「最強」GRカローラはGRヤリス、タイプR、WRX STI、 メガーヌR.S.、ゴルフGTIを超えられるのか!?

「最強」GRカローラはGRヤリス、タイプR、WRX STI、 メガーヌR.S.、ゴルフGTIを超えられるのか!? 発売前から5台のライバルと禁断仮想対決!

 2022年4月1日に発表されたトヨタ GRカローラ。

 最高出力はGRヤリスを上回る304psを発揮する1.6Lの直3ターボエンジンを搭載。4WDシステム「GR-FOUR」を採用し、よりアグレッシブな運転にも対応している。

 まだ発表されただけで誰も試乗ができていないわけだが、強力なライバルが多いホットハッチと仮想対決をしてみた! 自動車評論家 国沢光宏はどんな評価を下すのか?

●トヨタ GRカローラ 対決ラインナップ
・VS トヨタ GRヤリス
・VS ホンダ 新型シビックタイプR
・VS スバル 2代目 インプレッサWRX STI
・VS ルノー メガーヌR.S.
・VS フォルクスワーゲン ゴルフGTI


※本稿は2022年5月のものです
文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】叶うものなら全部くれ!!! GRカローラとライバル車5台の諸元を一気見チェック!(17枚)画像ギャラリー

■ついに来た大注目ホットハッチ!! GRカローラは強力ライバルの「壁」を超えられるのか!?

 今年4月1日にトヨタが発表したGRカローラ。

 カローラスポーツをベースに、GRヤリスと同一の1.6Lの直3ターボエンジン(G16E-GTS)を搭載。しかし、専用チューニングが施されることで、そのパワーはGRヤリスを上回る304psまで向上している。

 駆動力配分とドライブモードの制御を個別にした4WDシステム「GR-FOUR」の進化型を搭載することで、よりアグレッシブな運転にも対応できるようになっている。

 まだその存在が発表された段階であり、誰も試乗していないが、同一のパワートレーンを採用するGRヤリスの走りと、発表されたスペックからその実力を推測しつつ、ライバルとの仮想対決を行った! 強力なライバルとの対決の結果やいかに!?

カローラスポーツをベースにGRヤリスと同一のエンジンを搭載したGRカローラ。納期はどうなるかわからないが、買っても純エンジン車のマニュアルは価値が下がらないはず

 GRヤリスの納期は今や1年以上らしい! 目安を出しているネッツトヨタ福井を見たら2023年8月以降になっていた! ということで早く乗りたいならGRカローラを選ぶというチョイスもありかと。

 いやGRカローラもアメリカは発表直後に受注殺到し中止したというから、納期どうなるかわからないですけど。

 ライバルになっているシビックタイプRながら、これまた生産台数少なく発表と同時に売り切れの可能性あり。世の中景気悪いと言われるなか、500万円以上のクルマが瞬殺状況というのだからスンゴイことだと思う。

 欲しいと思っているなら充分に吟味し、すぐオーダーを! 純エンジン車のマニュアルは価値下がらないと考えます。

●トヨタ GRカローラ 主要諸元
・全長×全幅×全高:4410×1850×1480mm
・ホイールベース:2640mm
・車両重量:1475kg
・エンジン:直3 DOHC+ターボ
・排気量:1618cc
・最高出力:304ps/6500rpm
・最大トルク:37.7kgm/3000~5550rpm
・トランスミッション:6速MT
・サスペンション 前/後:ストラット/ダブルウィッシュボーン
・WLTCモード燃費:-
・価格(BC予想):480万~500万円

■どっちも楽しそうな同門対決(コスパ加味)VS トヨタ GRヤリス

最高出力はGRカローラの方が高いが車重はGRヤリスの方が軽く、ロムチューンをすればGRカローラくらい引き出せるはず。よってGRヤリスの勝ち!

●トヨタ GRヤリス 主要諸元
・ボディサイズ:全長3995×全幅1805×全高1455mm
・車重:1280kg
・エンジン:直3DOHC+ターボ 1618cc
・最高出力/最大トルク:272ps/37.7kgm(RZ)
・価格:265万〜456万円

 絶対的な動力性能としてはGRヤリス優位。

 最高出力でGRカローラが上ながら、車両重量違うしGRヤリスだってロムチューンすれば同じくらいのパワーを引き出せることだろう。

 迷ったら純粋にドアの数で決めるというのも手。4枚ドア持つGRカローラならファミリーカーとして使うことだって可能。

 マニュアル免許持っている奥さんだったら「10年乗っても値落ちしないからさぁ」と熱心に説得すれば何とかなると思う。未発表の価格は大差ないと予想。GRヤリスのボディ、お金かかってます。

【勝敗】GRヤリスの勝ち!

次ページは : ■排気量差はあれど、下克上を狙うターボ車対決!! VS ホンダ 新型シビックタイプR

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ