次の愛車選びに役立つ究極の三択!! 新車購入三つ巴「鼎戦」対決 3選

次の愛車選びに役立つ究極の三択!! 新車購入三つ巴「鼎戦」対決 3選

 古代中国で使われていた3本足の器を「鼎(かなえ)」という。三者で会談することを「鼎談(ていだん)」といったりなど、「三者が向かい合う形」にも鼎の文字は使われるが、同じ中国の「三国志」はまさにその形、三者の三つ巴の戦いだ。

 クルマ選びにも「三つ巴の戦い」はある。新車を買う際、2台のライバルを前に「どっちがいいか?」と悩むことはよくあるが、そこにもう1台が加わるとより楽しく、より悩ましいクルマ選びになることは必定。

 国産車&輸入車織り交ぜれば、「3台で迷う」ほどモデルが充実する今、全17の三つ巴、「鼎戦(かなえせん)」をお届けする。いろんなテーマを設け、絶妙な3台を用意し、自動車評論家がジャッジ。勝つのはどれだ!?

●「鼎戦」ラインナップ
・売れ筋CセグSUV対決…ハリアーvsCX-5vs3008
・約290万円ハイブリッドSUV対決…カローラクロスvsヴェゼルvsキックス
・プラグインハイブリッドSUV対決…RAV4vsアウトランダーPHEVvsC5エアクロスSUV PHEV


※本稿は2022年5月のものです
文/松田秀士、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】次の愛車を決めるひととき……心ゆくまで悩むがいい!! クルマ選びを三択にすれば3倍悩んで3倍楽しい!!(9枚)画像ギャラリー

■鼎戦1:売れ筋CセグSUV対決……トヨタ ハリアー vs マツダ CX-5 vs プジョー 3008

トルクと燃費でリードするクリーンディーゼルターボのマツダ CX-5。弱点は質素なダッシュボード&インパネか?
トルクと燃費でリードするクリーンディーゼルターボのマツダ CX-5。弱点は質素なダッシュボード&インパネか?

 3モデルのWLTCモード燃費などのスペックが写真下にあるが、クリーンディーゼルターボのCX-5がパワー(特にトルク)も燃費も、リードしていることがわかる。さらに価格もCX-5は約384万円と、コストパフォーマンスが抜きんでている。

 そんなCX-5のマイナス点は何かというとダッシュボード&インパネ類。和風な印象で今風の大型タッチパネルディスプレイでもない。思わず南無阿弥陀仏と合掌しそうである。コレが好きな人もいるけれども(私)、コネクテッドを考えたらイマイチ垢抜けしていない。

 この点については、ハリアーも3008も素晴らしく、特に3008はワクワク感が高い。

 ハリアーはみんなが乗っている日本人特有安心感の塊だが、やはりハイブリッドでないと、どこか負い目を感じてしまう。なのでハリアーの3番手は決定的。残るは3008の脳内活性ホルモン。ドバッ! ドバッ! な刺激。昭和のディスコでめちゃイイ女を見つけた時のような興奮!

 さぁ、それなりにいいデザインでお財布に優しいCX-5か、3008か。推しはどっちにする?

 結果は、やっぱりディーゼルの気持ちよさでCX-5の勝ち。2番手は3008だね。

★結果:CX-5の勝ち……2番手/3008 3番手/ハリアー

次ページは : ■鼎戦2:約290万円ハイブリッドSUV対決……トヨタ カローラクロス vs ホンダ ヴェゼル vs 日産 キックス

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!