伝説のミニカーショップイケダ閉店と同時に廃刊となったミニカーマガジンとは?

伝説のミニカーショップイケダ閉店と同時に廃刊となったミニカーマガジンとは?

 40年以上にわたってミニカー専門店として営業していた「ミニカーショップイケダ」が、2021年7月に閉店した。多くのコレクターが集う大人気店だっただけに、その衝撃は計り知れない。

 今回はコレクターの方に店の思い出と人気の高かった同店発行の「ミニカーマガジン」について語っていただいた。

文/加藤 久美子
写真/加藤 久美子、川中 聡、永田 容啓

【画像ギャラリー】突然の閉店を惜しむ声多数 ミニカーショップイケダとミニカーマガジンの思い出(7枚)画像ギャラリー

■2021年7月に閉店したミニカーショップイケダ

初めてお店に行った翌日、池田さんは急病に見舞われた。そして閉店
初めてお店に行った翌日、池田さんは急病に見舞われた。そして閉店

 ミニカーコレクターの方なら、一度はその名前を聞いたことがあるのではないだろうか? 東京都内で40年以上にわたって営業されてきたミニカーショップイケダである。

 2021年7月、店主である池田氏の急病によって突然お店が閉じられることになった。7月8日にウェブサイトと実店舗にお知らせが出たことで閉店を知った人も多いだろう。後日知ったが、池田氏が倒れたのは7月2日だったとのこと。

 実はミニカー好きの息子がミニカーショップイケダで予約していた紅旗のミニカーを「早く手に入れたい」「一度くらい実店舗に行ってみたい」という理由で日暮里の実店舗まで受け取りに行ったのが7月1日19時少し前のことだった。

ミニカーショップイケダ発行の月刊小冊子『ミニカーマガジン』
ミニカーショップイケダ発行の月刊小冊子『ミニカーマガジン』

 接客いただいたのは池田氏ご本人でとても親切に丁寧に接客してくださったそうだ。

 なお、池田氏は現在も闘病中とのことだ。

 ミニカーショップイケダといえば、品ぞろえの豊富さはもちろん、45年もの長きにわたって運営されてきた老舗中の老舗店である。

 さらに他のミニカーショップにはない大きな特徴として際立っているのが「ミニカーマガジン」の存在だ。こちらは同店が発行するミニカーファンを対象とした月刊の小冊子で、他社ミニカー販売店や自動車関連の施設、自動車博物館などで無料配布されていた。お店と同じくらいの長い歴史を持っている。

 定期的に発行されるミニカーや自動車模型をテーマにした雑誌としては日本でもっとも長い歴史を持っていた。ルーツはアサヒ玩具の「コレクター」誌で1969年の終刊後は可堂玩具(のちに「カドー」)が「ミニチュア・カー」(1969年より月刊化)として引き継ぎ、1994年に終刊してから同年9月にミニカーショップイケダによるミニカーマガジンの歴史がスタートした。

 新製品の発売情報だけではなく、非常にクオリティの高い記事も好評で資料的な価値も十分にあった。

 残念なことにこちらも閉店と共に2021年7月号(通巻322号)を最後に廃刊となっている。

次ページは : ■コレクターが語る「ミニカーマガジン」の魅力とは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します