一番安いアルファードは約420万円も必要!! 絶対に必要な経費とディーラーの活用法を伝授


 欲しいクルマの見積をとったら想定外の金額で、泣く泣く諦めた……なんて経験したこともあるひとも少なからずいるハズ。そう、クルマには車体以外に登録費用など必要な経費が相当数あるのだ。

 そこで今回はトヨタアルファードのベースグレード「X」を例に、総額いくら必要なのか? を徹底検証!! 加えて、予算が合わなかった際など、もしもの時に頼りになるディーラーの使い方を伝授! これかなり参考になります。

文:佐々木 亘/トヨタ・ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】アルファードはベースグレードで十分!? 魅惑の装備を写真でイッキ見(10枚)画像ギャラリー

■アルファードのベースグレードは総額約420万円必要! 車体以外の金額とは!?

 春になり、入学・就職など新生活がスタートする時期となった。自動車免許の取得も活発になるこの時期に、クルマの購入を考える人は多いのではないだろうか。

 そこで、クルマ購入の「イロハ」をお伝えしていく。購入時の価格や諸費用、様々な買い方、商品の仕様などを紹介しながら、困った時に頼りになる場所など、クルマ初心者でも購入に困らない方法を伝授する。

 私たちの身の回りにあるものの多くには、購入時の「金額」が設定されている。パソコンやスマートフォン、鉛筆からジャガイモに至るまで、売り手が設定した金額(定価)を支払えば、購入・使用することができるだろう。例えば、メーカー小売り希望価格20万円のパソコンは、消費税込みで22万円を用意すれば手に入るのだ。

 しかし、クルマは少々具合が違う。ここでは実例として、トヨタのアルファード購入時に、最低限必要なお金を考えていく。

アルファードのベースグレード「X(8人乗り)」は、車両本体価格359万7000円となる。ちなみにボディカラーはブラック、内装色はファブリックブラックとする。最低限必要なオプションを揃えると、30万1,730円だ。

アルファードのベースグレード「X(8人乗り)」。車両本体価格359万7000円

 内容としては以下の通りである。

フロアマットセット(ラグジュアリータイプ、エントランスマット無し):80,630円
・T-Connectナビキット:114,620円
・CD・DVDデッキ:43,560円
・ETC2.0ユニットボイスタイプ:35,310円
・カメラ一体型ドライブレコーダー:27,610円

 税金や手数料といった諸費用の合計は28万9,210円(5月登録の場合)となり、支払い総額は418万7,940円だ。

 パソコン等と同じ感覚でいけば、車両本体価格の3,597,000円が用意できれば購入できるものと考えてしまうが、実際には4,187,940円が必要となる。この差はなぜ生まれるのだろうか。

■車体だけではほぼスッピン!! 必要な装備と諸費用が必要だった

 クルマは買っただけでは使用することができない。国や地方自治体へ「登録」や「届出」といった手続きを経て、ナンバープレートを取得しなければならないのだ。そのために、税金を払う、車庫証明を取る、保険料を払うといった支出が発生する。

 そして、スッピン状態のクルマでも乗れないことは無いが、この状態は、皆さんが考えるクルマの状態とは少々違うだろう。オーディオやナビはスッピン状態ではついていないのだ。最低限必要の下地を整えるために、オプションの購入も必須となる。

 こうした金額が加わって、418万円という数字が算出されるのだ。クルマの購入においては普通の事だが、一般的な購入とは違う部分も多い。是非覚えておいてもらいたい。

次ページは : ■残価設定が大流行だが……クルマの買い方は大きく3種類!! 

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ