期型シビックタイプRプロトタイプを公開したのかについて、ホンダ日本本部商品ブランド部商品企画課チーフ佐藤大輔氏に伺ったところ、「開発が順調というメッセージでもあるが、真の目的は、タイプRを待ってくれている日本のファンにいち早くお見せするため」だという。

 昨年、ホンダは日本市場において、NSXやS660など、多くのモデルの生産終了を発表した。そのことで、ホンダファンにとって寂しい思いをさせていることを危惧していたという。少しでも、元気にある話題を提供したいと考え、目下開発中のマシンを披露することとしたそうだ。

 さらに、シビックタイプRについては、ホンダ英国工場の2021年末閉鎖によって、2020年10月に発表されたFK8型の後期型が発売開始された時点で事前予約がいっぱいとなり、購入できなかった方が多くいた。開発陣としては「非常に申し訳ないことをした」という思いがあったようだ。

 発売開始は予定通り、2022年内としているが、半導体や材料不足の状況次第では現時点、何とも言えない状況でもあるという。

東京オートサロン限定展示となる、新型シビックタイプRのプロトタイプ。間近で見ると、迫力あるボディのラインから走りのオーラが漂っている

本格的な走行テストも開始、偉大なる先代を越えられるか!?

 新型シビックタイプRの目標はやはり、先代(FK8)を越えることだろう。以前、シビックタイプR開発総責任者の柿沼氏も言及していたように、「進化を止めない」ことがタイプRの使命であり、先代(FK8)を凌駕することは絶対使命であると、前出の佐藤氏もいう。

 ホンダブース内では、鈴鹿サーキットでの走行試験の様子が公開されていた。本格的な走行テストは始めたばかりであり、タイムアタックなどはまだこれから実施していくそう。

 ちなみに、今回の新型シビックタイプRで、ニュルブルクリンクは走りましたか?? と佐藤氏に尋ねたところ、「2021年秋ごろにタイプRの開発チームはテスト走行に行っている。その内容や成果は公表できませんが、順調に進んでいます。」とのことだった。

 後期型FK8は、コロナ禍の影響で、ニュルブルクリンクのアタックを延期していた(現時点のFFニュル最速ホルダーはルノーのルーテシアRS)。昨年末のニュル走行は、後期型FK8のアタックである可能性も高いが、当然、FL型のタイプRも持っていき、比較走行はしてることだろう。

ドラッグをなくし、リフトコントロールメインの設計に

 新型シビックタイプRの詳細なスペックに関しては、残念ながら「純ガソリンエンジンでマニュアルミッション」というところまでしか、開示されていない。

 だがプロトタイプをよく見ると、タイヤはFK8と同じ20インチのミシュランパイロットスポーツ4Sを装着。ホイールは新デザインとなっていたが、後期型FK8で初採用したBBS製の鍛造ホイールがなかった(リムにFORGEDの刻印がない)。この点は後にオプションで登場するかもしれない。

 また、先代は派手なフロントバンパー&リアデフューザーを装備していたが、新型では、無駄な造形を排し、空力的に有効な形状としたエアロパーツが織り込まれている印象だ。ドラッグ(空気抵抗Cd)を減らし、リフトコントロール(Cl)メインの設計としているものと推測される。

 リアウイングは、断面の厚みが薄いタイプとなったが、迎角調整でダウンフォースを調整することも可能。ルーフから流れてきた気流と、傾斜の強いリアウィンドウから流れてくる気流を、上手くコントロールするものと考えられる。なおインテリアは濃い色のスモークによって確認ができなかった。

 FL型シビックは、全体的に大人しいデザインになった印象だが、タイプRではファンの期待を上回るような、パフォーマンスと、カッコよさで仕上げてくれることだろう。

リアウイングは、厚みの薄いタイプとなったが、迎角調整でダウンフォースを調整することも可能。ルーフから流れてきた気流と、傾斜の強いリアウィンドウから流れてくる気流を、上手くコントロールするものと考えられる

次ページは : タイプRの生産は日本に戻ってくると予測!!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ