Wi-Fi導入車もある高速バスからかわいいコミュニティバスまでそろう保有車両を紹介!!【関鉄グループ特集】

つくば・水戸・鹿嶋・茨城空港と都内を直結する高速バスも運行する

 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー、バス会社潜入レポート。今回は2019年に遡って、1月発売号で掲載した関鉄グループ編を振り返って紹介する。

 高速バスの中でも都心シャトル、空港シャトルなどの昼行の中・近距離便は利用者も多く、通勤、ビジネスほか生活路線としても活躍している。関東鉄道本体担当の昼行便では、全車でPASMOが使用可能であり、ニーズに合わせた進化も見せている。

 一方、夜行では28人定員のゆったり車やパウダールーム付きの貸切車など、プレミアムなバスも運行している。

(記事の内容は、2019年1月現在のものです)
構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2019年1月発売《バスマガジンvol.93》『おじゃまします! バス会社潜入レポート』より
(関鉄グループ特集 その4)

【画像ギャラリー】関鉄グループが所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート・関鉄グループ:編[4](16枚)画像ギャラリー

■高速車の一部にWi-Fi導入 パウダールームつきの貸切車も

■高速バスカラー(夜行)
●いすゞ QRG-RU1ESBJ

2090MT/水戸200か1573 水戸営業所/高速 夜行高速バス水戸~大阪線の開業時には三菱エアロクィーン Iを投入。一般路線カラーにオレンジをあしらったオリジナルデザインを採用した

 東京駅発着や空港発着などの昼行高速車は後部トイレつき48~53人乗りのハイデッカー。近年、折戸仕様からスイングドア仕様に変更した。

 高速バス開業当初からいすゞ製と三菱製を選択。現在もガーラとエアロエースが主力だが、17年から日野セレガの採用を開始した。

■貸切バスカラー
●日野 QTG-RU1ASCA

8073SW/千葉200か2900 観光バス佐原営業センター/貸切 貸切バスは1981年に登場したパノラマサロンから、アイボリーにオレンジとマルーンのサンダーラインを採用。1989年には直線的な旧京成グループカラーに変更された

 なお現在、予約制を除く昼行高速車全車でPASMOが使用可能。水戸営業所の車両にはフリーWi-Fiを導入している。

 夜行の大阪線には当初、中央トイレつき28人乗りの三菱エアロクィーンを使用。15年式の最新車はガーラハイデッカーとなった。

■霞ヶ浦広域バス
●いすゞ 2KG-LR290J3

G5083/土浦200か1652 グリーンバス石岡営業所/一般路線 関鉄グリーンバスの一般路線車は関鉄路線バスカラーと同一。2010年のBRT開業時には、ホワイトとシルバーの「かしてつバス」カラーが採用された

 関鉄観光バスの一般貸切車もいすゞ製と三菱製を選択。00年代から53・55人乗りのハイデッカーが主力となった。

 13年にはヒュンダイユニバースを1台、16年には日野セレガを2台採用。14年には後部パウダールームつき45人乗りのガーラ・エアロエース各1台を新製し、「K-bus」と名づけた。

 なお、経年車両の一部は契約貸切車・特定車に転用されている。

■ヤマザクラGO
●いすゞ 2KG-LR290J3

P6033/つくば230あ3939 パープルバス下妻営業所/一般路線 関鉄パープルバスも関鉄路線バスカラーを採用しているが、コミュニティ路線ではオリジナルカラーの専用車が活躍

バリアフリー化推進中!! いすゞ中心から他社導入が進む車両を一挙紹介!!【関鉄グループ特集】

【画像ギャラリー】関鉄グループが所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート・関鉄グループ:編[4](16枚)画像ギャラリー