ロータリーHV搭載判明! いよいよマツダの新型スポーツカーRX-9が見えた!


 マツダは2015年の東京モーターショーで公開されたRX-VISIONの公開から約7年、新型ロータリースポーツカー、RX-9の姿がいよいよ見えてきた。

 2020年頃からマツダは新型スポーツカーに関する特許を立て続けに出願、直近の2022年1月17日にもロータリーハイブリッドに関する情報を公開した。

 そして、今年のオートサロンで公開されたトヨタGR GT3コンセプトは、ロングノーズ&ショートデッキかつ低くワイドなその姿は、RX-VISION GT3コンセプトとウリふたつ。

 かねてからベストカーが予想してきた、EV専用モデルのレクサスエレクトリファイドスポーツと合わせて、トヨタとマツダが共同開発している可能性が高まった。

 はたしてマツダのロータリースポーツ、新型RX-9はどんなモデルになるのだろうか、今わかっている情報をすべてお伝えしていこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/マツダ、トヨタ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】新型RX-9はどうなる!? 公開された特許からRX-9が判明!(20枚)画像ギャラリー

■東京オートサロンで公開されたトヨタのGR GT3コンセプト

RX-VISIONは全長4389×全幅1925×全高1160mm、ホイールベース2700mm。エンジンはエンジンはSKYACTIV-Rを搭載し、駆動方式はFR、タイヤサイズはフロント245/40R20、リア285/35R20
2020年にeスポーツ、FIAグランツーリスモチャンピオンシップマシンとして発表されたRX-VISION GT3。車両重量1250kg、前後重量配分は48:52と理想形に近い配分で570psのSKYACTIV-RのNA、4ロータリーエンジンを搭載
GR GT3はホモロゲーションを取得するために年間200台以上生産され、2022年末には試作車がテスト走行を開始する予定だという。注目のパワーユニットは明らかにされなかった

 2022年1月14日、東京オートサロンで公開されたGR GT3コンセプトは、ロングノーズ&ショートデッキの美しいスタイルで登場した。

 その姿からおや? と思ったクルマ好きも多いはずだ。そう、マツダが2015年の東京モーターショーで公開したRX-VISION、そして2020年にRX-VISIONをベースにしたeスポーツのFIAグランツーリスモチャンピオンシップマシン向けのRX-VISION GT3コンセプトと非常に似ているのだ。

 RX-VISION GT3コンセプトとGR GT3コンセプトを見比べて見ると、ロングノーズやルーフライン、さらにフロントフェンダーにあるダクトの位置まで同じ。

 ちなみに公表されているボディサイズは、RX-VISIONが全長4389×全幅1925×全高1160mm、ホイールベース2700mm、RX-VISION GT3コンセプトが全長4590×全幅2075×全高1120mm、ホイールベース2700mm。

 一方、今回発表されたGR GT3コンセプトは全長4590×全幅2040×全高1140mm、ホイールベース2725mm。RX-VISION GT3コンセプトとGR GT3コンセプトと比較してみると、4590mmの全長は同一、RX-VISION GT3のほうが、全幅が35mmワイド、全高が20mm高く、ホイールベースが25mm短い。それぞれ数十mmの差だからほぼ同サイズといっていいだろう。

 かねてからベストカーでは、トヨタとマツダが直6+FRのスポーツセダンを共同開発しているとお伝えしてきたが、新型RX-9についても、トヨタとマツダの協業により誕生する可能性が高まった。

2021年12月に公開されたBEVのレクサスエレクトリファイドスポーツ。航続距離は700km以上、0→100kmは2秒台前半、全個体電池の搭載も視野に入れている

次ページは : ■マツダが特許を出願している新型RX-9に関する情報

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ