「優等生」でもボロは出る!!? 人気エリートコンパクトカーの「ココはスゴイ!」でも「ココは惜しい!」 5選

「優等生」でもボロは出る!!? 人気エリートコンパクトカーの「ココはスゴイ!」でも「ココは惜しい!」 5選

 人気のあるクルマには人気があるだけイイ理由がある。だが、かといって惜しいところも存在する。重箱の隅をつつくような、メーカーさんにとってはなんとの居心地の悪い企画かもしれないが、いま大人気のコンパクトカーを集め、その「ココはスゴイ!」というところ、でも「ココが惜しい…」というところをあぶり出していく。

●ラインナップ
・日産 ノートオーラ
・トヨタ ルーミー
・トヨタ ヤリス
・トヨタ アクア
・ホンダ フィット


※本稿は2022年5月のものです
文/松田秀士、山本シンヤ、写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】いずれ劣らぬ人気&話題のコンパクトカー5台をギャラリーでチェック!(20枚)画像ギャラリー

■「小さな高級車」を体現 日産 ノートオーラ

日産 ノートオーラ。標準車でもコンパクトカーとは思えない上質感があり、オーラはさらに「いい物感」がある。シットリとした足の動きはいいが、乗り心地がやや×か……

 ノートベースのプレミアムコンパクトで、全幅は1735mmまで拡幅。フロントマスクもアリアテイストで高級感を好演出。

 〇の部分は「小さな高級車」を“見せかけ”だけでなく“本質的”な部分まで実現しているところ。

 エクステリアは専用ワイドボディとアリアと共通性を高めるデザイン、インテリアもクラスレスで先進性とプレステージ性を両立。

 パワートレーンはノートに対して最大出力/最大トルクともにアップ。「凄く速くなった」、「力強い」ではなく、「全域で余裕が出た」印象だ。

 フットワークはシットリした足の動きと本来スカイラインクラスでしか採用されない3層構造シートの採用も相まって、動的質感はコンパクトハッチを超えるレベル。静粛性も日産の上級モデル顔負けの仕上がりだ。

 ×の部分はインテリア。全体的な質感は高いがゆえに、前時代的なデザインの空調コントロールとインパネ下側のハードプラスチック部の質感の低さが目立ってしまっているのが残念。

 また、17インチ化されたタイヤ&ホイールはカッコよさがあるものの、乗り心地の面で若干コツコツ感じるシーンも。と言っても、どれも「強いて言えば」という重箱の隅を突くレベルの話だ。

(TEXT/山本シンヤ)

●日産ノートオーラ主要諸元
・ボディサイズ:全長4045×全幅1735×全高1525mm
・車重:1260kg
・最小回転半径:5.2m
・エンジン:1.3L、直4(82ps/10.5kgm)+モーター(136ps/30.6kgm)
・燃費:27.2km/L
・価格:269万9400円
・人気No.1グレード:Gレザー(2WD)
・値引き:17万円

■日本人が求める最適なパッケージングを実現 トヨタ ルーミー

トヨタ ルーミー。3月販売台数は登録車No.1の約1万7000台とバカ売れ。登場から6年経過しても凄い人気。マイナーチェンジで顔がややドヤ顔風になったが、乗り心地は「ムムム!」状態

 ダイハツトールのOEMで2016年にデビューし、2020年にマイナーチェンジ。1LのNA&ターボを搭載する超絶人気のハイトワゴン。

 5ナンバーサイズ、スライドドア、ハイト系ワゴンと、日本人が求める最適なパッケージングを実現している。これが〇。

「軽自動車じゃ嫌、でも大きいクルマは苦手」というわがままを見事に解決している。

 エンジンは直列3気筒のNA/ターボの2本立てだが、ターボは実用トルクの太さと小気味よいフィーリングで活発に走る。

 最小回転半径4.5mという小回り性能の高さは軽自動車顔負けの性能で、取り回しも楽である。それながら価格は約150~200万円と軽トールワゴンと大きく変わらずと、コストパフォーマンスもすこぶる高いレベルだ。

 しかし、走りの部分が×。実用性重視なのはわかるが、それにしても割り切りがちょっと……。

 まるで宙に浮いているような芯のないステアフィール、ロールはしないのに落ち着きのないハンドリング、そしてボディ剛性のなさなど、残念ながら「もっといいクルマづくり」は感じられない。

 ダイハツからのOEM車というのを差し引いても、トヨタバッジをつける以上はもう少し何とかすべきだと思う。

(TEXT/山本シンヤ)

●トヨタ ルーミー
・ボディサイズ:全長4045×全幅1735×全高1525mm
・車重:1090kg
・最小回転半径:4.6m
・エンジン:1L、直3(69ps/9.4kgm)
・燃費:18.4km/L
・価格:191万4000円
・人気No.1グレード:カスタムG
・値引き:22万円

次ページは : ■コンパクトに徹した作りが弱点にも トヨタ ヤリス

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ