フィットが今年8月にマイナーチェンジ!! RSも追加して巻き返しなるか 

フィットが今年8月にマイナーチェンジ ヤリスやノートに比べ売れない現状  RSも追加して巻き返しなるか

 ホンダフィットが今夏の8月にもマイナーチェンジする情報を入手した。現行モデルの登場が2020年2月13日だから2年半ぶりの商品改良となる。

 現状、フィットはヤリスやノートに比べると、「売れていない」状態だ。稼ぎ時といえる直近の3月の新車販売台数を見ると、1位のヤリスは1万7442台、4位のノートは1万5312台に対し、フィットはこの2車種の約半分、8460台。ライバルに対して、ちょっと頼りない数字である。

 はたして、この2年半ぶりのマイナーチェンジで巻き返しが図れるのか? その中身を見ていこう。

文/遠藤徹
写真/ホンダ、トヨタ、日産、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】フィットとライバルたちを画像でチェック!(14枚)画像ギャラリー

■待望のRS、6MT仕様が帰ってくる

 フィットのマイナーチェンジの内容はBASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、LUXE(リュクス)、NESS(ネス)のフロントグリル小変更、フロントバンパーのデザイン変更。

 そしてCROSSTAR(クロスター)のルーフレール、フロント&リアアンダーガード装備、合革コンビシートなどの採用でSUVテイストを強化する。

 今回のマイナーチェンジの最大の目玉といえるのが、RSの追加で、待望の6速MTも用意される。ガソリンNA、e-HEV(ハイブリッド)の両モデルに設定のRSグレードが設定される。

 プライムムース内装、足回りの強化、タイヤサイズのインチアップ、新アルミホイールの装備などで、従来モデルに比べて一段上のスポーツ走行を実現させるのが狙い。合わせて今夏に予定されている騒音規制の強化など法規規制にも対応させるといった比較的規模の大きいラインナップ強化策となるはず。

写真は特別仕様車のFIT e:HEV HOME Maison。ここからフェイスリフトと共に、RSグレードが追加されるという。スポーティさを捨てたかのような初期型のイメージを変えることができるか

 現行フィットはライバルのトヨタヤリス、日産ノート、トヨタアクアには販売面で大きく水をあけられている。

 現行モデルの登場はヤリスが2019年12月20日、ノートが2020年11月24日、ノートオーラが2021年6月15日、アクアが2021年7月19日にフルモデルチェンジ。フィットに比べるとヤリスはほぼ同じ時期だが、あとの2車種は1年以上も新しいので、新車効果がまだ効いているぶん、優位に販売展開ができている優位性がある。

 フィットが他のライバル車に対して商品力が比較的優位に展開できているのは室内の広さ、質感などである。

 これに対してヤリスは大幅に路線変更をした、特徴のあるデザインを採用。ノートは騒音低減や走りのポテンシャルアップを実現した改良型e-POWERユニットを搭載し、引き続きワンペダル走行で差別化を図り、よりハイクオリティで同クラスモデルにしては珍しい、3ナンバーサイズを採用したノートオーラをラインナップしている。

 予防安全面ではトヨタや日産車にオプション&標準装備されているパノラミックビューモニター、ブラインドストップモニターなどが、フィットにはオプションないしは標準でも設定されていないのが不利になっている。

 ただアクアは前モデルでネックになっていた室内の広さは拡大し、多少解消したものの、前モデルに対して代わり映えのしないエクステリアデザインでまとめているので、新車効果が一段落したら、今後は苦戦に転じる可能性がある。

 現行フィットは首都圏の例だと最も売れているホームが全体の40%を占め、次いで特別仕様車のカーサが20%、上級のリュクスとSUVテイストのクロスターが15%、法人向けのベーシック10%といった販売構成比になっている。

次ページは : ■魅力でライバルたちを動揺させられるか

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ