ハリアーにランクルなど……新車の納期が長過ぎる!! いっこ前はどうだ!? 先代型のすゝめ


 半導体不足の影響などによる新車の納期遅延は、依然として続いている。納期の遅れを取り戻すことは、自動車メーカー、販売店にとって解決すべき課題であることは周知の事実だが、最短でも2カ月、人気車では半年とか1年以上となる場合もあるようで、「今すぐにクルマがほしい!」というユーザーの要望に応えられていない。

 こうした状況のなか注目されているのが中古車だ。特に先代型は、価格的にも性能的にも”いい感じ”のモデルが揃っている。スムーズに乗り換えたいと考えているなら、ひとつ前の型、つまり先代型に注目してみてはどうだろうか。

文/フォッケウルフ
写真/トヨタ、スズキ、スバル

【画像ギャラリー】いま注目すべき先代モデルを写真で見る!(12枚)画像ギャラリー

■「先代型」ならではのメリットを考える

 最新型はもちろん、旧型が手に入るというのは中古車の大きなメリットのひとつに挙げられる。”最新こそ最良”と考えるユーザーであれば、どんなに納期が長引こうが新車を手にすることを推奨するが、「納期遅延の改善を待てない」という人は少なくない。そんな人は、ぜひ中古車市場に目を向け、愛車候補を探してみるといいだろう。

 基本的に中古車は「在庫販売」なので、 ”納期が不透明”なんてことはありえない。登録(または届け出)がスムーズに進められる物件なら、最短で1週間や10日でもマイカーが手にできる。これも中古車のメリットであり、新車の納期遅延を尻目に市場が活性化している理由となっている。

 ただし、中古車は一度登録されてナンバーを取得したクルマがすべて該当するため、その個体数は膨大。選択肢が多すぎることが購入時に迷いが生じる要因となる。そこでターゲットを、新車よりも価格がお手頃、新車と同等レベルの性能を持つなど、メリットの多い「先代型」に定めてみたい。

 まず、先代型の魅力としてコストパフォーマンスの高さが挙げられる。現行型は、最新鋭の技術を採用することによって性能や機能の向上が図られており、それが商品力の高さに直結するとともに、日々の使用におけるオーナーの満足感を刺激する。

キープコンセプトで現行型へバトンタッチしたモデルなら、デザインや周囲の人に与えるイメージもそれほど変わらないかも?

 しかし、先代型のなかでも新車販売時から2~3年程度しか経過していないモデルをターゲットにすれば、商品力は現行型とそれほど遜色はない。特に今は、新古車とも言えるようなモデルでも値落ちが大きいため、新車発売からちょっと購入を待つだけで、お得に手に入る場合が多い。

 機能や性能が最新である現行型に限りなく近く、それが現行型よりも格段に安く手に入るというわけだ。また、クルマの品質そのものも年々向上していて、それほどヤレやヘタりなどを気にせず選べるようになってきているのも先代型を推奨する理由でもある。

■先代型の中古車を選ぶ際の理想的な条件とは?

 先代型を選ぶ条件を列記してみよう。

①新型に移行して2~3年が経過した車種
 クルマとしての鮮度が落ちていないわりに、新型が登場したことによって相場が下落傾向を強めているので買い得感がある。

②現行型に劣らない先進的な機能を持つ
 最新のハイブリッドシステムを搭載しているとか、安全運転サポート機能が備わっているかなど、先進性に注目して選びたい。

③キープコンセプトでモデルチェンジした車種
 見た目や、機能、装備などが好評を博したことから、それらが新型にも踏襲されている。見た目の劇的な変化が少ないにもかかわらず、価格が安くてお得。

 これら条件を満たしているのが理想的な選択となる。それでは、これらを前提にしておすすめの車種をクローズアップしてみよう。

数年前にモデルチェンジした車種であれば、必要十分な安全運転支援機能などを装備していることが多い

●トヨタ ハリアー

先代型ハリアーは、2013年12月から2020年6月まで販売された。現行型同様、高級感のあるスタイルで高い人気を誇った

 プレミアムSUVと呼ぶに相応しい、国産車屈指の洗練されたスタイルもさることながら、インテリアにおいても質感の表現に注力した跡が垣間見られ、旧型ではあるが見た目に古さを感じさせない。

 運転感覚や静粛性についても現行型に劣らず、上質でハイレベルな操縦安定性を持ち味としている。パワーユニットは2.5L+モーターのハイブリッドのほか、2L NA、さらに現行型では設定がないパワフルな特性を発揮する2Lターボをラインナップしている。

 2020年に現行型が登場したことで相場は下落傾向を強め、中古車価格はこなれてきた。特に狙い目はターボエンジンを追加し、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備した2017年以降の車両となる。

●スズキ ハスラー

先代型ハスラーは、2014年1月から2020年1月まで販売された。ハイトワゴンとSUVを融合させたようなスタイリングで人気に

 「遊べる軽」を謳った個性派軽自動車で、SUV風のルックスや前輪駆動モデルもラインアップされているなど、クロスオーバーモデルらしくカジュアルに乗れるのが魅力だ。

 SUV風と思われがちだが、4WD仕様には滑りやすい急な下り坂でブレーキ操作なしに一定速度(約7km/h)で降坂できるヒルディセントコントロールを軽自動車としては初採用。同じく軽初の機能として、発進時のスリップを効果的に抑制するグリップコントロールを備え、タフな走りを実現する。パワーユニットは旧世代となるが、高効率なCVTの恩恵によってアクセル操作に対する反応がよくスムーズにドライブできる。

 軽自動車なので中古車相場の値落ち率は小さいが、「スズキ セーフティ サポート」を採用した2017年以降のモデルでも買い得な価格で推移している。

次ページは : ■中古車購入の懸念は相場の高騰!?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ