猛暑襲来でスマホが大炎上!? 積みっぱなし厳禁の危険リストを緊急チェックせよ!

猛暑襲来でスマホが大炎上!? 積みっぱなし厳禁の危険リストを緊急チェックせよ!

 年々暑さを増していく日本の夏。日常生活において屋外に駐車する機会も多いはずだ。そんな炎天下に駐車中の車内に積みっぱなしにすると、思わぬ危険やトラブルを招くものがあるのはご存じだろうか。

 今回は真夏の車内に積みっぱなしは厳禁なものを紹介していく。一歩間違えば大惨事を引き起こすものもあるので参考にしていただきたい。

文/入江 凱、写真/写真AC

【画像ギャラリー】炎天下の車内は危険地帯!! 放置厳禁アイテムをチェック(12枚)画像ギャラリー

破裂や発火の恐れあり! 特に危険性が高いもの

■スプレー缶

猛暑襲来でスマホが大炎上!? 積みっぱなし厳禁の危険リストを緊急チェックせよ!
夏場は制汗スプレーや虫よけスプレーなどさまざまなスプレー缶を使用するシーンが多くなる。うっかり車内に放置するとフロントガラスを突き破るほどの爆発をする可能性があるので取り扱いには気をつけたい

 臭いを気にして車内に消臭スプレーを常備しているドライバーもいるだろう。特に夏は制汗スプレーや冷却スプレー、キャンプなどで使うカセットボンベや虫よけスプレーといったスプレー缶を積む機会が多くなる。これらのLPガスが充填されたスプレー缶は高温になると爆発する危険性があるので絶対に車内に積みっぱなしにしてはいけない。

 また、ガラスの油膜取り用スプレーや、冬季に使用した凍結防止スプレーなどを積みっぱなしにしている場合もあるので一度確認しておこう。

 ちなみに、冷却スプレーなどを車内で使用した直後にタバコに火を点けると残留したガスに引火して爆発する可能性があるのでこちらも絶対にしないように。

■ガスライター

 スプレー缶と同様、ガスライターも高温になると破裂や発火の危険性がある。炎天下のダッシュボードにガスライターを放置したところ2~3時間で亀裂が入り、中のガスが噴出したという実験結果もある。喫煙者はもちろんのこと、キャンプやバーベキューの火起こしに使ったライターをそのまま車内に放置しないよう注意しよう。

■炭酸飲料

 開栓していないビールやコーラなどの炭酸飲料は高温になると、中に含まれる炭酸ガスの内圧が高まり容器が破裂する危険がある。特に、車内温度が50~60℃を超える場合は要注意だ。ホームページなどで直射日光の当たる車内などへの放置はしないように注意喚起しているメーカーも多い。

■中身の入ったペットボトル

 飲み残しのペットボトルが太陽光を集めるレンズの役割を果たし、発火の原因になる恐れがある。この現象は「収れん火災」と呼ばれており、気づくのが遅れれば車両火災にもなりかねない。

 意外なものだと、初心者マークなどを取り付ける透明な吸盤が収れん火災の原因になったというケースもある。他にも、メガネなど、レンズの役割を果たすようなものに直射日光が当たると発火の原因になりうるので、直射日光が当たらない場所に保管しよう。

熱による変質に要注意!

■食べ物

猛暑襲来でスマホが大炎上!? 積みっぱなし厳禁の危険リストを緊急チェックせよ!
温度が低いほど菌の繁殖は鈍くなる。仕事などで車内に食べ物を置いておかないといけない場合は保冷剤やクーラーボックスに保管を。それでも、長時間の放置は避けよう

 夏に限らず食べ物を長時間置いたままにしておくのは好ましくない。特に、温度が高いほど菌が繁殖しやすくなり、食中毒のリスクは高くなる。

 手作りのお弁当などは保存料を使用していないうえに、調理の際にすでに菌が混入してしまっている可能性が高いため、短時間でも車内に放置すると菌が大繁殖してしまう恐れがある。

 コンビニの弁当やおにぎりには保存料が入っているから安心している人も多いだろうが、油断は大敵。たしかに、手作りのものよりは危険度は低いが、高温の車内に放置しておくことは避けたほうが無難。ただし、コンビニのものでも、食べかけ、一度開封したものは雑菌が付着してしまっている可能性があるので、長時間放置した後の再食はNGだ。

■化粧品

 口紅が溶け出す温度は45~50℃前後と言われており夏の車内に放置すればすぐに溶けだしてしまう。

 口紅に限らず化粧品自体の劣化を招くほか、プラスチック製の容器が溶けて変形したり中身が漏れ出すことも考えられる。ネイルカラーや香水などに使われているガラス製の容器の場合は破裂する危険性もあるため特に注意が必要だ。

■メガネ・サングラス

 最近のメガネはフレームにもレンズにもプラスチックが使用されていることが多い。高温でフレームが変形してしまう可能性があるのはもちろん、表面にコーティングが施されているプラスチックレンズの場合、熱で膨張するプラスチックレンズに引っ張られて表面のコーティングにヒビが入ってしまうこともある。

 意外に思うかもしれないが日射しを防ぐためのサングラスでも同様のトラブルが起きる可能性があるので車内に放置してはいけない。

■レシート、領収書

 レシートや領収書の多くは熱で黒く変色する感熱紙を使用して印字している。特に熱くなりやすいダッシュボードの上などに置いておくと感熱紙が反応して黒くなってしまったり、色褪せて薄くなってしまうことがある。経費精算などに使用できなくなる可能性がある。

次ページは : ドラレコやETCの車載器は大丈夫? 電子機器は熱には弱い!

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ