ますます進むトラックドライバーの高齢化! いったい当人はどう感じているのでしょうか?

ますます進むトラックドライバーの高齢化! いったい当人はどう感じているのでしょうか?

 ただでさえ少子高齢化が進む日本ですが、ドライバー不足のトラック業界ではさらに高齢化が進んでいます。

 厚生労働省の令和2年のデータによると、全産業の就労者の平均年齢が43.2歳なのに対して、中・小型トラックの運転手は46.4歳でプラス3.2歳、大型トラックの運転手に至っては49.4歳とプラス6.2歳もの開きがあります。

 「いつまでも若くありたい!」は、大多数の人の偽らざる願望だと思いますが、残念ながら少子高齢化の時代にあって、「年を取ったな~」の溜め息はますます世の中に横溢する寸法でございます。

 ずいぶん前から「トラックドライバーの高齢化が進んでいる」なんていわれるいっぽうで、ドライバーさん自身の感じ方はあまり伝えられて来ませんでした。これはぜひ知りたいものです。

 ネガティブなエピソードが多いかもしれませんが、「年を取って人間が丸くなった」なんて言い方がありますから、良いこともあるかも……。

文/かんちゃん・ヒロシ・尾山ママ 写真/トラックマガジン「フルロード」編集部・他
*2018年6月発売トラックマガジン「フルロード」第29号より

【画像ギャラリー】トラックドライバーの「年取ったな……」(5枚)画像ギャラリー

体力的にはジワジワと忍び寄る「寄る年波」/かんちゃん

 北海道でバルクトレーラなどの運転をしているかんちゃんと申します。

 最近、「年を取ったな~」と思ったこと……。昭和44年式の私ですから、そりゃもう!!

 まず精神的なことでいうと、運転中に事故になりそうな行為をされた場合です。若い頃は怒りが先に来て、車内で怒鳴ったり、トラックは悪くないのにトラックのハンドルをぶっ叩いたりして、とにかく怒りがおさまらない状況でした。

 しかし、最近は同じような場面に遭遇したとしても、まずは「うわぁ~、ぶつからなくて良かったぁ~」と思うようになりましたね。

 そしてその後に「いやぁ~、ビックリした!」と驚きがきて、最後にジワジワと怒りが込み上げてくるのですが、その頃には現場から遠ざかっていたり、相手が居なくなっていたりで、自然と怒りも収まります。

 きっとこれも年を取って性格や気性が丸くなってきたってことなんでしょうね(笑)。

 あとは体力的なことですね。やはり40歳を過ぎたあたりから筋力は確実に落ちています! 持久力はそんなんでもないのですが……、手積み手降ろしのような筋力を使う仕事が本当に苦手になり、逆に長時間の運転が楽になって苦痛を感じなくなってきました。

 それに北海道や東北では冬季の雪道は避けて通れないのが現状ですが、年を感じるのは歩き、歩行です。

 40歳まではどんなにツルツルなところでも、バランスを崩しても転倒することは無かったけれど、40歳を超えると1シーズンに2回ほど転ぶようになり、直近では1シーズンに3回も転び、その内1回は肋骨にヒビが……(泣)。

 おそらく若い頃は筋力もあり関節もしなやかで、バランスを崩しても簡単にリカバリーできていたんでしょうね。肋骨にヒビが入った時は、地面が凍っていたこともありますが、足が滑って身体が宙に浮き、背中の左側で着地!

 背中は痛いわ、息ができないわで悶絶してしまいました(泣)。

 その時に思いましたね! 私は諦めが悪くて、知らず知らずのうちに、まだまだ自分は若いんだと思い込んでいるんだと……。とりあえず諦めて「自分も年なんだ」と認めて行動しないから痛い目にあうと……。

 会社では、気がついたら自分より勤務年数の長い方は数人しか居なくなり、社内でもジジイの部類に入ってきていることを最近認めました(汗)。

 それでも去年からスクワットを1日に15回×5セットしていて、まだまだ諦めの悪い、かんちゃんでした(笑)。

ますます進むトラックドライバーの高齢化! いったい当人はどう感じているのでしょうか?
年々トラックドライバーの高齢化が進んでいる

次ページは : 超ポジティブシンキングで気力体力ともバリバリの現役!/ヒロシ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ