この言葉を聞いたら即退店!! 信用できない中古車販売店を見分けるNGワード

この言葉を聞いたら即退店!! 信用できない中古車店を見分けるNGワード

 中古車購入の成功の近道は、販売店選びが大きく左右すると言ってもいいだろう。そう言っても大きな店舗が必ずしも信頼できるかとは言い切れないし、小さな規模の店でも良い販売店はたくさんある。

 そこで、今回は中古車購入歴50台以上という中古車達人の2人に、中古車販売店に行ってスタッフの発言の中で、この店で購入するのは辞めたほうが良い。と思うNGワードを教えてもらった。

※「アイキャッチ写真、画像ギャラリー、本文内を含む、掲載画像はすべてイメージです。本文内容とは関係がありません」

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】 信用できない中古車店を見分けるスタッフのNGワードに関する画像を紹介(5枚)画像ギャラリー

「今日買うなら、安くします!」は最も注意すべきワード

この言葉を聞いたら即退店!! 信用できない中古車店を見分けるNGワード
JUなどに加盟していることも販売店選びの指標となる

 クルマを購入するユーザーなら誰でも、「少しでも安く買いたい!」と思う気持ちはもつものだ。しかし、以前販売店に聞いたユーザーのNGワードでも「値引きしてください!」は取り上げた。

 中古車の達人が信用できない販売店を見極めるワードとして挙げたのが、「安くするから買ってください!」だった。

 新車は車両本体価格いわゆる定価がある。しかし中古車は同じ車種、グレード、年式、走行距離であってもコンディションが異なり「一物一価」であるため定価はない。そのため目安としてオートオークションの落札価格が目安となり、相場が形成されるのだ。

 中古車相場は重要(買いたい人)と供給(中古車の流通台数)のバランスによって変動するため、値引きするからというのは元々利益をタップリ乗せていると言っているようなものなのだ。

 しかも中古車検索サイトに掲載している価格と実際に販売店で見た価格が異なっているというのは二重価格にあたる。このようなルールを無視した販売店はまずパスしたほうが良い。

 さらに言えば、そもそもこのような、「安くするから買ってください!」という値付けもできない販売店は、中古車のコンディションの見極めがキチンと出来ているのか疑問だ。

 ユーザーの安く買いたい!という心理につけ込んだワードだが、この「安くするから買ってください!」という発言を聞いたら、すぐに帰ったほうが良い。

 続いては「ボク、あまり車に詳しくなくて。笑」本当にこんなこと言う販売店があるのかと耳を疑ったが、中古車の達人があると断言してくれた。

 これはポジティブに考えれば、クルマ購入のシロウトであるユーザーに寄り添って、購入をサポートしますよ。という気持ちで言っているのかもしれない。しかし、このワードを聞いたユーザーは不安しか感じないはずだ。

 中古車購入は販売店との信頼関係が非常に重要だと考えている。変なクルマを掴まされたくはない、良いクルマを購入したい!という気持ちが強いのであれば、黙って保証がしっかりと付いたディーラー系販売店で購入することをオススメする。

 ディーラー系販売店は高い!という人はいるかもしれないが、しっかりとメンテナンスされていて、さらに万が一のトラブルが起きた際には、保証で対応してくれるという安心感を考えれば、決して高くはない。

 しかも、自分がクルマに関して詳しくないのであれば、なおさらクルマのプロに選んでもらうほうが、購入は成功すると言えるだろう。つまり、販売店のスタッフは中古車のプロであるはずなので、そう考えれば、「ボク、あまり車に詳しく無くて笑」というセリフを聞いたら、即撤退したほうがいいだろう。

販売店の姿勢は商品やスタッフの対応に表れる

 最後のNGワードは、「絶対潰れませんから大丈夫です」。中古車に限らず、クルマは購入してからが、販売店との付き合いが始まる。しかし、これから購入するのに、「絶対潰れませんから大丈夫です」なんてセリフを言う販売店は避けた方がいいだろう。

 何でも絶対ということはないし、万が一のことがある。これまで長い付き合いのある販売店とユーザーで信頼関係が築けているのであれば、この言葉は受け流すことはできるが、初めて行った販売店でこの言葉を聞いたら、パスしたい。

 疑っているわけではないが、販売店側に何らかの意図がなければ、このようなセリフは一見のお客様には言わないはずだ。

 ここまでは販売店スタッフのNGワードを紹介したが、中古車の達人はこのようなアドバイスもしてくれている。スタッフの発する言葉も大切だが、スタッフの顔や目、手を見ることも大切だという。

 手を見るのは、自分の手を汚して販売する車両をしっかりメンテナンスして、綺麗にしているスタッフの手は、良い意味で汚れているという。

 ホンダの創業者である本田宗一郎氏が社長を引退したと、日本中のホンダの販売店や工場などに回った際に、従業員1人1人に握手をして感謝の言葉を述べたという。ある販売店でクルマの整備をしていた人が油で汚れた手を洗って握手しようとしたら「その油まみれの手が良いのだ」と言って握手したというエピソードを聞いたことがある。

 つまり中古車販売店というのは店の規模ではなく、スタッフがどれだけ扱っているクルマに手を掛けているかどうかというのが大事なのだ。そういった販売店は、扱っている商品に自信もあるはずなので、「安くするから買ってください」なんて言葉は出さないはずだ。

※「アイキャッチ写真、画像ギャラリー、本文内を含む、掲載画像はすべてイメージです。本文内容とは関係がありません」

【画像ギャラリー】 信用できない中古車店を見分けるスタッフのNGワードに関する画像を紹介(5枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ