テスラ肝いりのスーパーチャージャーはなぜ高い評価を受けるのか!??


 電動車が続々登場する現在だが、やはり課題となっているのは急速充電器だと考えられる。

 そんな急速充電器を独自に開発して、数は多いとは言えないものの設置しているのがテスラだ。最新のスーパーチャージャーは、最高250kWでの充電を可能にしている。そんなスーパーチャージャーが、国内に設置されている急速充電器に比べて、EVユーザーからの評価が高いと言われている。

 このスーパーチャージャーとはどんなものなのか? またなぜ国内の急速充電器よりも評価が高いと言われるのか? 考察していきたい。

文/御堀直嗣
写真/テスラ

【画像ギャラリー】テスラの大容量バッテリー搭載車とスーパーチャージャーを画像でチェック(29枚)画像ギャラリー

■なぜテスラのスーパーチャージャーは評価が高いのか?

 米国テスラの電気自動車(EV)は、今日なお世界最先端の商品性を備えると思う。クルマとしての斬新さや独創性、高性能さ、なおかつ使い勝手のよさはいうにおよばず、充電のしやすさや充電器の高性能さも知られるところだ。車両および充電器ともに評価が高い。

 今日につながるEV市場導入の動きは、1990年代初頭に米国カリフォルニア州を中心にはじまった。エンジン車を改造してコンバートEVを製作したあと、問題なのはいかに充電するかにあった。その課題は、永く解決されずに来た。

 日本では、2009年に三菱i-MiEVが、続いて2010年に日産リーフが発売されるに至り、充電網の整備が不可欠となり、自動車メーカーだけでなく充電に関連する電力会社を含む企業連合として、CHAdeMO(チャデモ)協議会が設立され、統一した充電規格を定め、これを世界標準とする活動が推進された。

 これに対し、テスラは独自に充電設備を開発し、自社で世界へ整備拡充する戦略をとった。それが、急速充電のスーパーチャージャーであり、家庭などでのウォールコネクターである。なかでもスーパーチャージャーは、大容量バッテリーを車載するテスラ車に短時間で充電できる高性能さが当初より評判になった。

テスラは独自に充電設備を開発し、自社で世界へ整備拡充する戦略をとった。大容量バッテリーを車載するテスラ車に短時間で充電できる高性能さが当初より評判されていた

 評価の理由は、充電能力の高さにあった。CHAdeMOが最大50kW(キロ・ワット)であったのに対し、スーパーチャージャーは120kWと2倍以上の電力を出力できる。したがって、1回の急速充電で走行できる距離も長くなり、充電しながらの移動に不安を生じさせないことにつながる。

 現在は、CHAdeMOも90kW級へ移行する作業が行われているが、テスラの120kWに比べなお75%の出力に止まる。そこに、ポルシェ タイカンが日本市場へも導入されるにあたり、日本仕様のタイカンの車両側の許容電力は150kWであるため、CHAdeMOも150kWへさらに高性能化を希望する声がある。

 こうなると、テスラの120kW超えになるのだが、テスラはモデル3用として250kWのより高性能な仕様を整備しはじめている。

■専用品という強みで、ほかの急速充電器よりも柔軟性を持ったスーパーチャージャー

 スーパーチャージャーへの高い評価は、なお進化し続けている。

 スーパーチャージャーが高い評価を得る背景にあるのは、供給電力の高さにあるのは事実だが、なぜテスラだけがそれを可能にできるのか?

 最大の理由は、EVを製造するメーカー(すなわちテスラ)自らが充電器も開発し、世界展開しているからだ。ここが、既存の自動車メーカーや、新興EVメーカーと異なる。

 承知のとおり、EVの充電はまず、車両と充電器の間で通信し、車載バッテリーの充電状況はもとより、その温度情報などをやり取りして、安全が確認されてから充電を開始する。この点は、CHAdeMOも、欧州が主流のCCS(コンバインド方式)も同様だ。

 そのうえで充電を行う際に、テスラのように自社で製造したEVであれば、どのような特性のバッテリーで、どのような冷却特性であるかなど、バッテリー情報を熟知したうえで安全を損なわない充電の仕方を決められる。

 120kWだろうが、250kWだろうが、それほどの高電圧、高電流で流しても、発熱したり、短絡(ショート)したり漏電したりしないことを承知のうえで、高出力での充電が可能になる。なおかつ、充電口の形状も、急速と普通と同じ接続形状とし、安全かつ手軽でお洒落な使い勝手にできる。

 一方、社会基盤としての充電網を使う場合は、各メーカーが製造するEVのバッテリー銘柄が異なり、冷却方式も様々で、そうした多様な仕様のEVへ高出力の充電を行うには、多面的な目配りで安全を確保する必要がある。端的にいえば、守りの充電の仕方になる。すべてを知ったうえで、攻めの充電ができるテスラとは、そこが違う。

 テスラは、英国ロータスのコンバートEVであるロードスターのあと、専用開発のモデルSを発売し、モデルX、モデル3と発展させてきた。そのあとには、日本へはまだ導入されていないが、小型SUV(スポーツ多目的車)のモデルYがある。

 モデル3は、テスラのなかでは価格帯が低い量販車種だが、EVとしては最先端であり、技術進化もしたはずだ。したがって、250kWという高出力の充電をしても安全が保たれる開発を行ったうえで、スーパーチャージャーの高性能化が成っている。モデル3の台数が増えても、充電渋滞を予防する効果が見込まれる。

次ページは : ■EV時代をリードするのは、クルマも急速充電器も作れる会社

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ