コロナ禍で急増中! 実車を見ないでクルマを買うのは大丈夫なのか?


 新型コロナウイルスの影響による半導体不足や人手不足に伴う新車の納期遅れが続くなか、ほぼ即納が可能である中古車の人気が高まっている。

 しかも近頃は「実車を見ないで中古車を買う」という人の数も増えているようだ。実際、旧車専門店オーナー氏からも「最近、遠方から電話がかかってきて『内金を入れるからすぐ買いたい! 』という人が増えている」と聞いている。

 また大手自動車メーカーや大手中古車情報サイトも、ここ最近は「オンライン商談サービス」に力を入れている模様だ。

 中古車の「リモート買い」が増えている理由は何なのか? そして、もしも実車を見ないまま中古車を買おうと考えた場合には、どういった点に注意するべきか? 自身も過去に2回、実車を見ないまま中古車を購入した経験があるという、伊達軍曹氏に解説してもらった。

文/伊達軍曹
写真/ボルボ、メルセデスベンツ、スズキ、Adobe Stock(トビラ写真/Yakov@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】リモート商談のアレコレを画像でもチェック!(7枚)画像ギャラリー

■リモート買いが増えてきている

ネット通販は我々の生活にも浸透してきており、今はさまざまな商品をオンラインで購入できる時代だ。自動車についても、確実にその流れはやってきている (beeboys@Adobe Stock)

 中古車のリモート買いが増えているとは聞くものの、「実際にどのぐらい増えているのか? 」という数値については知らない。だが大手中古車情報サイトの動きなどを見ている限りでは、確かに最近は、中古車リモート購入の機運が高まっているとは感じている。

「店舗へ行かないまま中古車を買いたい」と考える人が増加した理由は、主には下記の3点に集約されるだろう。


1/中古車のコンディションの標準化が進んだ(いわゆる悪徳中古車店が激減した)
2/コロナ禍に伴って「非接触ニーズ」が高まった
3/ネット通販やサブスクの一般化により「心理的な抵抗」が薄まった

 1の「悪徳中古車店」というのは今も一部に存在しているものの、その実数は10年前、20年前と比べればはるかに減少した。

 近年はネットを通じた口コミ文化が浸透したことで、あまりにもアコギな商売をしていると自分の首を締めることになる。そのため悪徳店の多くは改心するか廃業するかなどして、結果的に業界がクリーンになったのだ。

 もちろん中古車にも中古車販売店にも、大なり小なりの「当たり外れ」は今も絶対にあるわけだが、おおむねは「どこでどう買っても、さほどの大ハズしはしない」という状況に変わったのである。

 2の「非接触ニーズの高まり」については説明不要だろう。そして人々のそういったニーズの高まりを敏感に感知した大手企業各社が「中古車のオンライン商談」なるものに力を入れ、ユーザーもそれを歓迎した。ということだ。

 3の「モノのネット購入に関する心理的抵抗の減少」も、ほぼそのまんまである。

 ベストカーWEBの記事を熱心に読み込むようなカーマニア各位は別として、世の中の一般的な人々の心理は「メルカリで現物を見ないまま中古の洋服などを買うのと同じように、写真とメールのやりとりだけで中古の車を買うことに、さほどの抵抗は感じない」という具合に変化してきたのである。

 そういうワケで、これをお読みのベストカーWEB愛読者各位が今後「リモート買い」をするかどうかはわからない。だが「もしも買う場合はこうすると良いでしょう」ということを、リモート購入の経験者および中古車ジャーナリストとして、ざっくりご説明申し上げよう。

次ページは : ■ポイント1:カーセンサーnetやグーネットの「オンライン商談」を活用する

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ