ヴェゼル カローラクロス CX-5 アウトランダー… 最激戦区で何を選ぶ!? 最強コスパSUV5選

幅広い車種の中から選ぶ!! 最強コスパSUV5選

 何事もコスパを考慮すると得するし人生楽しくなる。やっぱりコスパ大事。そしてそれはクルマを買う時も同じ。

「私は絶対あのクルマ!」とモデルを決めて購入するのももちろんアリだが、その前に「コスパのいいモデル」を念頭に入れてのクルマ選びもいいものです。

 というワケでコスパの分析ならこの人、「コスパの鬼」の自動車評論家 渡辺陽一郎氏が、「物凄くコスパのいいクルマ&グレード」を選出、そのクルマの魅力と「コスパがいいワケ」を説く。必ずや役立ちます!!

※本稿は2022年2月のものです。記事中の各値引き目標額はひと声値引きで流通ジャーナリスト 遠藤徹氏調べ。地域や店舗、時期などによって変動しますので、あくまで目安としてください。
クルマ選出&文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月10日号

【画像ギャラリー】ありすぎて迷う!! だからこそ決め手はコスパでしょ!!! コスパ最高のSUV5選をチェック!(10枚)画像ギャラリー

■コスパの面からSUVを選ぶ 「最強」はホンダ ヴェゼル!

リアウィンドウを傾斜させたフォルムをもつホンダ ヴェゼル

 SUVの最強コスパカーとして注目される車種はヴェゼルだ。ボディはコンパクトだが、後席の広さはCR-V並みで、機能的にもコスパが優れている。

 ヴェゼルはノーマルエンジンも用意するが、装備のシンプルなGのみだから満足度はいま一歩だ。

 そこでパワーユニットは、ハイブリッドのe:HEVを選ぶ。エンジンは主に発電機を作動させ、駆動はモーターが受け持つから、加速が滑らかでアクセル操作に対する反応も機敏だ。

 そして、グレードは中級のe:HEV Zを選びたい。ベーシックなe:HEV Xに、後方の並走車両を知らせるブラインドスポットインフォメーション、リアゲートの電動開閉機能、上級シート表皮など29万円相当の装備を加えて、価格の上乗せは約24万円に抑えた。

 ちなみに最上級のe:HEV PLaYは割高だ。価格はe:HEV Zに比べて約40万円高く、しかもLEDアクティブコーナリングライトなどは省かれてしまう。そうなるとe:HEV Zとの実質的な価格差は、省かれた装備も含めると51万円に達する。

 という状況もあり、ヴェゼルではe:HEV Zが販売総数の76%を占める。

■ヴェゼルとも競合してカローラクロスも割安

 カローラクロスも人気のSUVで、ライバル車のヴェゼルを意識して価格は割安だ。ノーマルエンジンも選べるが、買い得なのはハイブリッド。ノーマルエンジンに比べると、燃料代は約半額だ。

 しかもハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べて35万円の上乗せに抑えられ、購入時に納める税額の違いも含めると差額は25万円に縮まる。

 レギュラーガソリン価格が160円/Lなら、約5万kmを走ると、価格差を燃料代の節約で取り戻せる。

 特にハイブリッドSは、LEDヘッドランプやアルミホイールを標準装着して価格は275万円だから、買い得度が高い。

カローラクロスはオフロードも似合う力強いスタイル
カローラクロスはオフロードも似合う力強いスタイル

■CX-5やクロスビーも価格が抑えられている

 立派な外観と広い室内を備えながら、価格を割安に抑えて注目されるのがCX-5だ。2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載するXDプロアクティブは、2Lガソリンの20Sプロアクティブに比べると、最高出力は1.3倍、最大トルクは2.3倍に増強されて、燃料代は30%節約できる。

 価格はディーゼルが約32万円高いが、税額はガソリンに比べて約12万円安いから、実質差額は20万円に縮まる。このようにCX-5のディーゼルは動力性能が高く、燃料代は安く、価格も割安だ。

 XDプロアクティブは装備も充実しており、渋滞時の運転を支援するクルージング&トラフィックサポート&ワイヤレス充電は、セットオプションながら価格は3万3000円と格安だ。センターディスプレイも、2万2000円でサイズを拡大できる。

 マツダ車はオプション価格が安い。

 価格をさらに安く抑えた実用指向のSUVとしては、コンパクトなクロスビーが挙げられる。

 特に買い得なグレードは、最上級のハイブリッドMZだ。中級のハイブリッドMVに比べて、約11万円の価格アップで、LEDヘッドランプやプレミアムUV&IRカットガラスなどが加わる。

次ページは : ■アウトランダーは「P」グレードが割安!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ