今年秋から始まる「フェーズ2」を迎え、今がラストチャンスか!? クルマ好きが内燃機関の現行国産スポーツモデルを今買うべき理由


 内燃機関を動力源とするクルマの周辺が何かと騒がしい現在。世界中でカーボンニュートラルに向けて一直線となっているが、今年9月から新たに始まる規制に俄かに注目が集まっている。それがクルマの騒音規制である「フェーズ2」だ。

 GT-RやGRヤリス、GRスープラをはじめ、今年デビューを予定している新型フェアレディZに新型シビックタイプRなどもかかわってくるとか、こないとか。これはクルマ好きとして聞き捨てならない問題。そこで、国沢光宏氏がフェーズ2、そしてその先に控えるフェーズ3について詳しく解説する!!

文/国沢光宏写真/ベストカー編集部、日産、ホンダ、マツダ

【画像ギャラリー】今年秋の騒音規制、「フェーズ2」を迎えてガソリン車のスポーツモデルを買うのなら今が最後か!?(34枚)画像ギャラリー

■ガソリン車の絶版が続々と……!?

今年、伝統のFRセダンから新たに生まれ変わるとされるクラウン。現行型15代目モデルをもってしてFRサルーンとしての歴史は幕を降ろすことに

 今年の9月1日から販売継続車にも騒音規制、「フェーズ2」が適用になるため、GT-Rをはじめフーガやクラウンなど多数のモデルで絶版を余儀なくされる。今後も規制の強化により販売できなくなる車種はたくさん出てくることだろう。

 そして、次なる厳しいハードルになるのが騒音規制、「フェーズ3」。欧州で販売される車種については「ユーロ7」という手強い規制も! 以下紹介したい。

 まず、フェーズ3だけれど、最終的な数値は決まっておらず。当然ながら厳しいフェーズ2より一段とシビアな目標レベルになること間違いなく、事実上ガソリン車じゃ無理だと言われている。2024年秋の新型車から発効され、継続販売車も2026年秋に適用される予定。おそらく現在販売されている純ガソリン車はこの時点で絶版を余儀なくされると考えていい。

 理由は簡単。アクセル全開加速時の騒音をチェックするためだ。加速しようとすればパワーが必要。エンジンに大きい負荷をかけたら、燃焼時のエネルギーが大きくなるため騒音レベルだって上がる。ということで現在販売しているGRヤリスやGR86/BRZ、GRスープラ、そして間もなく発売となる新型フェアレディZや新型シビックタイプRも2026年秋をもって終売になると思っていい。

■具体的なフェーズ3の数値については未定も……

現行R35GT-Rの積むVR38DETTエンジン。純エンジン車はユーロ7では2025年には販売禁止となるというのだが……

 なかには「フェーズ3の数値は決まっていない。もっといえば内容の検討も中止しており、施行されない可能性だってあるらしい」みたいなことを言う人もいる。確かにフェーズ3の数値についていえば未発表ながら、こういった規則を作るのは欧州です。我が国は決められたものを守るだけ。そんな欧州を見ると、とっとと純エンジン車に見切りを付けてしまっている。

 その典型がユーロ7だ。ユーロ7も具体的な数値はもちろん、施行時期まで決まっていない。ただ大雑把な内容と2025年という時期は業界で共有されており、必ず施行されると言われている。ユーロ7の内容を見ると、これまた「純エンジン車の禁止」と同意。具体的に書くと、「どんな時でも排気ガスは大気よりクリーンなこと」(二酸化炭素を除く)というもの。

 現在施行されている最も厳しい規制はユーロ6。モード燃費で走っているかぎり、排気ガスは大気レベルとなっている。しかし、モード燃費に含まれないアクセル全開時の加速や、モーターホームなどけん引して登り坂を走る時、極寒時の冷間始動といったエンジンにとって厳しい条件では人体に有害な汚い排気ガスを出してもいい。だからマフラーの内側を触るとベッタリ黒いススが付く。

次ページは : ■純エンジン車を買うのなら猶予はあと4年!?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ