若い世代に猛アピール!! 自動車界にもサブスクの波が到来!

あれもサブスク、これもサブスク……自動車界にもサブスクの波が到来!

 ここ数年大いに流行っているのがサブスクリプション。いわゆる定額制サービスのことだが、毎月一定の金額を払うことで、様々なサービスが利用できるというものだ。

 このサブスクが、自動車業界でも大いに流行している。カー用品や消耗品が一定の金額を払うだけで使えたり、自動車本体まで購入することなくサブスクで利用できるようなサービスが増えている。

 今回はそんな自動車界のサブスクをご紹介しよう!

文/藤田竜太
写真/Toyota、Honda、ナイル

【画像ギャラリー】噛まずに言えるようになる前に使い始めました……流行のサブスクリプションが自動車業界にも増加中!!(11枚)画像ギャラリー

■クルマ業界のサブスクあれこれ

 定額料金を支払うことで、商品を「所有」するのではなく、製品やサービスを一定期間利用することができる、サブスクリプション(subscription)、いわゆるサブスクが流行っている。

 音楽や動画、洋服やファッション、家具等までさまざまなサービスが広がっているが、クルマ関連のサブスクもけっこう増えてきた。そこで、クルマ系のサブスクを改めてピックアップしておこう。

●クルマ本体のサブスク

車両本体のサブスクというとトヨタの『KINTO』が有名だ。昔からあるカーリースとの違いは、サブスクの場合自動車保険(任意保険)が月額料金に含まれているというところだろう

 車両本体の定額制サブスクリプションサービスには、メーカー系と非メーカー系の2パターンがあるが、定額のレンタルだとすると、昔からあるカーリースとあまり違いがないような気が……。

 たしかにその通り。頭金ゼロ。諸費用込みという点では、サブスクもカーリースも変わらないが、サブスクの場合、自動車保険(任意保険)が月々の料金に含まれているのが一般的。

 しかも年齢・運転キャリアが料金に反映されないという特徴がある。(事故を起こしたときの修理代も、免責分の自己負担だけでOKという場合も!)

 またサブスクだと契約終了時に残価精算の請求がない契約が基本。一方、カーリースは残価精算が請求される可能性がある。

 費用の面では、サブスクだと車両代、税金、保険、車検、維持メンテナンス代など手厚いサービスが盛り込まれている分、カーリースに比べるとやや高く、カーリースは最小限の維持・管理費がセットなので、基本料金は安く、あとはオプションで追加というカタチが多い。

・サブスクサービスを行なっているメーカー

先行する『KINTO』が有名だが、他メーカー各社も力を入れ始めている

 メーカー系のサブスクでは、トヨタの「KINTO」が有名。頭金0円、自動車保険もコミコミ(事故時も自己負担はMAX5万円)。利用期間は3年、5年、7年のいずれか。一ヶ月の走行距離は1500kmまで。

 日産だと「日産クリックモビ」。「日産クリックモビ」は任意保険が料金に含まれていないのが特徴。契約はネットで完結。利用期間は3年5年7年から選ぶ。月間走行距離も1,000Kmと1,500Kmの2パターン。

 ホンダには、月単位で利用できる「ホンダマンスリーオーナー」というサービスがある。契約は最短1ヶ月から最長11ヶ月。また一般的なサブスクとして「Honda ON」というサービスも別にある。

 その他、メーカー保証2年間延長付きの「三菱ウルトラマイカープラン」や、スズキの「かえるプラン」、スバルの「スバスク」、輸入車ではボルボの「SMAVO」にも注目。

・メーカー系以外

非メーカー系の『定額カルモくん』。メーカー系よりもリーズナブルなサービスが多いが。制約も多い場合があるので注意が必要だ

 ナイルの「定額カルモくん」。こちらは月々1万円台から新車に乗れて、最長11年の契約も可。

 「MOTAカーリース」は日本最安値に挑戦中で、他リースサービスより高い場合は商談時に値切り交渉も!? また走行距離の制限がなく、オプション加入で契約終了時、そのままそのクルマを所有することも可。

 あとはコスモ石油の「コスモMyカーリース、中古車売買サービスのガリバーの「NOREL(ノレル)」も有名。「ノエル」だと新車プランの他に、中古車プランもある。

 いずれのサブスクも、初期費用が抑えられ、ランニングコストが定額で済み、短期間で新車に乗り換えられるなどのメリットがある。

 その反面、走行距離の制限があったり(一ヶ月、1500km前後)、チューニングやカスタマイズは基本的に不可(一部、オプションで可能な業者も)。もうひとつ、契約期間中、原則として解約は出来ないのもネックだ。

■自動車本体以外でもこんなにある!

●洗車のサブスク

洗車のサブスク『WashPass』。セルフ洗車機で洗い放題となるサービスだ

 洗車のサービスにもサブスクの流れが! 例えば、アプリを使用した月額定額制「セルフ洗車機洗い放題サービス「WashPass」。

 2021年12月現在全国に77箇所(増殖中)に対応店舗があり、スタンダードコースは月額2000円。ワックス洗車だけでなく、DUコートや下回り洗浄も含まれているので、月に2回以上洗車をすれば元が取れる勘定。初回限定無料お試しキャンペーンも!

 セルフ洗車機だけでなく、手洗い洗車のサブスクもはじまっている。例えば神奈川県川崎市のRACCOON(ラクーン)は、月額5,980円(税抜)で手洗い洗車の定額洗い放題サービスを実施。

 関西・四国方面限定だが「ノンブラシ洗車とカーコーティングの専門店 Java」でも洗車のサブスクが。ここは平日限定と土日祝日限定の2コースあって、平日限定だと普通車で月額1680円とリーズナブル。

●タイヤのサブスク

ブリヂストンのタイヤのサブスク『Mobox(モボックス)』。組替・脱着、パンク補償、定期点検や各種メンテナンスも含まれる手厚さ

 消耗品の塊ともいえるタイヤのサブスクもはじまっている。業界最大手のブリヂストンがはじめた、乗用車用タイヤのサブスクリプションサービス「Mobox(モボックス)」は、タイヤとメンテナンスを月額定額にて利用できる。

 これは、REGNO, Playz, ECOPIA、スタッドレスタイヤのBLIZZAKなどを、2年契約で月々1480円~装着でき、組替・脱着に加え、パンク補償、定期的な安全点検や各種メンテナンスも含まれるというもの(スタッドレスタイヤは3年契約)。

 タイヤローテーションなどのサービスを省いた、ライトプランだと月額957円~となっている。

●ドラレコのサブスク

パイオニアのドラレコのサブスク『ドライブレコーダー+(プラス)』。通信式で緊急通報機能付き。ボタンひとつでコールセンターにつながる

 最後はドラレコのサブスク。パイオニアが2020年11月からはじめた「ドライブレコーダー+(プラス)」は、緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーのサブスク サービス。

 通信ドライブレコーダーなので、SDカードなのは不要で、「緊急通報機能」付きなので、ボタンを押せばコールセンターにつながり、オペレーターが状況を確認、状況に応じて迅速かつ的確に救援サービスへ接続し対処してくれる。月額1,980円~。

 もうひとつ、ドコモ ドライバーズサポートもおすすめ。通信型のドラレコとスマートフォンをつなげることで、最大24時間の駐車監視が可能。

 駐車時の衝撃を検知するとスマホに通知する。また、事故の衝撃を検知すると家族のスマホに事故通知をし、映像と位置情報をリアルタイムに確認できる。

 さらに、煽り運転被害や運転中の急な体調不良の時は緊急通知ボタンで家族に緊急通知でき、ボタン一押しで助けを求めるのも特徴。走行付近の「オービス地点」「事故多発地点」のお知らせも重宝するかも!?(月額770円)

*   *   *

 これから他にもサブスクのサービスが広まっていくと思われるが、ブラック企業のように、正社員を月々定額で使い放題、といった人間のサブスクだけは勘弁して欲しい……。

【画像ギャラリー】噛まずに言えるようになる前に使い始めました……流行のサブスクリプションが自動車業界にも増加中!!(11枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ