【よく聞きます、言っちゃいます!?】 クルマ界の「常套句」


 常套句(じょうとうく)。ある場面にいつも決まって使う文句、言葉。決まり文句。決まりきった、またはありふれたやり方のこと。「常套の手法」「常套手段」などという。
 たとえば上の場面なら「急いでいたんですか〜?」、社会人なら別れ際の「今度お酒飲みに行きましょうよ」。これらですよ。常套句(決まり文句)の典型だが、お酒飲みにいったためしがない(笑)、という人も多いのでは? その常套句、クルマ業界にも数多く転がっている。「あるある〜」的なものを取りあげていこう。今回は「切り返しのひとこと」(ツッコミの言葉など)も伝授。なにかと役立つはずだ。
文・写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年3月10日号


■自動車ディーラーマン編

 クルマ業界の常套句を業種や状況別に挙げていくが、まずは「自動車ディーラーマン」。

[常套句] ここだけの話、店長と相談して値引き額を勉強させていただきました

 いきなり出ました〜。新車購入時、「もっと値引きできませんかね?」(お客)に対する、ディーラーマンの常套句。見積もりを前に値引き交渉を延々と続け、最後の最後で、切り札的にこの決まり文句を言うことが多い。

[切り返しのひとこと] 「本当にここだけの話ですか? どのお客にも言ってんじゃないの」

 とツッコミを入れよう。そうすれば値引き額が上がるかも!? (ちょっとがめつすぎますか)

[常套句] この場で契約していただけたら

 前項同様、これも新車購入時にディーラーマンが使う常套句だが、こちらはより“甘い蜜”的な決めゼリフ。だって「この場で契約していただけたら、ウン万円値引きをさせていただき、さらにナビもサービスします」などと言葉が続くことが多いから!
 クルマ業界だけでなく家電業界など売る側がよく使う文句で、即決を迫る心理作戦の一環だろう。

[切り返しのひとこと] 「家族と相談したうえで決めたいんです」

 いかにも自分には決定権がないフリを見せ、自分に有利な金額のままで後日じっくり交渉するのが得策である。家電を買う時などにも、このテは使えたりする。

[常套句] まだ新型車なので値引き額は少ないですが、今ナビのキャンペーンをやっていまして◎万円ぶんお得です

 やや長い言い回しの常套句だが、“あまり値引きはできないけどとっても売りたいのよ〜!”というディーラーマンの心の叫びがにじみ出ているような言葉だ。いろんなものをパック料金にしてお得感を出す作戦。交渉時、隣にヨメさんがいたら間違いなく引っかかる常套句である。

[切り返しのひとこと] 「カーナビ使わないから、お得に感じないんスけど」

 こちらはあくまで値引きが目的で、パックでのお得感はどうでもいい、ということを暗に伝えるためにこう切り返す。ディーラーマンに、まるめこまれてはいけない。

[常套句] ◎◎◎さんのところのクルマも悪くないですけどね……

 ディーラーでの交渉時、他社の競合車の名前をお客が言った時の常套句。決してあしざまに競合車を言うことはないが、自社のクルマのほうがいいと暗に主張する言葉。
 この微妙なニュアンス、いかにも日本人的な常套句だ。

[切り返しのひとこと] 「その競合車のお店でも同じことを言われましたよ」

 この一言、ディーラーマンにはけっこう効くはず。悔しいからサービスしてくれるかもしれない。

■自動車メーカーの人編

 お次は自動車メーカーの人が使う常套句。我々ベストカー編集部員はメーカーの人と接することが多いのだが、ギョーカイ的に“あるある!”という言葉を2つ取りあげよう。

[常套句] 来場されたお客様の反応を見て、市販化するかどうか今後、社内で検討させていただきます

 東京モーターショーなどで、メーカーが出品する話題のコンセプトカー(いかにも市販が近そうなモデル)に対して、マスコミはメーカー広報部などに決まってこう聞く。「このクルマ、市販はしないんですか?」。それに対する自動車メーカーの人の常套句がこれ。ホント、決まってこう言うんですよね。

[切り返しのひとこと] 「そう言ってお蔵入りになったコンセプトカーは山ほどあるじゃないスか!」

 編集者の心の叫びとしてこうツッコミたい。
 しかし、’13年の東京モーターショー、その時コンセプトカーだったハスラーに対してもスズキ広報部の人はこの常套句を使っていたが、その約1カ月後に発売開始。ショーの時、すでに市販化は決定で、それは“隠れ蓑的な常套句”だったのかもしれない。また今年になってからは東京オートサロンで出品されたスカイラインプレミアムスポーツ、このコンセプトカーについても日産広報部の人はこの常套句を使っていた。

[常套句] それはベストカーさんが詳しいでしょ〜

 新型車の試乗会などで、開発陣から次期モデルの情報を聞きだそうとした時、割って入る広報部の人の常套句。

[切り返しのひとこと] いやいや、メーカーさんからの情報だけが頼りですよ〜」

 スクープ情報をウリにするベストカーとて、広くネタを拾わないとスクープ記事はできないわけ。ここは低姿勢での切り返し作戦に出る。メーカーさん、今後ともヨロシクね。

次ページは : ■交通違反取締り中の警察官編

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ