ジムニー、N-BOXらは唯一無二!! 世界が真似できない現行国産車たち


技術者魂ほとばしるロードスター

現行型では原点回帰し、ダウンサイジング。写真のRFもラインナップに加えたロードスターは、世界に影響を与えたライトウェイトスポーツだ

マツダは、オート三輪を生産していたときから、走りの愉しさと気持ちいいパワーフィールにこだわり続けてきた。

また、新しい技術に挑む進取の気象に富む社風とモノづくりにかけるチャレンジスピリットもマツダの特徴のひとつである。

だから、実用化は不可能と言われたロータリーエンジンもSKYACTIVテクノロジーも身を結んだのだ。1989年にデビューしたロードスターも、マツダだから誕生したスポーツカーである。

1980年代は安全が大幅に強化された時期だった。だからオープンカーは姿を消している。また、スペース効率の観点から、多くの車が前輪駆動のFF方式に転換した。

マツダも4気筒エンジン搭載車はFF方式にシフトしたが、人馬一体の気持ちいい走りを実現するためにロードスターは縦置きエンジンの後輪駆動・FR方式を採用している。しかもフルオープンだ。軽量化は大変だが、徹底して軽量化し、1トンを切った。

最新の現行型ロードスターも同様だ。軽さにこだわり、ボディサイズを切り詰めている。また、目いっぱい楽しめるようにと、エンジンもダウンサイジングした。地球環境にもやさしい。

この手のスポーツカーが敬遠する緊急自動ブレーキも追加している。これほどエンジニアが頑固で、好き勝手に造るスポーツカーは、世界中でロードスターだけだ。

N-BOXほどトータル性能の高い小型車は唯一無二

日本独自の軽規格の枠内で、優れたパッケージング、総合的な性能の高さを示し、日本一の販売を誇るN-BOX。その人気が軽に留まらない実力の高さを示す

日本の軽自動車は驚くほど中身が濃い。そのなかでもホンダのN-BOXはトータル性能においてライバルを一歩リードしている。

ボディサイズからは想像できないほどキャビンは広く、スーパーロングスライドシートを採用しているから後席も余裕たっぷりだ。

IR/UVカットガラスの採用も女性にはうれしい。全車にフルオートエアコンをおごり、上級グレードはプラズマクラスターも採用する。主力グレードもパワースライドドアやサンシェードガラス、シート上下調整機構など、至れり尽くせり。

先進安全装備も充実している。全グレードにホンダセンシングを標準装備し、先行車追従型クルーズコントロールに加え、オートハイビームや後方の誤発進抑制機能、車線維持機能なども採用した。

サイドエアバッグの採用車も多い。走りの実力もレベルアップしている。ハンドリングは落ち着きがあり、乗り心地も良好だ。快適性能も高い。

これほどトータル性能の高いスモールカーは、海外にもないだろう。ホンダだから出せた独創的な軽自動車である。

次ページは : 世界一安価な本格ホットハッチ、スイフトスポーツ