マツダ3 ノートオーラ… 国産300万円以下でしみじみ満足できるクルマ4選

マツダ3 ノートオーラ… 国産300万円以下でしみじみ満足できるクルマ4選

 安全性能や運転支援など、以前と比べてクルマに求められる機能が格段に増えた昨今、新型車の価格は高騰し続けている。コンパクトカーでも300万円、ミドルクラスSUVともなれば400万円は当たり前になってきており、新車購入のハードルとなっている方も多いだろう。

 しかし、そんななかでも、価格のわりに満足度の高い、「コスパのいいモデル」はいくつかある。300万円以下でも十分に満足できるクルマとそのグレードを4つ、ご紹介しよう。

 ※あまりに安くてあまりに高性能で、この手の企画では必ずといっていいほど真っ先に登場するスズキスイフトスポーツ(6AT、2,088,900円)は「殿堂入り」ということで本企画からは外させていただきました。なんかスイスポを入れてこの手の企画を考えると、いろいろ基準がバグります。安すぎ。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUBARU、MAZDA

【画像ギャラリー】コスパ最強!! 300万円以下で本当に満足できるクルマたち(62枚)画像ギャラリー

マツダ「MAZDA3 XD Proactive Touring Selection」税込291万円

 2019年に「アクセラ」の後継モデルとして登場した「マツダ3」。「美しく走る」というコンセプトのもと、「引き算のデザイン」が取り入れられたボディスタイルが特徴的なモデルだ。ファストバック(ハッチバック)とセダンの2種類のボディサイズがあるが、販売の中心となっているファストバックのリアCピラー周りは、登場から3年が経った今でも、斬新でカッコ良い。

 マツダ3のエントリーモデルは、1.5Lガソリンエンジンの「15S」。税込222万円からと、手が届きやすい価格だが、筆者がお勧めしたいのは、1.8Lディーゼルエンジンの方。1.8Lディーゼルの静粛性の高さは、VWゴルフGDIよりも優れていると感じる。燃費もWLTCモードで21.5km/h(16インチ)と十分だ。

 エントリーモデルよりも70万円高くはなるが、「XD Proactive Touring Selection(291万円)」であれば、クルージング&トラフィック・サポート(アダプティブクルーズコントロール)やアダプティブLEDヘッドライトヘッドアップディスプレイなど、安全装備と快適装備が充実している。快適な長距離移動を望むみならば、マツダ3のディーゼルモデルは選択肢から外さない方がいいだろう。

スバル「インプレッサスポーツ 2.0e-L EyeSight」税込256万円

 この数年乗ったAWD車の中で、ダントツに印象的だったのが、このインプレッサスポーツだ。デビューした年の2016-2017のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。デザインは地味で、エンジン性能も大したことはないのだが、いざ乗ってみるとよさがすぐにわかる。

 運転席から左右を見渡したときの視界の良さや、左後方に振り返ったときの視野の広さなどは抜群。ダッシュボードやウィンドウガラスの下端のラインが低いため、安心して運転ができる。また、人が座る位置を車両中央寄りに配置しているため、ドライバー席とドアとの距離が広くとれており、車室内が広く感じられる。

 特筆すべきはAWDの安定感だ。ハンドリングは非常に軽快で、素早い操舵入力にもしっかりと車両が反応し、狙ったラインを少ない操舵角でビシッとトレースできる。旋回中の切り増しや、不安定になりやすい旋回ブレーキングであっても、挙動は乱れず常に安定している。もちろんAWDの恩恵が大だが、タイヤやサスペンション、そして車体まで含めたシャシーのポテンシャルがずば抜けて高いことも貢献しているだろう。

 AWD車のベース価格は税込256万円、ここにビルトインタイプのナビゲーション(税込約27万円)も選択すれば、283万円程だ。LEDヘッドライトや前席シートヒーター、パワーシートのセットパッケージ(約20万円)を足してもよいだろう。もちろんアイサイトは標準装備だ。

 スバルの走りの良さを味わいたいならば、このクルマがおススメ。装備内容を考慮すると、300万円以内に収まるのは驚異だ。

見た目は地味だが、300万円以下でこの走りと装備を得られるのは、驚異的
見た目は地味だが、300万円以下でこの走りと装備を得られるのは、驚異的

次ページは : 日産「ノートオーラ G」税込261万円

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!