トヨタサブスクにカローラクロス登場!! 残価設定ローンとどちらがお得?

サブスクリプションのKINTOと残価設定ローンはどちらがトクか

 2021年9月に発売されたカローラクロスがトヨタサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」に登場!! 

 近年、様々なサブスクリプションサービスが登場している。2019年には、トヨタサブスク「KINTO」が開始。定額でどのようなサービスが受けられるのか? 

 そして、新型カローラクロスを手に入れるとしたら、KINTO? それとも残価設定ローン、どちらがお得なのか? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】KINTOで人気のモデル トップ3を画像でチェック!


■新型カローラクロスがついにKINTOに登場

注目度が高く、価格も手ごろなカローラクロス。事前受注開始から約1か月で、およそ1万3500台の注文が入った

 今、話題の新型車といえば、2021年9月に発売されたSUVのカローラクロスだ。RAV4やハリアーよりはコンパクトで、ヤリスクロスに比べるとひとまわり大きい。ちょうど良いボディサイズと割安な価格により、トヨタがラインナップするSUVの主力車種になる。

 注意したいのはカローラクロスの納期で、販売店では「2021年10月初旬に契約して、納車は2022年2月以降になる。特にSグレードは4月頃に遅れる」という。Sグレードの納期が長い理由は、生産の開始が遅く、しかも発売後半年間はKINTO専用グレードになるからだ。

 KINTOは定額制でトヨタ車を使うサブスクリプションサービスで、普及に力を入れているから、カローラクロスのSをKINTO専用にした。開発者は「Sは装備の割に価格が手頃で、クルマをオトクに使えるKINTOと親和性が高い。そこで発売後半年間は、SをKINTO専用にした」という。

 それならKINTOはどの程度オトクなのか。

■KINTOとはどのようなサービスなのか

2019年にサービスを開始したKINTO。2020年5月8日から従来の3年プランに加え、5年/7年プランを新たに追加。より手軽に始めやすい月額料金が設定された

 まずKINTOはカーリースに分類される。税金、自賠責保険料、メンテナンス費用に加えて、KINTOでは任意保険料まで月々の支払い額に含まれる。

 任意保険料を含むか否かで、定額制の損得勘定は大きく変わる。KINTOの場合、対人/対物賠償は無制限、人身傷害補償は5000万円で、車両保険にも加入している。

 さらに運転者の年齢条件、家族限定といった範囲も定めていない。従って契約者が未成年の友人にKINTOの車両を貸して、交通事故の加害者になった時でも、任意保険を使える。

 年齢条件などを付帯しない任意保険は、保険会社のリスク負担も大きいために任意保険料が高い。車両価格の安いコンパクトカーでも、車両保険まで含めると、1年間の保険料が20万円近くに達する場合もある。

 また任意保険を頻繁に使って等級が下がっているドライバーは、任意保険料が割増しされる。この場合もKINTOであれば出費を抑えられる。KINTOに付帯される任意保険料は、ユーザーの等級による影響を受けないからだ。

 KINTOの車両で事故を発生させて保険を使っても、翌年の支払い額が増えることもない。保険料の割増しを気にして、任意保険の使用を控える必要はないわけだ。

 ただし、注意点として逆のこともいえる。KINTOを何年間も無事故で使っても、自分の無事故の実績にならない。KINTOを使わずに自分でクルマを買う時は、最初の6等級から始めねばならない。

次ページは : ■KINTOと残価設定ローンの差額はいくらなのか

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ