【3ナンバーは当たり前なのか?】クルマの全幅拡大が止まらない理由

 2019年9月17日に発売開始した新型カローラの全幅は1695ミリを超え、1966年のデビュー以来、約53年にわたって守り続けていた全幅1.7m以下の5ナンバー枠をついに超え、1745ミリになってしまった。

 3ナンバーになってしまったカローラを嘆く方もいれば、プリウスですら全幅1760ミリなのだから当然だ、と言う方もいる。

 また、現行VWゴルフ7も全幅1799ミリ(日本仕様は1800ミリ)と、代を追う毎に拡幅しており、1800ミリ越えが目前だ。ポロのいたっては現行モデルで全幅を65ミリ拡大して1750ミリとなり、3ナンバーになってしまった。。

 そこで、クルマの全幅を拡大し続けているのは何か理由があるのか?  メーカー側は全幅についてどう思っているのか? 今後どうなっていくのか? 元日産自動車開発技術者の吉川賢一氏が徹底解説する。

文/吉川賢一
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】拡大し続けるカローラの全幅を写真で振り返る


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ