そんなお買い得車あるの!? トヨタ車よりコスパに優れたクルマ3選


 日本のクルマ界でトヨタがトップに君臨しているのは今に始まったことではない。しかし、ここ数年はトヨタにライバルが存在せず一強ぶりが際立っている。

 だが売れているクルマと、いいクルマは必ずしもイコールではない。本企画では販売面では及ばないかもしれないが、常勝トヨタの牙城を切り崩す可能性を持ったクルマたちについて考察していく。

※本稿は2022年4月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年5月10日号

【画像ギャラリー】王者トヨタよりお買い得!? トヨタよりもさらにコスパに優れた厳選3台(12枚)画像ギャラリー

■コンパクトカー SUV ミニバン!!! トヨタ車よりも“お買い得”なクルマたち

 コンパクトカーではホンダ フィットが買い得だ。

 1.3ホームの価格は、ヤリス1.5Gよりも少し安い。しかもフィットはヤリスよりも視界が優れ、内装も上質で、後席と荷室は広い。

 乗り心地もヤリスに比べて少し柔軟だ。

ホンダ フィット1.3ホーム。ヤリス1.5Gより価格を抑えながら、視界と運転のしやすさ、内装の質感、後席の居住性、荷物の積載性で上回る。画像は昨年(2021年)6月に発表された「FIT e:HEV Modulo X」

 SUVではスバル XVに注目だ。

 1.6i-Lアイサイトの価格はヤリスクロス1.5Zの4WDよりも約11万円安く、後席はXVが広くて内装も上質。

 最低地上高は200mmを確保して走破力に優れ、全高は1550mmだから立体駐車場も使いやすい。

 低重心で直進安定性も優れている。装備はXVが劣るが、総合的にはヤリスクロスよりも買い得。

スバル XV。ヤリスクロス(1.5Z)よりも価格が安く、内装は上質で後席は広い。直進安定性も優れる。装備はヤリスクロスが先進的だが、ファミリーカーの実用性と価格の割安感ではXVが優秀だ。昨年(2021年)12月には一部改良も発表された

 ミニバンでは日産 セレナが注目される。

 e-PОWERハイウェイスターVの価格は358万2700円で、ヴォクシー&ノアと同程度だが、3列目のシートは広い。

 身長170cmの大人6名が乗車して、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節した時、3列目に座る乗員の膝先空間はセレナは握りコブシ2つ半でヴォクシー&ノアは1つ半だ。

 ステップワゴンは中間の2つ分になる。広さを重視するユーザーにとって、セレナは今でも買い得だ。

日産 セレナ。写真は昨年(2021年)11月に発表された「XV エアロ」。「e-POWER」「プロパイロット」など日産車ならではの魅力も詰まっている
【画像ギャラリー】王者トヨタよりお買い得!? トヨタよりもさらにコスパに優れた厳選3台(12枚)画像ギャラリー