超熟成したセレナはいまこそ買い時!! お薦めグレードと長所とちょっとだけ短所

超熟成したセレナはいまこそ買い時!! お薦めグレードと長所とちょっとだけ短所

 ホンダのミドルクラスミニバン「ステップワゴン」の新型が、いよいよ発売開始となる。ミドルクラスミニバンといえば、2022年1月に、トヨタ「ノア/ヴォクシー」の新型が登場、その過激なエクステリアと満載された最新装備で、大いに話題となった。

 今後は、2023年早々のタイミングで、日産「セレナ」にも新型が登場する見込み。しかし、まだ日産からの発表はなく、昨今のご時勢も考えると、発売時期もさることながら、発売されても納車までにかなりの時間を要することが懸念される。

 ただ、セレナは現行モデルもかなり魅力的なモデル。モデル末期となった現在も、その魅力は色あせておらず、むしろ考え方によってはお薦めしたいモデルのひとつ。現行セレナの魅力とお薦めグレード、そして次期型がどんなモデルとなるのか、筆者の予想をご紹介し、セレナの「買い時」について考えてみよう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】モデル末期ながら競争力は十分!! いまが買い時「日産セレナ」を詳しくご紹介!!(30枚)画像ギャラリー

現行モデルでも十分に競争力のあるセレナ

 自販連が発表している国内登録車販売台数ランキングでは、2018年と2019年の2年連続で、セレナが登録台数トップを獲得、その後はヴォクシーが2020年、2021年の2年連続でトップとなっている。

 現行セレナが登場したのは、2016年8月のこと。全高と全長は、同じくミドルクラスミニバンである「ノア/ヴォクシー」「ステップワゴン」の中で最も大きく、特に、エルグランド(1300mm)よりも高い室内高(1400mm)による使い勝手の良さは、セレナの大きな魅力のひとつだ。

 このセレナの人気を更に引き上げたのは、2017年のマイナーチェンジで追加された「セレナe-POWER」。1.2リットル3気筒エンジンを発電専用として利用し、最大出力136ps、最大トルク320Nmを誇るフロントモーターで、1.8トンに近い重たいボディを力強く駆動する。

 WLTCモード燃費は18.0km/L。ライバルたちと比べると若干劣るが(ノアHEV/ヴォクシーHEVは23.0km/L、現行ステップワゴンe:HEVは20.0km/L)、実燃費で13~15km/Lは走行できる印象があり、実用性は十分。また、e-POWERの発電時エンジン音も静かに抑えられており、ボディの遮音性能が高いので、ロードノイズも静かで、1クラス上位のミニバンのような快適さだ。

 2.0L直4(MR20DD型)のマイルドハイブリッドのガソリン仕様(X 257万円~)もあるが、最高出力150ps/最大トルク200Nmとエンジンが弱く、e-POWERとの差は歴然。非力に感じるためにアクセルペダルを余計に踏み込むため、ノイズもそれなりに大きく出る。燃費もWLTCモードで13.2km/L(ノア/ヴォクシーは15.0km/L、ステップワゴンVTECターボは13.6km/L)とよくはない。

 なお4WDモデルはガソリンエンジンのモデルしかない(e-POWERはFFのみ)のだが、雪の降る地域をよく走る方でなければ、e-POWERを選択する方がはるかに幸せになるだろう。トルクが強く、ストレスなく運転ができるe-POWERと、ミニバンの組み合わせはバツグンによく、これがセレナe-POWERの大きな魅力だ。

お薦めは、「e-POWERハイウェイスターV」

 お薦めグレードは、ずばり、ハイブリッドの中間グレード、セレナe-POWERハイウェイスターV(358万円)だ。最上級のe-POWERハイウェイスターG(381万円)との違いは、インパネやトリムパーツの加飾、シート生地グレードアップといったインテリアの上質感向上と、16インチタイヤ(それ以外は15インチ)装着など、見栄えを高める装備であり、機能的にはハイウェイスターVと変わらず、満足感は十分に選られるだろう。

 また今ならば、「ハイウェイスターVアーバンクロム(366万円)」といった特別仕様車もあり、漆黒フロントグリル、スモーククリア塗装の専用16インチホイール、ブラックドアミラーなど、外装をドレスアップした専用装備がてんこ盛りされている。なかなかスタイリッシュでカッコも良く、通常ハイウェイスターとは差別化されているので、満足感は一層高まる。

 1ランク上の走りの良さも求めるのならば、e-POWER AUTECH SPORTS SPEC(419万円)も、お薦めだ。17インチタイヤを華麗に履きこなす、AUTECHによる秀逸な足回りのセッティングは、惚れ惚れするほどだった。若干値段は上がるが、湘南ブルーのボディ色でドレスアップしたセレナe-POWERは、至高の一台だ。

2021年1月に追加された、より上質感を高めるアーバンクロム専用の漆黒フロントグリルやスモーククリアの16インチアルミホイール、ブラックドアミラーを採用した特別仕様車

次ページは : ノートのような質感高いインテリアが急務!!