ギラギラ顔vsプレーン顔! 顔つきで選ぶボックスタイプミニバンのねらい方

ギラギラ顔vsプレーン顔! 顔つきで選ぶボックスタイプミニバンのねらい方

 オラオラ顔。「威圧感にあふれ周囲を威嚇するようなデザイン」のクルマがそう呼ばれ、メッキ部品を多用することから最近は「ギラギラ顔」と呼ばれるようにもなってきた。

 いわゆる「マイルドヤンキー層」と呼ばれる購買層に向けて繰り出されるこのデザイン群は、日本含めた世界中で一定の支持を得ている。とはいえ、クルマ好きに比較的多いといわれる保守層からは、周囲の景観に与える影響などからあまり好意的には受け止められていないのも現状だ。

 ということでギラギラ顔とプレーン顔、これからはどっちが優勢になるのだろうか。そこの辺りを予想してみた。

文/伊達軍曹
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】威圧か? 融和か? 自動車デザインの明日はどっち!(9枚)画像ギャラリー

■それは「海の向こう」から始まったグローバルな戦い

 今、ミニバン界では「ギラギラ顔」対「プレーン顔」の静かなる戦いが繰り広げられている。

 いや正確には、圧倒的な戦力を誇るギラギラ顔の超党派軍団に、プレーン顔のホンダが孤軍奮闘、「それでいいのか?」とばかりに思想闘争を挑んでいる――という図式だろうか。

 海の向こうのアウディで生まれた「フロントグリルはデカいほうがいい」という思想の波は、2015年に日本へも到達し、現行型トヨタアルファード前期型の「総銀歯グリル」という形で炸裂した。

「総銀歯グリル」こと2015年式アルファードGFパッケージだ。エンブレム周辺からのメッキ配置など、威圧感と端正さの間でバランスに苦労した跡が窺える

 そしてその後はアルファード以外のグリルも総じて大型化ないしはギラギラ化され、直近では5ナンバー級ミニバンであるトヨタ ヴォクシーのグリルも超獣化。さらには、シンプルなデザインであることが大義だった兄弟車ノアも――超獣化まではいっていないものの――ギラギラ軍団の一員と化した。

 このようにしてミニバンの世界では「ギラギラ顔こそが正義」という風潮が定着しており、今年秋に登場する次期型日産セレナも、そこまで極端ではないが、基本的にはギラッとしたニュアンスの顔つきとなると予想されている。

■流行りに疑問を投げかけ続けるホンダ

 だが、そんなムーブメントに「我々はNoと言いたい!」とばかりに殴り込みをかけたのがホンダだ。

 ご承知のとおり、ホンダは「ギラギラ系、オラオラ系のフロントマスクにあらずんばミニバンにあらず!」とすら言えそうな現在のマーケットに、プレーンすぎるほどプレーンなフロントマスクを採用した新型ステップワゴンを投入。

新型ステップワゴン。威圧感を廃しつつ安心感を感じるデザインとなるよう、クルマの「厚み」を表現しているという。確かに落ち着く外観だ

 それだけでも驚きだが、ホンダはさらに、ステップワゴンのイケイケ版である「ステップワゴンSPADA」のほうにも比較的プレーンな、近年の勝ちパターンから考えると面積的に小さすぎるフロントグリルを採用してきたのだ。

■リセール価格を考えたらやっぱりアルファード!

 トヨタを中心とする「ギラギラ系超党派軍団」と、ホンダ ステップワゴンを中心とする「プレーン顔軍」のどちらが今後、勝利を収めるのか? そして我々ユーザーは、今後登場してくる新型ミニバンを買うのであれば「どちらの方向性」を選択するのが正解なのだろうか?

 まずは2番目の議案である「ギラギラ顔とプレーン顔の、どちらを選択するのが正解なのか?」という問題だが、これについては、個人レベルで考えるなら正解も不正解もない。「とにかく好きなほうを買えばいい」という話でしかないのだ。

 ギラギラ顔の、あのオラオラ感がどうしても好きになれないならば、プレーン顔のステップワゴンを買えばいい。また顔の好き嫌いはさておき、「リセール価格の高低」がどうしても気になってしかたないのであれば、おそらくは抜群のリセール相場となるだろう新型ヴォクシーや、次期型アルファードを買えばいいだけの話だ。

 それらを買った結果、基本的にはプレーンな顔つきを好み、ギラギラ顔を軽蔑する守旧派カーマニアからは、いろいろ言われることになるだろう。

 だが、そんなものは無視すればいいだけのこと。「自分が好きなモノを買う」、「好きではないが、家族を経済的に守るため、高く売れそうなモノを買う」というのは絶対的な正義。私もギラギラ顔を個人的にはまったく好まないが、それを選ぶ人の正義を邪魔するつもりはない。

次ページは : ■向こう5年くらいはギラギラ顔優勢?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ