「俺たちのホンダ」の原点がここにある 目移り必至のホンダ“殿堂入り”名車20選


 かの本田宗一郎が浜松でホンダ技術研究所を開設したのが1946年のこと。

 スタートは自転車に装着するエンジンの製造で、東京に本社を移転した後も2輪車の製造が軸、の軽トラック「T360」からという、4輪車メーカーとしては比較的歴史は浅いのだ(単純に考えて、今年100周年を迎えたマツダやスズキに比してその歴史は約半分の期間、ということになる)。

 しかし、ベストカー独自の“殿堂入り”にふさわしいクルマたちとして今回ここに挙げてもらった20台を見てもわかるように、ホンダのクルマは実に個性的で意欲的な“チャレンジャー”がたくさんある。

 まずは総合ランキングの1位〜10位を、ついで、総合ランキングの元となった、松田秀士・片岡英明・国沢光宏・岡本幸一郎4人の評論家による総評と個別ランキングとを見ていこう。総合11位〜20位については、その車名を含め画像ギャラリーを御覧いただきたい。

 どのクルマを見ても独創的で、新ジャンルを切り開いたクルマたちばかり。「俺たちのホンダ」の原点がここにある。

【画像ギャラリー】永遠の挑戦者たれ!! ホンダ殿堂入り20車をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです。4氏の選んだ10車をF1ポイント方式(1位25点、2位18点、3位15点、4位12点、5位10点、6位8点、7位6点、8位4点、9位2点、10位1点)で採点。同点、同順位車が出た場合は、編集部がそのなかでの順位を決定した。
選出・文:松田秀士、片岡英明、国沢光宏、岡本幸一郎、ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■第1位 初代シビック(1972年)

●ホンダのクルマ作りの思いが結実した名車

第1位 初代シビック(1972年)

 4輪車参入からまだ10年経っていない1972年に登場した初代シビックは、小さな車体に最大限に広い室内を実現した、いかにもホンダらしい意欲作で、ヒット車となった。2ドアのほかに4ドアもある。厳しい排ガス規制に適合させたCVCCエンジンが初代シビックの代名詞のようになっているが、非CVCCエンジンモデルも設定されていた。

■第2位 初代NSX(1990年)

第2位 初代NSX(1990年)

 10位にタイプRが殿堂入りしているが、やはり標準タイプのNSXが2位となったのは納得。1990年に登場した時のインパクトはあまりに強烈だった。

次ページは : ■第3位 S2000(1999年)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ