アルファードにも最新安全装備&オプションを後付け可!! トヨタが始めた「愛車のリフォーム」 気になるお得度と狙いは?

アルファードにも最新安全装備&オプションを後付け可!! トヨタが始めた「愛車のリフォーム」 気になるお得度と狙いは?

 2022年1月28日、トヨタは「KINTOファクトリー」と呼ばれるサービスを開始。オーナーが所有するトヨタ車、レクサス車を最新の状態に進化させる。

 主なサービス内容は、古くなったアイテムを新品に交換する「リフォーム」、アクセサリー電源コンセント、安全装備などを装着をする「アップデート」、それぞれのオーナーの好みに合わせて、クルマを最適化する「パーソナル」の3種類。

 今回、「リフォーム」と「アップデート」のサービスが開始された。「パーソナル」に関しては、調整中とのこと。

 現時点での対象車種は、プリウス、アルファード、ヴェルファイア、レクサスUX、レクサスCTを含む全8車となる(以下本文参照)。2022年2月中旬時点で、このサービスを受付している店舗は、東京都28店舗と静岡県1店舗に限られる。将来的に、対象店舗が拡大されていく予定だ。

 そこで、本稿では「KINTOファクトリー」の概要を解説しつつ、このサービスの意義や将来性について考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】愛車の機能向上サービス「KINTOファクトリー」の対象車種ををギャラリーでチェック(23枚)画像ギャラリー

「KINTOファクトリー」とはどのようなサービスなのか

KINTOファクトリーの対象車種となっている先代アクア。アクアでは、古くなったアイテムを新品に交換するリフォームのメニューが用意されている
KINTOファクトリーの対象車種となっている先代アクア。アクアでは、古くなったアイテムを新品に交換するリフォームのメニューが用意されている

 「KINTO」はトヨタが実施するサブスクリプションサービスの名称だ。定額制でクルマを使うカーリースの一種に位置付けられる。

 このKINTOの名称を使った「KINTOファクトリー」と呼ばれるサービスが2022年1月28日に開始された。将来的には定額制のサービスも予定しているから、KINTOの名称を与えたが、今のところ直接的な関係はない。

 KINTOファクトリーは、自分が所有するトヨタ車やレクサス車をリフレッシュさせるプランだ。その内容はリフォームとアップグレードに分けられる。

 リフォームには、今のところシート表皮の張り替え、シートクッションの交換、本革巻きステアリングホイールへの変更、特別仕様車などに設定されるホイールキャップへの交換などがある。

 アップグレードは、主に機能や装備の後付けだ。AC100V・1500Wのアクセサリー電源コンセント(ハイブリッド車)、パーキングサポートブレーキ、ブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックアラートなどの装着が可能になる。

 これらの装備は、いずれも標準装着、あるいはメーカーの生産ラインで装着されるメーカーオプションだ。ディーラーオプションと違って、本来は後付けのできないパーツに分類される。それをKINTOファクトリーでは、購入後の装着も可能にした。メーカー保証が付帯されることもメリットだ。

次ページは : 今のところ東京と静岡のみ!? 気になる対象車種とサービス価格とは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ