【ヤバイ中古車要注意!】最新版 中古車を買う時に必ず覚えておくべき事情と理由


3月は1年のうちで、最も新車が売れる月です。それだけ新車が売れるわけですから、中古車の流通も多くなります。

そこで、初めて中古車を購入する人のために、中古車を購入する際に注意すべきポイントを徹底解説!

ヤバイ中古車をつかまされないためには、どうしたらいいのでしょうか? 中古車事情に詳しいモータージャーナリストの谷津正行氏が解説します。

文/谷津正行
写真/ベストカー編集部、Adobe Stock


■ヤバイ中古車販売店は今も多いのか?

ネットやSNSが普及した今、評判の悪い中古車店は淘汰されてきているのか?

今から20年以上前、筆者が新米の中古車記者になった当時は、そういう感じのお店も散見されました。

しかしその後は業界の自助努力と、ネットを通じたリアルな口コミが世の中にあまねく浸透した効果により、絵に描いたような悪徳中古車店はほぼ絶滅しています。

 「最近はすべての中古車店がステキで親切なお店ばかり!」などとお花畑発言をするつもりはありません。世の中も人生もいろいろですからね。ですが大半の中古車販売店は今やごく普通か、もしくは普通以上の倫理観でもって商売をしているものです。

メーカー系列の中古車販売店であればもちろん問題ないですし、大手販売店や、いかにも車好きなおじさんやお兄さんが経営してるような小規模店などであれば、過剰な心配は不要です。

■中古車店での保証はどうなのか?

ここは新車と中古車で少々異なる部分です。新車の場合は多くのメーカーが「新車から3年間または走行6万kmまでの一般保証」と、その後の「新車から5年間または10万kmまでの特別保証」を用意しています。

それに対して中古車の保証内容は千差万別で、保証期間も、新車と比べれば短い傾向があります。

もっとも多いのは「納車から3ヵ月以内かつ走行3000km以内であれば保証修理を行う」というパターンでしょうか。この場合は、保証期間内になるべくあちこちを走り回ることで「トラブルの芽を出し切る」ようにすれば、その後もおおむね問題なく維持できる可能性が高まります。

このほか「納車から1ヵ月または走行1000km以内に何かあれば保証する」というパターンのお店もありますが、1ヵ月や1000km程度だと「膿」が出きらない可能性もありますので、このパターンの場合は少々の注意が必要です。

また「あえての無保証」といえる「現状渡し」というパターンもありますが、これはどちらかといえば上級者向き。ビギナーは手を出さないのが無難でしょう。

一般店ではなく「メーカー系列の中古車販売店」で認定中古車を買うのであれば、「走行距離無制限の1年間(または2年間)無料保証」が付帯している場合が多いものです。

「一般店はちょっとビビる……」という人は、こういったメーカー系の認定中古車を選ぶようにすれば、中古車であってもかなり安心できるはずです。

次ページは : ■故障した場合、どうなるのか?

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ