まさかの10分で充電完了!?? アウディの超高性能急速充電はEVのゲームチェンジャーとなるのか??

まさかの10分で充電完了!?? アウディの急速充電はEVのゲームチェンジャーとなるのか??

 2022年3月18日、アウディが、新型EVのA6 Avant e-tron conceptを発表。市販を前提としたモデルで、急速充電ステーションでわずか10分間充電することで約300kmも走行できるという。

 そこで、本稿では、アウディ本拠地のドイツ国内事情、超高性能急速充電の開発経緯などを解説しつつ、将来のEVゲームチェンジャーとなるのか、そして日本で導入することは可能なのかについて考察していく。

文/御堀直嗣、写真/Audi

【画像ギャラリー】リアデザインが美しい!! アウディの電気自動車e-tron初のアバントコンセプトモデル(14枚)画像ギャラリー

アウディA6 Avant e-tron concept発表!! ドイツ交通事情と関係あり?

アウディの電気自動車e-tron初のアバントコンセプトモデル「アウディ A6 Avant e-tron concept」

 ドイツのアウディは、数年後の発売を目指すA6のステーションワゴン型電気自動車(EV)e-tronのコンセプトカーを発表した。ビジネスクラスに属するEVであるとし、それに見合った造形や性能であることを強調している。

 ドイツには、カンパニーカーと呼ばれる福利厚生があり、これは役職の地位に見合ったクルマを通勤など含め仕事での移動用に企業が提供する制度だ。アウディならA6、メルセデス・ベンツはEクラス、BMWは5シリーズといった車種が、上級職の人たちのカンパニーカーとしての選択肢となる。それらの枠組みのなかから、好みの車種を選べる。この制度も、年俸の一つに含まれる。

 同時に、ドイツでは年間3万km走行することが日常的であり、一充電走行距離の長さが必要になる。A6アバントe-tronが世界的に高い人気を保持するSUV(スポーツ多目的車)ではなくステーションワゴンである意味が、そこにある。アウディによれば、SUVに比べステーションワゴンの方が空気抵抗は小さく、その分、一充電走行距離を延ばすことができるという。速度無制限区間で時速200kmを超える移動が現実のドイツならではの商品性だ。

 加えて、270kW(キロ・ワット)による急速充電に対応し、10分の充電で300kmの走行を可能にするとのことだ。A6アバントe-tronの一充電走行距離はWLTPで最大700kmとされており、1回充電すれば1000kmになる。ディーゼルターボエンジン車で約1000km走れる移動が染みついたドイツ人にとって、朗報といえる。1000km移動する間に、一度くらいはトイレ休憩もするだろう。その間の10分で合計1000km走れる性能が手に入れば、不満はないのではないか。

超高性能急速充電の開発経緯とは

 こうした超高性能急速充電への対応は、すでにポルシェがタイカンで技術的開発を進めてきた。発進・加速性能という、スポーツカーとしてこれまで醍醐味の一つだった強烈な瞬発力は、EVになるとスポーツカーでなくても発揮できるし、体感することができる。

 たとえば米国テスラのモデルSは、ポルシェと変わらぬ加速性能を備える。アクセルペダルを床一杯まで深く踏み込めば、たちまち時速100kmに到達する凄さだ。そこでポルシェは、そうした加速性能を、何度も繰り返せるのがEVスポーツカーたるゆえんだとして、サーキット走行でもバッテリーが加熱せず、スポーツカーならではの加減速を何度も繰り返せるように開発している。そのような運転をすれば、いくらバッテリー容量が大きくても電力消費は早まる。そこで、急速充電の超高性能化が求められるのだ。

 アウディは、ポルシェと同じフォルクスワーゲングループ内の一社として充電技術を共有できる面があり、EVの車両技術でもアウディe-tron GTは、タイカンと共通の技術を基にしている。

 タイカンは、急速充電性能で350kWへの対応ができる開発をしてきたが、当面は欧州でも270kW仕様での導入となったようだ。ちなみに日本市場へは、日本の充電規格であるCHAdeMOへの適合を視野に、150kW仕様としている。

 充電規格について、欧州はCHAdeMOと併用するかたちでCCS(コンバインド方式)の充電整備を行っており、CCSに則した社会資本拡充の一環として、VWグループはIONITY(アイオニティ)を組織し、大容量での急速充電の普及に力を入れている。

 したがって、VWグループに属する自動車メーカーおよび、アイオニティに名を連ねる自動車メーカーは、超急速充電の利用を視野に、上級やスポーティなEV開発をしているはずだ。

次ページは : いっぽう、日本でのEVの急速充電は可能なのか?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ