150万円以下で自動ブレーキ付き!? トヨタヤリス 意外な超買い得車と人気車だから知りたい要注意点

人気コンパクトカー「ヤリス」の弱点はどこ? 購入時気をつけておきたい6つのポイント

 2021年最も売れたクルマはトヨタヤリス・シリーズだ(21万2927台)。ただし、このなかには、コンパクトハッチバック「ヤリス」、コンパクトSUV「ヤリスクロス」、スポーツモデル「GRヤリス」の3タイプ分の登録台数が含まれている。いっぽう、車種単体ではホンダN-BOX(18万8940台)が7年連続首位にたった。

 ヤリス・シリーズの内訳をみてみると、ヤリス10万1460台、ヤリスクロス10万3590台、そしてGRヤリスが残りの8000台弱となる。

 そこで今回は、このシリーズのトップバッターで登場した「ヤリス」の販売推移、そして購入時に確認しておきたい6つのポイントを解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】700万円超えのGRMNモデルも登場したヤリス・シリーズを写真で見る!(33枚)画像ギャラリー

大人気な「ヤリス・シリーズ」の販売推移をチェック!!

 2021年に日本国内で最も多く売れたクルマは、トヨタのヤリス・シリーズだ。コンパクトハッチバックのヤリス、コンパクトSUVのヤリスクロス、スポーツモデルのGRヤリスを合計すると、21万2927台が登録された。

 3タイプの内訳は、ヤリスが10万1460台、ヤリスクロスは10万3590台とされ、残りの8000台弱がGRヤリスになる。

 クルマを選ぶ立場で考えると、コンパクトカーのヤリスとSUVのヤリスクロスは別のクルマだ。そこで販売ランキングも別車種として集計すると、国内販売の1位は軽自動車のホンダN-BOX(18万8940台)になり、2位はトヨタルーミー(13万4801台)、3位は軽自動車のスズキスペーシア(12万8881台)と続く。

 このようにヤリスとヤリスクロスを分けると、販売ランキングの順位は下がるが、カテゴリー別にみれば上位に位置する。ヤリスの登録台数は、小型/普通車ではルーミーに次ぐ2位で、立体駐車場を使いやすい全高が1550mm以下の車種では、最も多く売られている。

 ヤリスクロスも2021年はSUVの1位だ。2位はライズ(8万1880台)になる。このようにヤリスとヤリスクロスの販売は好調だから、シリーズ合計では1位になった。ここではコンパクトカーのヤリスについて考えたい。

1L販売も魅力的? なぜここまで売れているのか

軽くて、小さくて、扱いやすいヤリス。ボディサイズは全長3940×全幅1695×全高1500mm、ホイールベース2550mm。車両重量はガソリン車が940~1020kg、ハイブリッド車が1050~1090kg

 まず販売が好調な背景には、複数の理由がある。全長が4m以下のボディは5ナンバーサイズに収まり、最小回転半径は4.8~5.1mだから、小回りの利きも良い。前述のとおり、立体駐車場も利用しやすい。

 ヤリスは車両重量が軽く、燃費性能も全般的に優れている。特にハイブリッドXのWLTCモード燃費は36km/Lで、実走行の燃費も30km/L前後に達する。ヤリスハイブリッドは、日本で購入可能な4輪車のなかでは、燃料代が最も安い。

 安全装備も充実させた。衝突被害軽減ブレーキは、右左折するときに直進車を検知したり、横断歩道上の歩行者にも対応している。

 パワーユニットの選択肢も豊富だ。直列3気筒1.5Lと1.5Lハイブリッドに加えて、設計は古いが、1Lも用意している。

 1Lエンジン搭載車の価格は、1.5Lに比べて14万3000円安い。1LのX・Bパッケージは、衝突被害軽減ブレーキを省いたから推奨できないが、価格自体は139万5000円に収まる。衝突被害軽減ブレーキを標準装着する1.0Xも145万5000円だ。

 販売店では「1Lエンジン車は、法人のお客様やレンタカー向けに設定されたが、実際には一般のお客様も購入されている。買い物など街中の短距離移動が中心なら、1Lエンジンでも不満はなく、価格の安さが魅力になる」という。

 以上のような理由により、ヤリスの販売は好調だが、購入時に注意すべき欠点もある。それは以下のとおりだ。

次ページは : せまい? 乗り心地は? ヤリス購入時に確認しておきたい6つのポイント

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ