【突撃新車のナマ現場】開発責任者が明言!「ステップワゴンがノア&ヴォクシーに勝つこれだけの理由」

【突撃新車のナマ現場】開発責任者が明言!「ステップワゴンがノア&ヴォクシーに勝つこれだけの理由」

 来たる5月26日、クルマ好きかつ家族持ち最大の関心事と言えば6代目ホンダステップワゴンの発売! 元祖箱型ミニバンの逆襲だろう。

 そもそもFF箱型3列シートミニバン市場を作ったのは1996年発売の初代ステップワゴン。しかし片側スライドドアにこだわるなどしているウチに、あれよと後発FF日産セレナやトヨタノアヴォクシーに追い越された。

 先代末期の2021年で見るとノア&ヴォクシー&エスクァイアが合算12万6000台、セレナが5万8000台なのに対し、ステップワゴンは3万9000台と大惨敗。

 捲土重来、今度こそ6代目はどうライバルに勝つつもりなのか? 特に最強新型ノア&ヴォクシーにどこで勝ち、どこで負けてるのか? 筆者はひと足先に開発LPLの蟻坂篤史氏とステップワゴンの実車をチェック。容赦なきライバル比較を試みた!

文/小沢コージ
写真/小沢コージ、ホンダ、トヨタ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】新型ステップワゴンとノアヴォクシーを徹底チェック!(31枚)画像ギャラリー

■新型ステップワゴンの開発責任者・蟻坂篤史を直撃「ここまで言う人珍しい!?」

筆者(左)とステップワゴンの開発責任者・本田技研工業LPLの蟻坂篤史氏(右)

 まずステップワゴンの見た目、ミニバンとしてどちらが迫力あるかだが一目瞭然。テイストは全然違う。それどころかより濃厚オラオラヤンキー顔化した新型ノア&ヴォクシーに対し、新型ステップワゴンは逆にシンプルナチュラル派を極めてきた。

 ここはメチャクチャなチャレンジだ。「ライバルを意識してるんですか?」と蟻坂さんに問い質すと「僕、まだ(ノア&ヴォクシーの)実車見てないんですよ。販売店に行きにくくて(笑)」と吐露すると同時に「正直(新型を)作るに当たってウチがいくところってそこ(オラオラ系)かな? と思ったんです。なにより私好きじゃないんです、ああいうテイストが」。

 そこで市場調査したところ「(ミニバンユーザー)の3割ぐらいはシンプル&クリーン路線を求められるお客様がいる。それだけいるのなら将来性アリ。イケるかもしれないと賭けました」。フェイス戦略はいまどきワイルド系とはあえて真逆。新型ステップワゴンが勝つか負けるかは、まずこの点にかかっている。

ステップワゴンエア。水平基調を主に据えつつ、初代の面影も感じるデザインだ
ステップワゴンスパーダ。エアに対して存在感を増すが、最近流行りの「オラオラ感」「ギラギラ感」とは決別しているようにみえる


■今後のスケジュール
・発表日:2022年5月26日/発売日:2022年5月27日
・予約受注の開始:2022年2月10日頃

■新型ステップワゴンの価格(2WDのみ)※販売店調べ
●1.5Lターボ/エア

・7人乗り:299万8600円
・8人乗り:302万600円

●1.5Lターボ/スパーダ
・7人乗り:325万7100円
・8人乗り:327万9100円

●1.5Lターボ/スパーダ・プレミアムライン
・7人乗り:346万2800円

●e:HEV(2Lハイブリッド)/エア
・7人乗り:338万2500円
・8人乗り:340万4500円

●e:HEV/スパーダ
・7人乗り:364万1000円
・8人乗り:366万3000円

●e:HEV/スパーダ・プレミアムライン
・7人乗り:384万6700円

■ステップワゴンはノア&ヴォクシーよりボディが大きかった!!

ボディサイズは、ステップワゴンが全長4800mm(エア)、4830mm(スパーダ)、全幅1750mm、全高1840~1855mm。ノアは全長4695mm、全幅1730mm、全高1895~1925mm

 一方気になるのはサイズ感。これまたノア&ヴォクシーとは方針が違っていてどちらも全幅1.7mの大台は超えたがノア&ヴォクシーが1.73mなのにステップワゴンは1.75mと微妙にデカく、全長もノアは4.7m弱と5ナンバー枠に留まってるのに対し、後者AIRが4.8m、スパーダ4.83mと大幅拡大。

 この点に関しては明らかに両刃の剣で全幅以上に全長でいうと新型のAIRが10cm、スパーダが13cmも長いのは取り回し的に問題。「ボディが長すぎやしないかはいろいろなところで言われております」と蟻坂さんも認める。

次ページは : ■内装や走りはどうだ?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ