300台に1台が車検切れで走行!? 国交省の新秘密兵器で摘発せよ!


 トップ画像の「車検切れ」の文字にドキッとされた方、いませんよね? 国土交通省の調査によると、車検切れのまま日本を走っている自動車が0.27%の割合で存在しているといいます。

 車検切れ車両は自動車損害賠償責任保険(強制保険)が切れている可能性も高く、事故を起こされた場合やられ損にもなりかねません。なにより安全上の問題があります。

 国土交通省自動車局では2017年9月、そうした車検切れの車両を検出し取り締まりするべく、可搬式の「ナンバー自動読取装置」のデモンストレーションを同省内で公開しました。同省への取材も交えてお伝えします。

※本稿は2017年のものです。
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2017年11月10日号


■装置導入の経緯

 このシステムは、公道を走行している無車検車の取り締まりのために開発されたという。

 国土交通省によると、自動車検査のデータベース上 車検の有効期限が切れた自動車が約510万台存在するそうだが、平成26年度から2年をかけて全国11カ所の公道で定点調査を行った結果、調査対象台数89万2441台のうちの0.27%となる2404台が無車検であることが判明したそうだ。0.27%という数字は見た目小さく感じるが、母数が大きいため、実数としてはかなり大きくなる。

 このことを重く見た国土交通省が、警告による是正効果を高めるため、今回の装置の導入を決定したという。

 街頭での検査実施のイメージを見てみよう。

街頭検査における車検切れ車両の取締りの流れ(イメージ・国土交通省自動車局の資料より)

① 走行している車両のナンバープレートを自動で読み取り。
② 読み取ったナンバーを、PCのデータベースに自動照合。車検切れの場合、警察官へ引き込みを依頼する。
③ ②の国土交通省担当者から連絡を受けた警察官は、数十〜数百メートル先で、当該車両を検査エリアに誘導する
④ 検査エリアにおいて自動車検査証を確認し、車検切れが確認された場合、国土交通省が警告書を交付する。

■判定表示画面にはこのように映る

 車検が切れていない車両には反応せず、待機画面を表示するようになっている。なお、通常なら検知した車検切れ車両のナンバー情報(履歴)が表示されるが、今回はデモのためほとんど表示されていない。

A. 赤く強調され、車検切れ車両を検知したことを通知。
B. 検知した車検切れ車両のナンバー画像(実写)を表示。
C. 検知した車検切れ車両が走行している画像を表示。
D. 検知した車検切れ車両のナンバー情報を表示。

次ページは : ■装置の実力と今後の運用

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ