ジムニー、N-BOXらは唯一無二!! 世界が真似できない現行国産車たち


海外に重きを置いた車が増え、輸入車の台頭も目立つ。それに伴って、いま日本のユーザーに向けて作られた国産車は、年々少なくなっている。

そうした状況にあって、2018年7月に登場したスズキ ジムニーが注目を集めている。ヘビーデューティな本格派という位置づけから、本来それほど多くの台数を稼ぐ車ではないはずだが、納期はすでに1年を越えるほどの人気。潜在的な需要の高さを改めて証明した。

ジムニーの人気が象徴するように、こうした状況だからこそ、世界にも類を見ない、日本ならではの車の存在感がいま一層際立っている。日本のモノづくりを象徴する、日本の風土にあった車は、まだまだ健在だ!

文:片岡英明/写真:編集部


ジムニーは「世界に誇る小さな巨人」

2018年7月、4代目となる新型がデビューしたジムニー(価格:145万8000円~)。納期は1年以上とも言われるが、その人気も世界最小のクロカン4WDとしての価値を物語っている

1970年春に産声をあげたスズキのジムニーは、世界でもっとも小さい本格派のクロスカントリー4WDだ。デビュー時の排気量は、わずか360ccだ。

その後、550ccの時代を挟んで660ccとなっている。しかもエンジンは横置きではなく縦置きレイアウトとし、卓越した走破性能を誇る4WDシステムを組み合わせた。

当然、今風のフルタイム4WDではない。2WDに加え、4WDのハイレンジと抜きん出た脱出性能を誇るローレンジを備えた副変速機付きのパートタイム4WDを採用しているのである。

それだけではない。シャシーは強靭なラダーフレーム構造で、サスペンションは前後とも3リンクにコイルスプリングのリジッドアクスルだ。

ギャップの大きなオフロードや岩場なども走りきる高い走破性能を秘めている。エンジンは660ccのR06A型直列3気筒DOHC4バルブにターボを組み合わせた。トランスミッションは5速MTのほか、4速ATを設定する。

いざというときは頼りにならないCVTは使わなかった。本格派のメカニズムを持つジムニーは、日本が世界に誇る小さな巨人だ。こんな精密時計のようなクロカン4WDは、他のメーカーでは作れない。

国内専用の枠を超えたクラウン

日本車随一の60年超に渡る歴史を持つクラウン。国産上級セダンが海外志向を強めるなか、15代目の新型も、国内を第一に考えた車作りは他と一線を画す

クラウンは誕生から60年を超える長い歴史を誇る、日本を代表するプレミアムセダンだ。

VIPも乗るが、サクセスストーリーを築いた中小企業の社長や青年実業家もステアリングを握る。また、後席に人を乗せることも多い。だからユーザーのことを最優先して考え、歴代のクラウンは「おもてなし」の精神を貫いてきた。

また、開発陣はボディサイズにも気を遣っている。最新モデルはホディがひと回り大きくなり、ホイールベースも延びた。が、ユーザーのことを考えて、全幅は先代と同じ1800mmにとどめているのだ。

また、初代から独自開発にこだわってきたし、積極的に新しいメカニズムを採用している。トヨタ初の技術や装備の採用にとどまらず、日本初、世界初のメカニズムの導入にも意欲的だ。

最新の15代目も、新規開発の文字が浮き上がって見える投影タイプのメーターを採用した。国内専用モデルだが、走りの質を高めるためにドイツのニュルブルクリンクに持ち込み、最終テストを行っている。こんなことをやるプレミアムセダンは、世界中を見回してもどこにもない。

次ページは : 技術者魂ほとばしるロードスター

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ